プログラマーの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>プログラマーの仕事の年収・やりがい・本音

プログラマーの仕事の年収・やりがい・本音

programer

プログラマー 仕事の年収・月収

プログラマーの仕事の収入は、携わるソフトや働き方、所属する会社の規模によりかなりのバラつきがあります。企業の正社員として働くプログラマーで見た場合、年収350~500万、月収では25~35万程度が平均と言われています。その年によって年収の浮き沈みが激しく、場合によっては、同じ人でも100万程度の差が出てくる場合があります。
派遣社員として働く人の割合も多く、その場合はやはり正社員として働く人よりも年収が低い傾向があります。
同じく、フリーランスとして働く人も多い業界で、その場合は本人の努力次第で年収1000万円以上を稼ぎだす場合があります。

スポンサードリンク

プログラマーの仕事は、消える職業?消えない職業?

単純に考えて、プログラマーの仕事は消えない職業といえます。パソコンソフトやゲームだけでなく、電化製品や車など、プログラムが必要なものはいたるところに存在し、それらを組み上げるプログラマーの仕事の需要はなくならないからです。
ただしIT業界の進化はめざましく、プログラミングという作業が以前ほどハードルの高い作業ではなくなってきています。インターネットを介したプログラマー同士の情報共有やツールの進化も進んでいるので、昔と今では作業も様変わりしていることでしょう。
そうしたことから考えると、将来は無くならないまでも、今とは全く違う作業内容になっているかもしれません。今のままのプログラマーという観点で仕事を考えると、消える職業ともいえます。

プログラマー 仕事の将来性・安定性

仕事の安定性は働き方によります。正社員として働いていればそれなりに安定した立場で働けますし、派遣社員やフリーランスとして働いている場合は、あまり安定しているとはいえません。
プログラマーの仕事の将来性で考えると、かなり厳しいものがあります。一つの技術の栄枯盛衰のサイクルが非常に早い業界で、その都度新しい技術を吸収していかなければなりません。その関係で、『プログラマー35歳定年説』という言葉が生まれるほどに能力のピークが過ぎるのが早い業界です。
また近年ではプログラマーの人口も多く、経験豊富な人材を雇うよりは、未熟ながら人件費が安く済む若い人材を雇う企業が増えています。そのため非正規雇用が増えており、その点からも、仕事の将来性は高くないと言わざるを得ません。

プログラマー 仕事のやりがい・本音

プログラマーの仕事は度重なるエラーとの戦いです。そのため、エラーなく自分の思った通りにプログラムが動いた時に、とても大きなやりがいを感じることが出来ます。
また、プログラムを通して、宇宙開発に代表される科学の最先端に携わることも出来ます。そういったことに携われるのは、プログラマーの仕事ならではのやりがいといえます。
細かいところでは、効率よくメンテナンスのしやすい、俗にいう『美しいプログラム』を組むことにやりがいを感じている方もいらっしゃいます。美しいプログラムを書けるプログラマーは現場でも重宝される傾向にあるため、『美しいプログラムを書きたい』という仕事の本音を持つプログラマーはとても多いようです。

プログラマー 仕事の良い点

プログラマーとなった人たちは、基本的にプログラミングそのものが好きでプログラマーになった人がほとんどです。そのため、プログラミングで生活が出来る……という点を良い点として挙げる人がとても多くいらっしゃいます。
日本を代表するプログラマーまつもとゆきひろさんは、高校生の頃からプログラミングに慣れ親しみ、最終的には『自分も作ってみたかったから』『暇だったから』という理由で、現在では世界的に人気の高いプログラミング言語『Ruby』を開発しています。
また、プログラマーは時代の流れに取り残されないよう、常に最新の技術を勉強し続けなければなりません。逆にいえば、勉強することも一つの仕事といえます。勉強することが好きな人、新しい技術に触れるのが好きな人にとっては、これは仕事の良い点といえるでしょう。

プログラマー 仕事の悪い点

職場にもよりますが、プログラマーの仕事は非常に激務な場合が多く、それが原因で心身を問わず体調を崩すケースが増えており、近年では社会問題にもなっています。これはプログラマーの仕事の悪い点といえます。
別の側面では、いくら新しい技術を勉強しても、いずれは若いプログラマーたちに技術力で追い越される場面があります。ベテランと若い人間では勉強しても知識の吸収力に差があるため、プログラマーは常に若いライバルに負ける宿命にあります。それもまた、仕事の悪い点といえます。

スポンサードリンク

プログラマー 仕事の内容

基本的には、プログラムを組むことがプログラマーの仕事の内容となります。
システムエンジニアが作成した仕様書の通りにプログラムを作成し、仕様書の通りにプログラムが動作するまでが主な内容です。たとえ仕様書の通りにプログラムを作成しても、仕様書の通りにプログラムが動作するとは限らず、そういったバグを見つけるのもプログラマーの重要な仕事です。
経験を積んでくると、徐々に仕様の決定にも関わってくるようになります。そのため、実力のあるプログラマーほどシステムエンジニアとの仕事の境界がなくなってきます。そのため、時にはプログラマーとシステムエンジニアが混同されるケースもあります。

プログラマー 仕事に必要な資格

プログラマーの仕事に必要な資格は特にありませんが、『情報技術者試験』『ITパスポート試験』といった資格を取得しておいたほうが仕事としては有利とは言われています。
なり方ですが、大学や専門学校、独学でプログラミングを学んだ後、開発会社にプログラマーとして入社するのが一般的です。ただし現在ではなり方も多様化しており、企業が出題するプログラミングのクイズに回答し、スカウトを受けるケースや、自身でソフトを開発し、それを販売して生計を立てるケースなど、様々ななり方があります。

プログラマー 仕事に必要なスキル

まず何よりも、プログラミングスキルが仕事に必要になります。昨今ではプログラミングに使われる『プログラミング言語』もたくさんの種類がありますが、それらのうち、どれか一つだけでも習得する必要があります。でなければプログラマーの仕事は務まりません。
コミュニケーション能力も必要な仕事のスキルです。仕事仲間からの相談や依頼主からの要望から、相手が望むものを的確に理解し、的確に返答出来るスキルがあると、どの職場にいっても大切にされるプログラマーとなれます。
意外なところでは『怠惰』が必要と言われるケースもあります。これは、単なるめんどくさがりではなく『楽をするためならどのような努力も厭わない』という意味です。プログラマーの仕事は基本的に同じことの繰り返しが非常に多く、それを自動化してしまえば生産性も上がり、さばける仕事量も増え、結果としてチーム全体の利益に繋がるためです。そのため、楽をするための努力を厭わない性格=怠惰な性格は、時に大切な資質と言われています。

プログラマーの仕事のまとめ

近年では電子機器に囲まれた生活になっており、そのほとんどにプログラムが組み込まれています。いわばそれを作るプログラマーの仕事は、現代の生活を陰で支えているといっても過言ではありません。そのため、プログラマーは『現在の社会生活の下支え的存在』とまとめることも出来ます。
ただし、その生活は過酷です。大切な職種でありながら待遇があまりいいとはいえず、常に新しい技術を吸収する必要があり、早い段階で後輩や若いプログラマーに技術力で追いぬかれてしまうという現実があります。近年ではそういった部分にスポットが当てられることもありますが、それでもまだ是正されていないのが現実です。
ネガティブではない部分ももちろんありますが、プログラマーという仕事には、そういった覚悟も必要なのです。

スポンサードリンク

プログラマーの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング