パイロットの仕事の年収は1500万円。副操縦士になるのに5年。キャプテンになるのが15年

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>パイロットの仕事の年収は1500万円。副操縦士になるのに5年。キャプテンになるのが15年

パイロットの仕事の年収は1500万円。副操縦士になるのに5年。キャプテンになるのが15年

パイロットの仕事の年収・月給

パイロットは高収入のお仕事として有名です。大手企業の定年までの平均年収は1000万円以上。45歳~49歳までの一番経験もあり、キャプテンとして認められる時期の年収は1500万円以上になります。しかし、企業によってはさまざまで、今はやりのLCC各社では一番いい時期で700万~ということで大手企業とはだいぶ格差がついてしまっています。それでも他の職業よりは高収入といえます。

スポンサードリンク

パイロットは消える職業?消えない職業?

パイロットは飛行機がなくならない限り消える職業ではありません。それに、どんどん航空会社が増えているのが現実です。パイロット不足も不安視されているので消えない職業と言えるでしょう。消える職業ではないですが、パイロットとして働き続けるというのが、毎年の何回もある試験や、検査で決まるので大変な職業なのです。

パイロットの仕事の将来性・安定性

今では国内でも続々と空港がどこまでもできてきて、新幹線より安い航空券も増えています。それに国内からの海外への進出も多いですし、海外旅行も普通になりました。ですから、将来性と安定性は職業にかんしてはとてもある仕事です。しかし、身体検査や、その都度試験などがありますから、そうなると自分の健康管理が必要になるので安定性は少し不安が残りますね。

パイロットの仕事のやりがい・本音

パイロットの仕事のやりがいは、やはり空を自分の操縦で飛べるということでしょう。そして命がけの仕事でもあります。あの大きな機体と共に空を飛ぶ操縦を自分の判断で行わなければいけません。無事にフライトができ、そして目的地へ無事につくという、やりがいとともに責任感のある仕事と言えます。どんな状況でも対応しなければいけない判断力が必要にもなってきます。

パイロットの仕事の良い点

パイロットにとっていい点は、やりがいと同じく、空を飛べること。そして夢のある仕事で、しかも高収入な点です。それに、全世界を飛び回ることができます。いろいろな世界をみたいひとにとっては、稼ぐことと好きなことが一緒になったような仕事です。自分の世界観も広がるでしょう。モテる職業ランキングでもいつも上位にいるのがパイロットです。

旅客機にパイロットとして搭乗するまでの訓練は、まさに青春ドラマを地でいく感じです。なかなかうまくいかない訓練が達成出来ると感動して泣いたり、悔しくて泣いたりすることも多い。機長となり、自分が立てた降下計画や着陸が上手くいくと、充実感がある。コックピットから見える夜明けや夕焼け、夜景には心が洗われる。

スポンサードリンク

パイロットの仕事の悪い点

パイロットとしての仕事の悪い点は、仕事を辞めるまで、ずっと勉強をしなければならず、その都度試験もあります。しかも、契約をとったりする結果のでるやりがいよりも、毎回安全に運転するというルーティンワークでもある点です。毎日毎日、深夜や早朝に体を酷使して同じことの繰り返しという面も否めません。

試験は厳しく、身体検査もあるので病気になったりしたら辞めなくてはいけません。そして、キャプテンになるにはだいたい15年必要になるという長い下積みが必ず必要になります。一番年収がピークになる時期がキャプテンの時期なのです。

パイロットの仕事上、仕方のないことだが、外泊が多すぎ、月の半分くらいはホテル暮らしとなる。宿泊先では旅行気分にはなれず、何回もいっていると有名海外リゾートでも飽きてしまう。

パイロットの仕事は、大きく見ると、単調な仕事過ぎる点。搭乗時間が長くなると、いくら天候が荒れても、ほとんどが経験したことのあるシチュエーションだけになる。創造的な仕事がしたい人には向いていない。

乗客から直接感謝されることは無く、安全運航、定時運航できて当たり前と思われることは残念。また若くして機長になってしまうと、人間性がおかしくなる人も多い。機長はお山の大将であり非常識になりがち。地上職の人たちからは、だいたい嫌われる。

パイロットは確かにモテるがCAにセクハラしたり、手を出せば、すぐに社内に噂が流れる。普通の新家であれば、本命の一人しか口説けない。それでは、せっかくパイロットになった意味もあまりないかも。

パイロットの仕事の内容

パイロットは、気象情報、航空情報、航空機の設備状況、燃料、重心位置、積載物の安全性の6つについて確認し、航空機の外部点検もします。すべての点検が終わったらフライト、目的地まで飛びます。安全なフライトが一番のため、CAや、その他大勢と毎回その都度ミーティングも前後に行います。

航空機の操縦だけでなく、クルーの指揮・監督、安全管理全般までが仕事となります。

具体的には、その日の天候を確認し、運行管理者が作成したフライト計画を修正、もしくは承認。飛行機内でCAと打ち合わせ。乗客が全て搭乗したのを確認後、離陸。上空では雷雲を回避したり、最適な
高度を選択し、安全に航行する。降下時は、様々な計算値を確認しながら慎重に。誘導電波やGPSにそいながら、目視で着陸。ホテルで1人かクルーの一緒に食事。朝は5時台に起き、体調を確認。

パイロットの仕事に必要な資格

ATPLという定期運送用操縦士技能証明というキャプテンとして航空機の操縦を行うために必要な免許とCPLという事業用操縦士というキャプテン以外の操縦士として航空機の操縦を行う免許が必要です。そのためには航空会社の養成学校や、航空大学を受験して取らなければなりません。そして、資格が取得できても、5年たたないと副操縦士にはなれず、キャプテンになるには15年かかります。

パイロットの仕事に必要なスキル

基本的に、頭が良くないとパイロットにはなれません。一流大学をでないとなれないくらい優秀でないとパイロットになれません。小さい頃からのパイロットが夢の場合は、小さいころから勉強しなければいけません。エリートがゆく職業です。それと、俊敏な判断力が必要です。天候や、機内の状況をみて、緊急離陸しなければならない場合だってあるのです。そんな時にきちんとした判断をしなければ安全なフライトができないのです。

パイロットの仕事のまとめ

パイロットは高収入なだけに、その分小さい頃から努力しなければなりません。そして、副操縦士になるのに5年。キャプテンになるのが15年といった長い年月がかかります。しかし夢のある、世界を飛び回れる職業です。多くの航空会社も増えたため、人員育成がこれからどんどん増えていく職業でもあります。パイロットになりたいひとは早めに、勉強をして備えましょう。

スポンサードリンク

パイロットの仕事の年収は1500万円。副操縦士になるのに5年。キャプテンになるのが15年に関連する記事

人気記事ランキング