プラスチック製品成形工の年収は400万。やりがいは、日常生活に欠かせない製品を作り、それを使ってもらうこと

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>プラスチック製品成形工の年収は400万。やりがいは、日常生活に欠かせない製品を作り、それを使ってもらうこと

プラスチック製品成形工の年収は400万。やりがいは、日常生活に欠かせない製品を作り、それを使ってもらうこと

プラスチック製品成形工 仕事の年収・月収

プラスチック製品成形工の仕事の月収は、およそ18万円から30万円、年収は250万円から400万円となります。就職する会社によっては賞与の額も異なり、大手企業になると年収500万円ほどとなります。プラスチック製品成形工は男女でも若干年収に差があり、残業時間や役職によっても収入は変動しますが男性の方が高い傾向にあります。

プラスチック製品成形工になるには、特に機械や化学についての専門知識は必要ありません。もちろん機械や電気、化学などの基礎知識があると採用されやすいですね。プラスチック製品の成形不良が無いように製造工程は自動化されています。機械を操作するのが主な業務になります。力は必要としない仕事なのでをするわけではないので、女性も多く、この仕事に従事しています。中途採用も多く募集されています。

スポンサードリンク

プラスチック製品成形工は、消える職業?消えない職業?

プラスチック製品成形工は今後も消えない職業ですが、海外の安い労働力で大量生産されることも増えてきたため、業界としては縮小傾向にあります。
プラスチック製品は日常的に使われているもので欠かせない製品となっています。プラスチック製品の利用範囲はどんどん広がっており、医療分野から日用品に至るまで様々な場所で利用されています。
これら製品を製造するプラスチック製品製造工は今後も需要があり、消えない職業となります。

プラスチック製品成形工の仕事の将来性・安定性

プラスチック製品成形工の仕事の将来性は、プラスチック製品の需要が今後もますます高まっているため将来性があります。
現在はほとんどの場合で機械化、自動化が進んでいるため機械の取り扱い技術を学んでいくことで様々な製品に対応できるようになります。
また、プラスチック製品成形工の仕事は残業時間も少なく安定性のある収入を得られる仕事でもあります。

プラスチック製品成形工の仕事のやりがい・本音

プラスチック製品成形工の仕事のやりがいは、日常生活に欠かせない製品を作り、それを使ってもらうことがやりがいにつながります。
プラスチック製品成形工は日用品から自動車、飛行機などの大型機械にまであらゆる場面で必要とされており、それら重要なパーツを作り出すことも仕事の大きなやりがいになっています。
しかし、機械の操作方法を少しでも間違うと決められた形や強度にならないので、正確な技術が求められるのが本音です。

プラスチック製品成形工の仕事の良い点

プラスチック製品成形工の仕事の良い点は、未経験からでも仕事に就くことができる点と、力仕事があまり多くないため女性でも仕事に就きやすい点です。
プラスチック製品成形工は中途採用も多く見られる仕事でもあり、就職後に現場でしっかりとした技術を学ぶことで長い期間働くことが可能です。また、技能検定を取得することで給与面でも有利になるのが良い点です。

プラスチック製品成形工の仕事の悪い点

プラスチック製品成形工の仕事の悪い点は、どんどん海外の安い労働力で大量生産されてきているため、業界としては縮小傾向にある点です。
プラスチック製品成形工の仕事は無くなりませんが、今後は精度が求められるものや特殊な材料を使うものなど、より高度な製品が求められます。また、作業工程に必要な機械の操作やプログラミングの技術を学ばなければならないことも悪い点です。

スポンサードリンク

プラスチック製品成形工の仕事の内容

プラスチック製品成形工の仕事は、成型機械にプラスチック材料を投入して加熱溶解し決められた形に成型、その後冷却、固化したもを製品として出荷することです。

作業手順としては、→作るプラスチック製品に必要な金型を成形機に取り付け→プラスチック材料を成形機に投入→成形条件(温度や圧力や速度)を成形機にセット→試運転→設計図通りのプラスチック製品ができるように調整→連続運転で成形→プラスチック材料の補給→生産を継続→不良品チェック→機械の監視→成形条件の修正→生産を継続→金型から製品を取り出す→形状、寸法を検査→仕上げ工程→箱詰め工程→出荷。という流れです。プラスチック製品成型工は設計図通りの形や強度を製品に持たせることが必須です。その為、こうした一連の作業工程を行いつつ機械の管理をすることが仕事内容となります。

三扇化学株式会社では、射出成形オペレーターを求めています。仕事内容は、精密プラスチックの射出成形機のオペレーション業務、成形機への供給材料の補給、成形機の操作、金型のメンテナンスなど。

南条装備工業株式会社ではプラスチック射出成形業務担当者を求めています。仕事内容は、自動車部品のプラスチック射出成型業務、材料や機械の条件出し、成形の条件出し、オペレートなどプラスチック成形業務の全般です。

株式会社ジェイ・イー・ジェイでは、射出成型技術者を求めています。仕事内容は、射出成型のオペレート、機械立ち上げ、金型交換、色替え、不具合トラブル発生時の条件修正。成型不良の原因追究、新商品等のオリジナル商品の他にOEM、委託業務の成型立ち合い。材料管理。金型管理(メンテナンス等)などです。

プラスチック製品成型工の仕事に必要な資格

プラスチック製品成型工の仕事に必要な資格は特にありませんが、持っているべき資格は厚生労働省が実施する技能検定の一つ「プラスチック成型技能士」です。この資格には3級から特級までがあり、特級、1級、単一等級は厚生労働大臣名、2級と3級は都道府県知事名で合格証書が与えられます。
プラスチック製品成型工として働き、これら技能検定を持っていると昇進や昇級の判断材料にもなるため取得しておくべき資格です。

プラスチック製品成型工の仕事に必要なスキル

プラスチック製品成型工の仕事に必要なスキルは、成型機械を操作するための操作技術と、化学や電気に関する知識も持っていると良いスキルです。
プラスチック製品成型工は決められた工程を確実に行う正確さが必要で、ほとんどの場合は機械化され自動で製品が作られていきます。機械に入力する数値を間違ったり、投入する材料の量を間違わないよう確認しながら作業を行う慎重さも必要です。

プラスチック製品成型工の仕事のまとめ

プラスチック製品成型工は、プラスチック原料を機械に投入し、加熱溶解したプラスチックを型に投入して成型します。この時に設計図通りの形になっているか、原料は合っているかを確認しながら機械を操作します。
プラスチック製品成型工は未経験からでも仕事に就くことができ、技能検定のプラスチック成型技能士の資格を取得することで昇給や昇進することも期待できます。

スポンサードリンク

プラスチック製品成形工の年収は400万。やりがいは、日常生活に欠かせない製品を作り、それを使ってもらうことに関連する記事

人気記事ランキング