プロテニス選手の仕事の年収・やりがい・本音はコレ 錦織が大ブレイク!世界中で大人気のテニス!

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>プロテニス選手の仕事の年収・やりがい・本音はコレ 錦織が大ブレイク!世界中で大人気のテニス!

プロテニス選手の仕事の年収・やりがい・本音はコレ 錦織が大ブレイク!世界中で大人気のテニス!

protennis

プロテニス選手 仕事の年収・月収

プロテニス選手としてトップランクにまで勝ち上がることに成功すれば、
仕事の年収・月収は莫大なものになります。

世界ランクトップ10のテニス選手なら年収は、
数十億円はくだらないといわれるほど高収入の仕事です。

でも、実は、ほとんどの選手は食べていくのがやっと、
という程度の仕事の年収・月収しか得ていないのが現状です。

実力さえあれば稼げる仕事ですが、
強くなければ収入は0円の厳しい世界です。

プロテニス選手 消える職業?消えない職業?

日本国内だとプロテニス選手は消える職業?消えない職業?という声も聞こえますが、
世界に目を向ければテニスは超人気スポーツです。

最近の日本人選手の活躍によって、
やっと国内でも注目されるようになったプロテニス選手ですが、

世界的には消える職業?消えない職業?という疑問を持つことが
馬鹿らしくなるほどの人気を集めており、
敬意とあこがれの対象となっています。

スポンサードリンク

プロテニス選手 将来性・安定性

プロテニス選手は実力勝負の世界なので、
将来性・安定性はほとんど期待できません。

プロテニス選手としての実力があって好成績を重ねていけば
お金も名誉もつかむことができますが、

実力が無ければ収入を得ることすらできませんから、
将来性・安定性などほとんどありません。
未来がどうなるかは、自分の実力次第です。

プロテニス選手 仕事のやりがい・本音

プロテニス選手という仕事のやりがい・本音は、
実力次第で大きな成果をあげられることです。

テニスは個人競技ですから、
どのような結果が出たとしてもすべて自分一人の責任です。

負けたときの責任も自分で負わなければいけませんが、
勝った時の喜びはひとしおです。

莫大な賞金や社会的に大きな名誉を得られるのも、
プロテニス選手という仕事のやりがい・本音の大きな部分を占めます。

プロテニス選手 仕事の良い点

プロテニス選手という仕事の良い点は、
世界的に人気のあるスポーツだということです。

プロツアーは世界中で行われていますから、
世界的に大きな注目が集まりビジネスとしての規模も大きくなります。

試合に勝てば莫大な賞金が得られますし、
世界中から応援される人気選手ともなればスポンサー料もうなぎのぼりです。

プロテニス選手は社会的な評価も高いので、
欧米の上流階級と交流できるのも仕事の良い点です。

プロテニス選手 仕事の悪い点

プロテニス選手という仕事の悪い点は、
実力がすべての世界である点です。

プロテニス選手として成功するためには、
試合で勝つ以外に方法はありません。

どんなに努力を重ねても、
試合で勝つことができなければ努力は全て水の泡になってしまいます。

プロテニス選手は
毎週のように試合を行うハードなスケジュールが組まれるので、
体にかかる負担も大きくケガが多いということも仕事の悪い点の一つです。

スポンサードリンク

プロテニス選手 仕事の内容

プロテニス選手の主な仕事の内容は、
練習と試合です。

毎日ハードな練習を重ねながら世界中を転戦するプロテニス選手は、
一年を通じてほとんど体を休める暇がありません。

より良い環境を求めて海外に練習拠点を設けることも多く、
生活のすべてがテニス漬けの毎日です。

プロツアーは世界中で開催されるので、
長距離移動も大切な仕事の内容です。

プロテニス選手 仕事に必要な資格

プロテニス選手という仕事に必要な資格は特にありません。
プロになるためには試合に勝ってポイントを重ねてランキングを上げていき、
ある程度までランキングが上がったらプロ宣言をすればOKです。

ただし、プロテニス選手になったからといってなにかが変わるわけではありません。
試合に勝ってランキングを上げていかなければ収入は上がりませんから、
仕事に必要な資格はなくてもプロとしてやっていけるかどうかは別問題です。

プロテニス選手 仕事に必要なスキル

プロテニス選手という仕事に必要なスキルはただ一つ、
テニスの実力のみです。

他に何もできなくてもテニスの実力があって試合で勝つことができれば、
一流のプロテニス選手になれるでしょう。

ただし、プロテニス選手はツアーで海外を転戦することになりますから、
語学力が無ければ厳しいツアーを乗り切ることはできません。

ある程度の語学力と
タフなメンタルは仕事に必要なスキルといえるでしょう。

スポンサードリンク

プロテニス選手の仕事の年収・やりがい・本音はコレ 錦織が大ブレイク!世界中で大人気のテニス!に関連する記事

人気記事ランキング