精神科医仕事の年収・やりがい・本音はコレ

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>精神科医仕事の年収・やりがい・本音はコレ

精神科医仕事の年収・やりがい・本音はコレ

seisinka

精神科医仕事の年収・やりがい・本音はコレ

精神科医の仕事の年収・月収

精神科医の仕事の年収は平均で1200万から1500万円、
月収は90万から100万円前後。

実際には1000万円以上の年収を得るのは開業医が殆どで、
20代の精神科医の年収平均は700万から900万円程度です。

精神科は医師の中でも高額の年収・月収であると言われますが、
就業までに技能習得の為の出費もかさむ仕事でもあります。

スポンサードリンク

精神科医は消える職業?消えない職業?

精神科医は現代において消えない職業の内の一つです。

昔に比べてメンタルの問題の偏見が消える傾向にあり、
分析が進んで治療体系も多く確立されています。

むしろ現代的なストレスから生じる様々な問題において
精神科医の需要は消えるどころか高まっています。

また高齢社会において認知症等に関わる場面が多くなっていくことも
消えない職業といえる大きな理由です。

精神科医の将来性・安定性

精神科医は非常に難関の職業であり、
その分収入の安定性や需要の将来性には事欠きません。

しかしそれは開業や一定水準のポストに就くことが出来た場合です。

そこに到達するまでに救急医療の現場などで激務に耐える時期があり、
体調・メンタル面での安定性には不安があります。

一方精神科医は他の複数の医科の技能を備えているので、転職における将来性は十分です。

精神科医の仕事のやりがい・本音

精神科医がやりがいを感じられるのは、
患者が日常生活を送れるようになることでしょう。

これは治療の本旨です。

また興味を持つ方は症例を通して
人間の精神活動を研究出来ることにやりがいを得ています。

一方精神科医の本音は、仕事内容を誤解され管轄外の要求を受けやすいこと。
加えて訴訟や薬物を取り扱うリスクが正当に評価されないという不満があるのも本音といえます。

精神科医の仕事の良い点

精神科医の仕事は、
他の医科との比較的に労働条件が安定していることがまず良い点といえます。

精神科医として手術に携わることは殆ど無く、
仕事では問診が中心になります。

またこの仕事は人間の様々な精神活動の発現を目撃し、
対処することになるので、人間という存在に興味のある方にとって
最適な研究環境であることも良い点となります。

スポンサードリンク

精神科医の仕事の悪い点

精神科医の仕事の悪い点は、
患者の数に医師が追いつかず、
限られた時間の中で捌くように診察を行わなければならないことです。

また疲弊している中で精神的な病理を持つ患者と日々接していると、
精神科医自身のメンタルにも影響が出てきますが、
中々長期的な休みを取ったり治療に取り組む時間が取れないところも悪い点といえるでしょう。

精神科医の仕事の内容

精神科医の仕事の内容は、
日常生活を送る上で支障のある人々の症状を見たり実際に問診したりすることで、
入院の必要性や投与する薬物の内容などを判断することです。

また診断書の作成も精神科医の仕事の中で比較的重要な業務です。
デリケートな問題なので、患者の立場や状況によって何が有利・不利になるのか考慮して
偽りが無いように書かなければいけません。

精神科医の仕事に必要な資格

精神科医の仕事に就くには、
当然医師の国家資格を得ている必要があります。

国家試験の合格者は複数の医科で研修を受けることになり、
専門医ごとに特定の資格が更に必要となることはありません。

しかし「精神保健法指定医」という、
5年以上の実務経験者を対象に、
越権を付与された精神科医となるための講習・認定試験は存在します。

精神科医の仕事に必要なスキル

精神科医の仕事では患者に感情移入しすぎると自身のメンタルに影響が出ることがあります。
従って患者との対話や症状は単なる診断材料として割り切るスキルが必要です。

また治療の際に他の施設や患者の家族と連携を取る場面が多いので、
一般常識や人付き合いのスキルも精神科医の必須なスキルと言えますね。

スポンサードリンク

精神科医仕事の年収・やりがい・本音はコレに関連する記事

人気記事ランキング