【「PM2.5」喫煙可の飲食店内は北京・中国以上の濃度!受動喫煙の恐怖!!】

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>【「PM2.5」喫煙可の飲食店内は北京・中国以上の濃度!受動喫煙の恐怖!!】

【「PM2.5」喫煙可の飲食店内は北京・中国以上の濃度!受動喫煙の恐怖!!】

「PM2.5」喫煙可の飲食店内は北京・中国以上の濃度!受動喫煙の恐怖!!

PM2.5問題に詳しい日本禁煙学会によると、

受動喫煙が最大のPM2.5問題なんですね!

スポンサードリンク

喫煙可の禁煙じゃない飲食店内は、あの目の前さえ見えない北京の大気と同じPM2.5レベルなんです。

PM2.5の濃度は、
なんと、
数百㎍/㎥にも達しています。

受動喫煙をなくすことこそが、今、私たちにできる、具体的な、「PM2.5」問題との戦いです。

やっぱり、健康で、長生きしたいもんですからね。

「PM2.5」マメ知識Q&A

PM2.5は、
空気に含まれる直径が千分の2.5ミリ未満の微小粒子のことです。

1立方メートルの空気に含まれる重さ㎍/㎥(マイクログラム/立方メートル)で濃度を測ります。
PM2.5は物が燃えることによって発生します。
工場や一般家庭、交通機関で化石燃料を使うとPM2.5が沢山出ます。
もちろんタバコの煙にもたくさん含まれています。

PM2.5がいろいろな病気を起こすのはどうしてですか?

PM2.5の主成分は、元素状炭素(いわゆる黒いスス)、
有機炭素(芳香族炭化水素などの発ガン物質等)、
硫酸イオン、硝酸イオン、アンモニアなどの化学物質と重金属です。

PM2.5はとても小さいので、たやすく肺の一番奥の肺胞まで入り込み、
そこで様々な病気をおこします。

スポンサードリンク

PM2.5は私たちの健康にどれほど影響があるのですか?

PM2.5が多いと、心臓病や喘息、肺ガンなどが増え、死亡率が高まります。
アメリカなどでの調査によると、PM2.5が10㎍/㎥増えると、
心臓や肺の病気の死亡率が9%、肺ガン死亡率が14%、全死亡率が6%増えます。

大気汚染はすべての住民に影響しますから、
PM2.5 がわずか10㎍/㎥増えるだけで、
その地域の住民の死亡率が6%増えるという深刻な事態が起きます。

日本で、受動喫煙のために死亡する人は毎年何人くらいいるのですか?

国立がんセンターの試算によれば、職場の受動喫煙で亡くなる人は毎年3653名となっています。
しかしこの数字は、受動喫煙で起きる病気の一部だけで計算したものです!

 

実際にはもっと大きな数字になると考えたほうがよさそうです。

日本禁煙学会は、
受動喫煙によるPM2.5の健康被害をなくすために、

すべての職場と飲食サービス施設の例外なき完全禁煙法の制定を呼びかけています!

日本の美しい大気が汚されないように、

皆で協力していきましょう!!

関連記事

【PM2.5・花粉症対策はアレルシャット ウイルス!顔にスプレーして膜状のプラスイオンで覆いブロック!!マスクがなくても大丈夫 】の記事はこちら

【PM2.5都道府県別の濃度予測を日本気象協会が提供開始!北京市の最悪時のPM2.5より濃度が濃いのは・・・】の記事はこちら

【pm2.5・花粉を遮断できる外干し用布団カバーや洗濯物カバーはコレがおすすめ!】の記事はこちら

【PM2.5から赤ちゃんや子供を守るバギーマスク・子供用2.5対策マスク!】の記事はこちら

【PM2.5を全部除去できるHEPAフィルタ付き空気清浄機はこれがおすすめ!】の記事はこちら

【PM2.5対策は、使い捨て・取り替え式マスク(格安お得)で防塵・防毒・中国対策】の記事はこちら

【PM2.5・花粉症対策はアレルシャット ウイルス!顔にスプレーして膜状のプラスイオンで覆いブロック!!マスクがなくても大丈夫 】の記事はこちら

スポンサードリンク

【「PM2.5」喫煙可の飲食店内は北京・中国以上の濃度!受動喫煙の恐怖!!】に関連する記事

人気記事ランキング