精神保健福祉士の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>精神保健福祉士の仕事の年収・やりがい・本音

精神保健福祉士の仕事の年収・やりがい・本音

psychiatric-social-worker

精神保健福祉士 仕事の年収・月収

精神保健福祉士の収入は、その働き方にもよりますが、全体の平均に比べてやや低い傾向があるようです。具体的には、年収では約400万円、月収で約29万円と言われています。
比較的新しい職業で福祉系の職種となりますが、給与面においては国家公務員の待遇に準じた場合が多く、基本給は低いものの賞与や手当面で優遇されている傾向があるようです。
また、パートやアルバイト等の非正規の割合も多いのが特徴ですが、その場合は時給が800~1000園程度と言われています。

スポンサードリンク

精神保健福祉士の仕事は、消える職業?消えない職業?

近年では、精神保健福祉士が活躍するフィールドが広がっており、そのニーズも高まっています。
元々精神保健福祉士が相手にするのは、精神障害者やその家族だけでした。ところが、高ストレス社会になりつつある昨今で、ケアホームや児童養護施設、ハローワークや各企業など、ストレス対策のために精神保健福祉士が活躍するフィールドが広がり、それにつれて精神保健福祉士のニーズも高まっています。
そのため、精神保健福祉士が消える職業となることはないでしょう。ある意味では悲しいことかもしれませんが、この高ストレス社会において、精神保健福祉士は必要不可欠な存在になりつつあり、決して消えない職業ということが出来ます。

精神保健福祉士 仕事の将来性・安定性

安定性に関していえば、その働き方による部分が大きいといえます。正規の職員として働いていれば安定した収入が期待できますし、非正規の場合は不安定な立場といえます。
将来性に関してですが、現在の高ストレス社会の現状から、現在はメンタルヘルスに注目が集まっており、精神保健福祉士のニーズが高まりつつあります。そのため、将来性は高いといえます。今後は社会の中でも特に大きな役割を果たしていくことが精神保健福祉士には期待されています。

精神保健福祉士 仕事のやりがい・本音

精神保健福祉士が相手にする人々は、性格や病状、生活状況など千差万別です。様々な人たちからの話を聞き、相談に乗ることで、たくさんの人達の話を聞き、考え方を知ることが出来ます。その結果、それぞれの人たちとの、業務を越えた付き合いをすることが出来、それがやりがいに繋がると答える人が多いようです。
ですがそれは、場合によっては『聞きたくない話を聞かされる』という負担の大きい仕事になる場合もあります。その結果、メンタルヘルスを担う精神保健福祉士がメンタルヘルスに不調をきたす……という本末転倒な状況に陥る人もいるようです。その点に不満がある……という本音を持っている人も少なくはありません。

精神保健福祉士 仕事の良い点

福祉の業種に共通することですが、比較的人から感謝の言葉をもらいやすい職業といえます。患者さんやそのご家族、ストレスに悩まされる人からの相談を受けた後、『ありがとう』と笑顔で言われる機会も多く、やりがいも得やすい職業といえます。人のために働きたい人にとっては良い点といえるでしょう。
また、一人の人間ととことん向き合う仕事である精神保健福祉士ですから、その仕事に対する思いはそれぞれです。やりがいも人によって様々な傾向があり、自分だけのやりがいを求めている人にとっては良い点といえます。

精神保健福祉士 仕事の悪い点

精神保健福祉士の仕事は一人の人間にしこしん向き合う仕事のため、人の心の複雑さに苦労させられる機会がとても多いと言われています。特に人生経験の浅い若い精神保健福祉士にとっては、精神障害者の方が抱える人生の悩みを理解することが難しい場合が多く、この点は苦労させられる悪い点といえます。
また体の怪我や病気と同じく、心の変化もまた、日々刻々と移り変わるものです。それまでは調子がよかった患者さんが、次の日には突然病状が悪化するというケースもよくあります。確実に手応えを感じる仕事が好きな人にとっては、悪い点といえるかもしれません。

スポンサードリンク

精神保健福祉士 仕事の内容

精神保健福祉士は、精神上の疾患や障害がある人やその家族からの相談を受け、日常生活訓練や就職の向けてのアドバイスを行うことで、より良い生活が出来るように援助することが仕事です。
勤務先は主に医療機関、行政機関、精神障害者施設などになります。また近年ではメンタルヘルスの重要性が見直されており、それに伴ってメンタルヘルスを守る精神保健福祉士の活躍するフィールドが広がりつつあります。
中には精神的な不調を抱えている人でも生活しやすい環境を作り上げるための講演会や研修の開催などを行っている人もおり、精神保健福祉士の役割は、今後もより重要になっていくでしょう。

精神保健福祉士 仕事に必要な資格

精神保健福祉士になるには、国家資格である精神保健福祉士の試験に合格する必要があります。受験資格は様々ありますが、最も近道と言われているのは、福祉系の大学に4年通い、卒業するルートです。合格率は6割程度と言われており、しっかりと勉強していれば問題なく合格出来るといえます。
受験資格には実務経験が含まれるものもあり、そのため30代や40代の合格者が多く、男性よりも女性の合格者の方が圧倒的に多いのも特徴です。

精神保健福祉士 仕事に必要なスキル

必要な知識やスキルに関しては精神保健福祉士の資格取得の勉強で身に着けるものなので、特に問題はないといえます。
必要な資質としては、一人ひとりの患者さんに寄り添い、千差万別の環境を理解することの出来る優しさと言われています。
また、精神保健福祉士の仕事は結果が非情に見えにくい仕事です。解決までには長い時間を要するケースもあるため、忍耐力も必要な資質といえるでしょう。
意外なところでは、冷静さも必要と言われています。たくさんの患者さんに寄り添っていく中で、時に相手の気持ちに自身の気持ちも巻き込まれて自身のメンタルヘルスに不調をきたす場合があります。そうならないように、優しく寄り添いながらも一線を引ける冷静さも必要と言われています。

精神保健福祉士の仕事のまとめ

福祉系の職種の中でも、近年特に注目を集めている職種が精神保健福祉士です。高ストレス社会となった現在、人のメンタルヘルスを守り、精神障害者やその家族の生活を守る精神保健福祉士が活躍するフィールドが、少しずつ広がりつつあります。
現状では収入が低く、収入と業務負荷のバランスが悪いことを嘆く人もいますが、このまま精神保健福祉士へのニーズが増え続ければ、その待遇も改善されることでしょう。現在成長中の福祉系の業務の中でも、特に重要な地位になるといえます。一般企業などでも雇用されるケースが増えていることから、その存在の重要性がわかると思います。
まとめると、まさに将来の重要な位置付けにあるといえる職業でしょう。ある意味ではそれだけ高ストレス社会であるといえる悲しい状況ではあるのですが……。

スポンサードリンク

精神保健福祉士の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング