プロサッカー選手の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>プロサッカー選手の仕事の年収・やりがい・本音

プロサッカー選手の仕事の年収・やりがい・本音

prosaca

プロサッカー選手の年収・月収

Jリーガーの年収は実力、実績主義が徹底されています。高校や大学生時代にどんなに活躍していてもJリーガーとしての実績がなければ高年収はもらえません。
また、契約金もないので野球などと違い間口は広いですがそこからは完全実力主義になります。

また、選手契約はA契約、B契約、C契約の三段階が設定されていて、A契約の選手は年俸に上限がないので活躍次第では1億円を越える選手もいます。
J1の主力クラスで1000から6000千万円と言われています。B.C契約の選手で上限が年収480万円と設定されています。

スポンサードリンク

プロサッカー選手は消える職業?消えない職業?

日本におけるサッカーの競技人口は約750万人とも言われています。
近年ではワールドカップでの予選突破からベスト16入り、なでしこジャパンの活躍などでサッカーの人気は急上昇していて、今では野球と肩を並べるまでに成長しました。
それに伴いJリーグの人気も上がってきているので今後、消える仕事ではなく、子供達の憧れの職業になるでしょう。

プロサッカー選手の将来性・安定性

Jリーグは全国各地に芝生の広場やスポーツ施設があり、地域の住人がスポーツに親しめるように環境を整備する百年構想を掲げています。
今後、Jリーグ参戦を目指すクラブチームも増え、プロ契約するJリーガーの数が増えることが予想されますので、将来性という点では期待があります。

しかし、スポーツ全般で言えることですが、実力主義社会なのでしっかりとチームにコミュットして実力を出すことが求められ、
また監督の采配次第では実力があっても選ばれないこともあるので安定性はあまりないでしょう。

プロサッカー選手の仕事のやりがい・本音

最大のやりがいはチームが試合で勝つことです。
個人が良くてもチームが負けてしまえば評価されません。

また、試合に出してもらい活躍ができれば、それに応じて年俸が上がっていきます。
契約がCからB、BからAと上がればどんどん年俸が上がっていきます。サッカー選手として成長していけば稼ぐお金も増えるので、選手としては大きなやりがいにつながります。

プロサッカー選手の良い点

活躍できればできた分だけ国民から人気者になれます。
その分、普段の行動や言動に注意は必要になっていきますが、社会的な発言力も強くなれますし、何よ子供達のヒーローになれます。

また、活躍次第では年収は上限知らずなので高収入も期待できますし、夢のある職業です。
オフシーズンでは学校や地域でサッカー教室を開いたり、サイン会なども行うので、地域、社会貢献も行えます。

スポンサードリンク

プロサッカー選手の悪い点

相手選手と身体をぶつける場面も多く、スライディングやタックルなども日常茶飯事で行われるので常に怪我と向き合っていかなければいけないことです。
軽い捻挫や打撲などなら良いですが、靱帯損傷や骨折などは選手生命に関わるので試合中は特に気を抜けません。

90分間走りつづける競技なので、選手生命が他の競技と比べても短いです。
20台前半から中盤がほとんどで、30台になるとベテランといわれる程です。
また、年収も活躍できなければ上がらないので、J2の選手では200万円台はゴロゴロいます。年収の不安定さは悪い点といえます。

プロサッカー選手の仕事内容

チームの勝利に貢献するためにまず11人の先発メンバーに入るか、控え選手になることです。
そのためにチーム内のメンバー争いに勝ち抜く必要があり、個々のパフォーマンスをあげていかなくてはいけません。
その他では、オフシーズンに契約交渉を行ない、次のシーズンもチームでプロ契約を結べるか交渉しなくてはいけません。
条件が合わなければ新天地を探す必要もあるので、重要な時期になります。また、地域のボランティアとして、サイン会やサッカー教室なども行います。

プロサッカー選手に必要な資格

プロサッカー選手になるにあたって必要な資格はありません。
実力が重視される職業になるので、サッカー技術に加え精神力、体力が必要になります。

高校のインターハイや大学のリーグ戦で実績を残し、クラブからスカウトされるのが一番の近道です。
それ以外ではJリーグのユースチームに所属して昇格するか、クラブで行っているトライアルに参加し合格するかですが、いずれにせよ実力や結果をアピールする必要があります。

プロサッカー選手に必要なスキル

ポジションによって求められてくるものが変わってきますが、大前提として、プロとして選手ができるだけのフィジカル、技術、基礎体力があるかどうかです。
フィジカルが弱い選手、技術力が低い選手はチームプラクティス以外で個人トレーニングをする必要があります。

また、試合に出るためにはドリブル、パス、シュートなど様々ありますが、他の選手には負けない個人のスキルが必要となってきます。
監督の采配に合わせてプレーを考えて行動する戦術眼も必要になってきます。

プロサッカー選手の仕事 まとめ

プロサッカー選手とはサッカークラブとプロ契約を交わし、活躍をすることで報酬を得る選手のことを指します。
試合で勝利するために厳しい練習w毎日繰り返し、技術やフィジカル、戦術眼を磨き上げ自分のパフォーマンスを磨いていきます。

また、ファンや子供達の憧れとなるように精神面でも社会のお手本となる人物になる必要があり、
その点では他の職業では得られない喜びや、やりがいがあるのだと思います。数ある職業の中でも夢のある職業と言えるでしょう。

スポンサードリンク

プロサッカー選手の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング