消える職業?消えない職業?ピアノ講師の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>消える職業?消えない職業?ピアノ講師の仕事の年収・やりがい・本音

消える職業?消えない職業?ピアノ講師の仕事の年収・やりがい・本音

消える職業?消えない職業?ピアノ講師 仕事の年収・月収

ピアノ講師の収入は、働き方によって大きく変動します。
どこかの大手の教室に雇われている講師の場合、時給や決まった月収を得られ、その平均は大体約10~25万円前後と言われています。大抵は、時給換算のようです。
完全に個人でピアノレッスンを行っている場合、担当している生徒からの月謝が収入源となります。例えば、一人あたりの月謝を1万円として30人の生徒にピアノを教えていた場合、月収は30万円となり、その一年分360万円がそのまま年収になります。ただし完全に個人でやっている場合はそこから必要経費を差し引く形になりますので、実際の収入額はもっと下がります。軌道に乗るまでは、かなり収入であることは覚悟しなければなりません。

スポンサードリンク

ピアノ講師の仕事は、消える職業?消えない職業?

現在、ピアノ教室に通う生徒が減少している傾向があり、必然的にピアノ講師という職に就く人が少なくなっているというデータがあります。
ただし、ピアノという楽器自体はもっともポピュラーな楽器の一つであり、音楽大学に進学する際には必ずマスターしておかなければならない楽器です。そのため、『ピアノを習いたい』と考える人は今後も必ず存在しつづけます。
そのため、ピアノ講師という職業が消える職業となってしまうことは考えにくいでしょう。今後も消えない職業の一つといえます。

消える職業?消えない職業?ピアノ講師 仕事の将来性・安定性

ピアノ講師にとっての厳しい現実として、現在『ピアノを習おう』と考えている人の数が少なくなっているということがあります。価値観の多様化に伴い、他の習い事に人が流れているためです。
もちろん、ピアノという楽器が無くならない限りピアノ講師という仕事が無くなるということはないですが、今の状況が続けば、ピアノ講師の将来性というものはないのかもしれません。
安定性の面から言っても難しいところです。大手の教室に正社員として雇われているなら話は別ですが、アルバイトやパートとしてピアノを教えている場合や、完全に独立して講師をしている場合は、自身のがんばりがそのまま収入となります。生徒が少なければ、その分収入もありません。
安定性の面から言っても、ピアノ講師という仕事は難しいと言えます。

消える職業?消えない職業?ピアノ講師 仕事のやりがい・本音

やはり、大半のピアノ講師の方は『好きなことを仕事に出来ている』というところにやりがいを感じているようです。ピアノというものは、長い年月をかけて習得する技術です。音楽とピアノが好きでなければ身につきません。そんな大好きなことを仕事に出来ているという満足感がやりがいにつながっていると応える方が非常に多くいます。
また、ピアノ講師という仕事は、人にピアノを教える職業です。そのため生徒から『先生』と呼ばれて親しまれます。そういったところにやりがいを感じるという本音を聞かせてくれるピアノ講師の方も非常に多くいらっしゃいます。

消える職業?消えない職業?ピアノ講師 仕事の良い点

やはり多くのピアノ講師の方が『ピアノで生活が出来ている』という点を良い点と考えているようです。
また、完全に独立してピアノ講師をされている方の場合は、比較的自分の時間を作りやすく、スケジュールに融通が効くという点も良い点として挙げています。
加えて、講師という仕事は人の成長に係る仕事です。自身の生徒たちが『先生』と自分をしたってくれ、尊敬されるという点を良い点としてあげる方もいらっしゃいます。

消える職業?消えない職業?ピアノ講師 仕事の悪い点

まず、現在ピアノ講師として生活出来ている方は非常に少ないというのが現実です。仮にどこかの大手の教室に講師として雇われていたとしても、その収入は安定せず、ピアノ講師の仕事だけでは生活出来ないという方が大半のようです。この点は悪い点と言わざるを得ません。
さらに付け加えて、昨今ではピアノを習おうとかんがえる人が少なくなってきているという事実も追い打ちをかけています。今の状態が続けば、ピアノ講師として生活していくことはさらに厳しくなるでしょう。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?ピアノ講師 仕事の内容

端的にいうと、ピアノの技術を生徒に教えるのがピアノ講師の仕事です。場所は教室や生徒さんの自宅等様々ですが、そこで生徒さんがピアノを弾けるようになるように、ピアノのレッスンを実施します。
生徒さんは様々で、小学生から大人の方、音楽大学への進学を考える高校生など様々です。それらにあったピアノの教え方をしなければなりません。
ピアノ講師 仕事に必要な資格
ピアノ講師になるのに必要な資格というのは特にありません。ピアノを弾く確かな技術があり、それを人に教えることが出来れば、誰でもなることが出来ます。
ただし、やはり現状では音楽大学を出たピアノ講師の方が多いので、音楽大学を卒業している程度の学歴が合ったほうが良いようです。
なり方ですが、大学を卒業後、大手の音楽教室などに講師志望として入社するのが一番の近道のようです。

消える職業?消えない職業?ピアノ講師 仕事に必要なスキル

まず何よりも、『ピアノを弾く技術』は絶対に不可欠です。これがなければ話になりません。
また、人のものを教える『ティーチング』のスキルもそれ以上に必要になります。弾くスキルと、それを人に教えるスキルはまったくの別物ですが、それがなければピアノ講師としてはやっていけないでしょう。
意外なところで、独立した場合は『営業力』も必要になってきます。独立すれば方々で自身をピアノ講師として知ってもらう必要がありますが、それには営業スキルが不可欠です。

消える職業?消えない職業?ピアノ講師の仕事のまとめ

非常に将来の展望が難しい『ピアノ講師』という職業ですが、ピアノを弾く技術は、一度身に付ければ一生便利に使える技術です。生徒の一生を変えることになるかもしれない『ピアノ』という技術、それを伝えるピアノ講師という仕事は、非常に魅力的です。
確かに将来の見通しは明るくないかもしれません。生活に困窮する自体に陥ってしまうかもしれません。それでも、それを補って余りある魅力がピアノ講師にはあります。それがこのピアノ講師という仕事のまとめといえるでしょう。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?ピアノ講師の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング