プロゴルファーは実力勝負の孤独な仕事!の気になる仕事の年収・やりがい・本音について

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>プロゴルファーは実力勝負の孤独な仕事!の気になる仕事の年収・やりがい・本音について

プロゴルファーは実力勝負の孤独な仕事!の気になる仕事の年収・やりがい・本音について

progolfokane

プロゴルファー 仕事の年収・月収

プロゴルファーの主な収入源はツアーの賞金なので、
仕事の年収・月収は成績によって大きく変わります。

トップ選手になれば年間賞金は億単位に上りますが、
シード権ギリギリの年間ランク70位の選手の賞金額は1500万円前後ですから、
経費を差し引くと仕事の年収・月収はサラリーマンと大差ない金額です。

プロゴルファーとしてスポンサーがつけば莫大な契約金が入りますが、
それも実力次第です。

スポンサードリンク

プロゴルファー 消える職業?消えない職業?

ゴルフは長らく安泰した人気を誇ってきましたが、
最近は人気が伸び悩みプロゴルファーの世界も消える職業?消えない職業?
という話が飛び交うようになってきました。

世界的に見れば活躍の場は広く、
消える職業?消えない職業?という疑問を感じる必要はないかもしれませんが、
少なくとも日本国内に限って言えばプロゴルファーだからといって安泰とは言えません。

プロゴルファー 将来性・安定性

プロゴルファーの中で純粋に賞金だけで生活できているのは
ほんの一握りにすぎません。

多くのプロゴルファーは試合で賞金を得ることが厳しいため、
レッスンプロやコーチ、ゴルフ塾などの副業で生計を立てています。

トッププロゴルファーになればスポンサーついて将来性・安定性の心配は不要になりますが、
予選通過に苦労する実力なら将来性・安定性が全くない非常に厳しい世界です。

プロゴルファー 仕事のやりがい・本音

プロゴルファーという仕事のやりがい・本音で一番多いのが、
実力で勝負できる世界であるということです。

プロゴルファーは実力がすべてであり、
試合で好成績を収めれば収入も名声もうなぎのぼりです。

その分競争は厳しいですが、
余計なしがらみや偏見なく実力を公正に評価される所が
仕事のやりがい・本音といえるでしょう。

プロゴルファー 仕事の良い点

プロゴルファーという仕事の良い点を挙げるとすれば、
選手寿命が長いことです。

50歳を超えた選手を対象にしたシニアツアーも根強い人気があり、
あらゆるスポーツの中で最も長い間試合に参加することができるスポーツです。

もちろんプロゴルファーとしての実力が落ちれば現役続行は困難ですが、
年齢に応じてプレースタイルを変えることで若い人とも十分戦えるのがこの仕事の良い点です。

プロゴルファー 仕事の悪い点

プロゴルファーという仕事の悪い点は、
すべて一人でまかなわなければいけないという点です。

野球やサッカーのようにチームに所属するわけではありませんから、
試合参加の手続きや準備、トレーニングメニュー作りからコース研究まで
すべてをプロゴルファー個人の責任で行わなくてはいけません。

スタッフを雇うにしてもすべて自腹で給料を払わなくてはいけませんから、
成績が伸びなければ十分に経費をかけることができずますます成績が落ちてしまう、
というのもこの仕事の悪い点といえるかもしれません。

スポンサードリンク

プロゴルファー 仕事の内容

プロゴルファーの仕事の内容は試合に参加することだけと思われがちですが、
実は意外と雑務の多い仕事です。

基本的に個人経営ですから
すべての仕事は自分でこなさなければならず、

駆け出しのうちは自家用車に必要な荷物を積んで
自分で運転をして全国を転戦することも珍しくありません。

もちろん一番重要な仕事内容は
プロゴルファーとして好成績を収めることですが、
その他にもやるべき仕事は多く練習時間が十分取れないことも珍しくありません。

プロゴルファー 仕事に必要な資格

プロゴルファーという仕事に必要な資格は、
プロテストに合格することです。

とにかくプロテストに合格しなければプロにはなれませんから、
プロゴルファーを目指す人はまずプロテスト合格を第一目標に日々努力を重ねます。

テストに合格して仕事に必要な資格を取ったとしても、
その後活躍できるのはほんの一握りという厳しい世界であり、
プロテストはプロゴルファーとしてのほんの入り口にすぎません。

プロゴルファー 仕事に必要なスキル

プロゴルファーという仕事に必要なスキルは、
ゴルフの実力です。

アスリートとして強靭な肉体が必要なのは当然ですが、
メンタルに大きく左右されるゴルフというスポーツで結果を残すためには
強い精神力も仕事に必要なスキルといえるでしょう。

どんなに実力があっても試合で発揮できなければ無意味ですから、
プロゴルファーとしての自覚を持ち、
日ごろから体調管理を徹底してコンディションを調整できる能力も求められます。

スポンサードリンク

プロゴルファーは実力勝負の孤独な仕事!の気になる仕事の年収・やりがい・本音についてに関連する記事

人気記事ランキング