プラネタリアンの仕事の年収・やりがい・本音はコレ

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>プラネタリアンの仕事の年収・やりがい・本音はコレ

プラネタリアンの仕事の年収・やりがい・本音はコレ

プラネタリアンの仕事の年収・月収

プラネタリアンの仕事の収入は、
公営プラネタリウムの常勤の正規職員として採用されれば、
月収36万から39万円(年収640万から690万円)程度。

しかし現在プラネタリアンが仕事を得やすいのは非常勤職員や管理業者の契約社員の形態であり、
こちらの月収は15万から20万円前後(年収180万から240万円)であるといわれています。

スポンサードリンク

プラネタリアンは消える職業?消えない職業?

我々の社会が天文学の普及と理解に価値を見出さなくなることがない限り、
プラネタリアンは消えない職業であるといえるでしょう。

しかし財政難から正規職のプラネタリアンの採用枠は消える傾向にあります。
今も希望者が多くまだ消えない職業であると言い切れる状況ではありますが、
純粋に天文学の解説やプラネタリウムの運営にだけ携わる形態が消える可能性はあります。

プラネタリアンの将来性・安定性

最も安定性が見込めるのは公営施設の常勤のプラネタリアンです。
こちらは公務員と同じ雇用形態に属するので給与や福利厚生が十分期待できます。

ただし財政悪化で労働条件が変わる可能性もあり、
将来性には不安が残ります。

一方非常勤のプラネタリアンや民間の契約社員は次の契約の更新ができるかに大きな不安があり、
将来性・安定性にはどちらも欠けるでしょう。

プラネタリアンの仕事のやりがい・本音

プラネタリアンを志望するのは
本音から星や宇宙に興味のある方のはずです。

自分が面白いと思う物事を企画や解説に盛り込み、
来場者に同じように感じて貰えた時にやりがいを感じられます。

プラネタリアン自体が天文ファンの「夢を叶えた」仕事といえるでしょう。

しかし施設の予算や給与に不安があるのが本音で、
やりがいや熱意が無ければ続けられない面も。
[ad#ad-1]

プラネタリアンの仕事の良い点

プラネタリアンの仕事の良い点は、
天文学に興味のある方が多くの時間そこに携わっていられることでしょう。

プラネタリウムの施設は天文学のファンにとって興味深いものですし、
季節ごとの天体ショーを自身の仕事として調査、観察することもできます。

また自身が星や宇宙に抱く感動を来場者と分かち合うことができることも
プラネタリアンの良い点です。

プラネタリアンの仕事の悪い点

何度も挙げていますが、
プラネタリアンの仕事は施設の財政・経営悪化の煽りを受けやすい立場であり、
満足な給与が出ないことが多いのが大きな悪い点です。

更にもう一点、施設によるかもしれませんが、
プラネタリアンは密閉された空間で仕事をすることが多く、
日中空気の悪い場所で過ごさなければならないことも悪い点であるといえるでしょう。

プラネタリアンの仕事の内容

プラネタリアンの主な仕事の内容は、天体の動きを分かりやすい解説にまとめたり、
企画を作成したりすることです。

解説にはシナリオが必要ですし、
企画には解説に加えプラネタリウムに投影する映像も必要になります。

プラネタリアンは自身でこれらの資料を用意します。
一方これらの仕事内容は民間に委託し、職員は機材のメンテナンスや運営に専念する場合もあります。

プラネタリアンの仕事に必要な資格

プラネタリアンとして仕事をするのに必須の資格というものはありませんが、
正規職員の募集要項には学芸員資格を必要とするものが多いです。

また機材をパソコンでコントロールするので、
プログラミング(主にC/C++のプログラミング言語)の資格または相応の技術も必要になります。
映像ソフトの取り扱いにも慣れておくべきでしょう。

プラネタリアンの仕事に必要なスキル

プラネタリアンの仕事では「天文学を分かりやすく伝えること」がとても重要なので、
人の心を惹きつけるような物語を構成するスキルが必要となります。

またこの仕事は純粋な研究職ではありませんが、
人に教えるにはまず自分がよく知らなければなりません。

天体に関する新しい現象や情報を常に追いかけ続ける熱意も
プラネタリアンに必要なスキルの一つといえるでしょう。

スポンサードリンク

プラネタリアンの仕事の年収・やりがい・本音はコレに関連する記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。