合板工の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>合板工の年収・やりがい・本音

合板工の年収・やりがい・本音

合板工 仕事の年収・月収

合板工の仕事の月収は、およそ15万円から30万円、年収はおよそ200万円から360万円となります。アルバイトの場合は時給1000円ほどです。
合板工が作る様々な合板は、今では欠かせない材料のため需要があります。しかし仕事の年収に関してはあまり高くなく、長い期間働いても高い昇給は見込めません。その分残業も少ないため安定した年収を得られます。

スポンサードリンク

合板工は、消える職業?消えない職業?

合板工は今後も消えない職業です。
建築のための資材から家具や楽器など、様々な用途で使われる合板は今後も需要があり、安価なため生産は続いていきます。
合板工は、こうした需要に対応するため必要とされている職業でもあります。新しい金属やその他の資材もありますが、合板ならではの良さが求められる製品もあるため、今後も必要であり消えない職業となります。

合板工 仕事の将来性・安定性

合板工の仕事の将来性は資格の有無によって変わります。
仕事をするだけであれば資格は必要ありませんが、就職する会社がJAS規格の認定申請をする際に必要とされている資格もあるため、資格の有無が収入や転職に有利となるため将来性にも期待できます。
合板工は安定性のある収入が得られますがあまり高くなく、長く勤めても大きな昇給は見込めないでしょう。

合板工 仕事のやりがい・本音

合板工の仕事のやりがいは、自分の作り上げた合板が様々な製品に生まれ変わり、それを使ってくれる人がいたときにやりがいを感じます。
合板工は接着や乾燥など様々な作業工程を行い、出来上がった合板は資材としてお店や工場に運ばれていきます。楽器や家具などを作るために必要なものとなるため、質の良い合板を仕上げていくやりがいもあります。
しかし、作業中は立ちっぱなしのため体力が求められるのが本音です。

合板工 仕事の良い点

合板工の仕事の良い点は、作業が分担されていて流れ作業のため、自分の担当する作業の技術を磨いていける点です。
合板工は決められた手順で流れ作業を行い、各工程を確実にこなしていくことで合板を生産しています。
また、仕事を通して知識と技術を学び、関連する資格を取ることも可能です。資格取得により昇給や昇進などのキャリアアップにも繋がることが良い点です。

合板工 仕事の悪い点

合板工の仕事の悪い点は、作業が立ち仕事であるため体力が必要な点です。一日の作業を安全に終えるためには集中力が求められ、流れ作業を止めることなく効率良く生産することも求められます。
合板工は生産工程の効率化と、自分の担当以外の作業者との連携を綿密にする必要があり、生産協調性が求められることも悪い点です。
また、立ち仕事のため体力が求められる仕事でもあり、体調管理が重要となります。

スポンサードリンク

合板工 仕事の内容

合板工の仕事の内容は、原料の木材を薄く剥いで板とし、その板を接着剤で組み合わせて圧着して合板を作ります。
合板工は作業を分担しており、原木係、単板製作係、接着剤調整係、仕上げ係に分かれます。普通合板の場合は仕上げまで行われ、特殊合板の場合はさらに印刷やオーバレイ、塗装などの二次加工を施して完成させます。

合板工 仕事に必要な資格

合板工の仕事に必要な資格はありませんが、持っておくべき資格が「木材接着士」「木材乾燥士」「木材切削士」「構造用集成材管理士」があります。
合板工の仕事で行われる行程を管理できる資格で、資格者の有無によってJAS規格の認定を受けられます。この資格を持っていることで転職にも有利になり、技術者としてのレベルアップにも繋がります。

合板工 仕事に必要なスキル

合板工の仕事に必要なスキルは、決められた行程を確実にこなしていく正確さと、立ち仕事となるため体力が必要です。
合板工は実務を行いながら経験を積み仕事を覚えていきます。合板を作るための行程は流れ作業で行われるため、他の従業員とのコミュニケーションスキルも必要になります。
作業は単調ですが、基本的には立ち仕事となるため体力が求められます。

合板工 仕事のまとめ

合板工の仕事は、木の板に接着剤を塗って張り合わせてベニヤ板などの合板を作ります。複数の板を接着し、熱と圧力を加えることで丈夫な資材となります。
合板工はこうした資材のほか、印刷が施された特殊合板を作る場合もあり、自分の担当する作業工程を正確に行う必要があります。
仕事は立ち仕事のため体力を必要とするため、体調管理も重要な仕事の一つです。

スポンサードリンク

合板工の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング