消える職業?消えない職業?ピアノ調律師の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>消える職業?消えない職業?ピアノ調律師の仕事の年収・やりがい・本音

消える職業?消えない職業?ピアノ調律師の仕事の年収・やりがい・本音

piano

消える職業?消えない職業?ピアノ調律師の仕事の年収・月収

ピアノ調律師の仕事の年収や月収は、その人がどれくらいの顧客を抱えているかによって変わってきます。有名な楽器店に所属し、個人のお宅の調律だけではなく、コンサートなどの調律も請け負っている調律師は、年収600万円程度になりますが、個人で営業をしている調律師は、月収が20万円を越さないような事もあり、厳しい生活になっています。

スポンサードリンク

ピアノ調律師の仕事は、消える職業?消えない職業?

ピアノ調律師の仕事は、ピアノ人口の減少や電子ピアノの普及により、その間口は非常に狭いものになっています。ですから、ピアノ調律師の仕事に就くことは非常に厳しいものになりますが、ピアノコンサートは開催されていますし、学校などの施設にもピアノは常設されていますので、ピアノ調律師の仕事はこれからも消えない仕事でしょう。

消える職業?消えない職業?ピアノ調律師の仕事の将来性・安定性

ピアノ調律師の仕事の将来性は、ピアノ人口の減少や電子ピアノ普及などにより、これからの仕事の需要が少なくなるだろうという点で、非常に厳しいものになるでしょう。それに伴い、ピアノ調律師の仕事の安定性も非常に小さくなると思われます。ただし、その腕前が認められ、固定客が付き、コンスタントに受注を受けられるようになれば、その将来性と安定性は確固たるものとなります。

消える職業?消えない職業?ピアノ調律師の仕事のやりがい・本音

ピアノ調律師の仕事のやりがいは、自分の調律したピアノでイメージ通りの曲が演奏された時に感じる事ができるでしょう。また、顧客から調律の技術を褒められたり、感謝されたりした時にもピアノ調律師の仕事のやりがいを感じる事が出来るでしょう。ただ、ひとつの仕事を仕上げるのには、時間がかかるのでそれが大変だという本音も聞かれます。

消える職業?消えない職業?ピアノ調律師の仕事の良い点

ピアノ調律師の仕事の良い点は、自分の好きなピアノにいつも触って仕事ができる事でしょう。もともとはピアノを演奏するのが大好きで、そこからピアノ調律師の仕事を選択した人も多いので、生涯の仕事としてピアノにかかわれることは、うれしい事です。さらに、技術力が上がれば、周りの方に認められて、仕事の受注も増えていくのも良い点でしょう。

消える職業?消えない職業?ピアノ調律師の仕事の悪い点

ピアノ調律師の仕事の悪い点は、多くの固定客がつかない限り、収入が不安定だという点でしょう。個人宅に訪問してピアノ調律をするのに1時間ほどかかり、それで得られる収入は15000円程度です。そして、基本的に個人宅の調律は1年に1回ほどですので、最低でも300軒から400軒の固定客がいないことには生活できません。それは非常に厳しいことですので、ピアノ調律師の仕事だけでは生活していない点が悪い点でしょう。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?ピアノ調律師の仕事の内容

ピアノ調律師の仕事の内容は、基本的にピアノの音の音合わせの仕事です。その中身は、ピアノの音の音色を好み通りに変える「整音」や、鍵盤のタッチを滑らかにして弾きやすくしたりする「整調」、そしてハンマー部分の不具合などにより音が出にくくなっている箇所を修理する「修理」の3つの過程があり、それぞれに技術力が必要とされます。

消える職業?消えない職業?ピアノ調律師の仕事に必要な資格

ピアノ調律師の仕事に必要な公的な資格はありません。自称「調律師」でも構いませんが、それでは固定客はつかないでしょうから、しっかりとした技術力をつけるためには、楽器店や調律師事務所に就職することが必要になります。そのため、調律師のための専門学校や養成所をある程度以上の成績で卒業しておくことが、楽器店や調律師事務所に採用される基準となります。

消える職業?消えない職業?ピアノ調律師の仕事に必要なスキル

ピアノ調律師の仕事に必要なスキルは、まずはひとつひとつの仕事が時間のかかるものですので、忍耐力と集中力が必要となるでしょう。また、基本的に調律師の仕事はピアノの持ち主との1対1の仕事ですので、訪問した家庭との連携がうまくいかないと、次の受注につながりません。したがって、営業スキルも必要となるでしょう。もちろん、音が聞き取れるという音楽的スキルがある事は必須の条件です。

消える職業?消えない職業?ピアノ調律師の仕事のまとめ

ピアノの調律というのは、そのピアノの持ち主にとってとても気になるものです。今まで弾きにくかったタッチが軽くなったり、指が滑らかに動くようになって、曲を自分の思い通りに弾けるようになると、調律師に対する感謝は言葉に表すことができないほどのものになる事でしょう。調律師の仕事は、一人でもそういうお客さんを増やしていけるように、技術力の向上を目指して、日ごろから鍛錬していくことが必要な職業でしょう。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?ピアノ調律師の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング