ピアニストの仕事の年収は250万円から1000万円超えも!自身が納得いく演奏ができた時にやりがいを感じる

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>ピアニストの仕事の年収は250万円から1000万円超えも!自身が納得いく演奏ができた時にやりがいを感じる

ピアニストの仕事の年収は250万円から1000万円超えも!自身が納得いく演奏ができた時にやりがいを感じる

ピアニストの仕事の年収・月収

ピアニストは音楽家のため、完全に本人の実力と実績により収入が上下し、その差はかなり大きいのが現実です。そのため、一概に平均をとってもあまり意味がありません。
ピアニストの収入源は数多く有りますが、まずはコンサートの出演料。一般的な出演料は約10万円が多いようです。もちろん、本人に実力と実績があれば、出演料はよりアップしていきます。コンサートだけで年収1,000万以上を稼ぐ人は、世界的に活躍するような、一握りのピアニストだけです。
多くのピアニストは、コンサート以外にピアノ教室の講師をして収入を得ています。勤務形態や指導する相手にもよりますが、生徒さん一人あたりの一般的な月謝額は大体5,000円から15,000円と言われています。例えば生徒が20人いれば、月収20万円位になります。
その他にも、飲食店や結婚式の披露宴でのピアノ演奏などもあります。その場合ですと、お店にもよりますが大体1回の出演料が10,000~30,000円とのことです。もちろん、本人に実力と実績があれば、その限りではありません。

スポンサードリンク

ピアニストは消える職業?消えない職業?

楽器としてのピアノの価値が無くならない限り、ピアニストという職業自体はなくなることはないと断言は出来ます。
そして、ピアノは楽器としての価値が高く、長い歴史をくぐり抜けてきた楽器です。音楽大学への進学にピアノの演奏技術が必須になっている辺り、音楽に生きる人間にとって、最もポピュラーな楽器の一つといえます。
そのため、ピアニストという職業は今後も消えることはないと思われます。ただし、ピアノ教室に通う生徒の減少などから、ピアニスト同士の競争は激しくなってくるかもしれません。

ピアニストの仕事の将来性・安定性

職業としてのピアニストがなくなることは決して無いですが、だからといって安定性や将来性があるかといえば、そうでもないようです。
まず、ピアニストは完全に実力主義の世界です。たとえば大手プロダクションに所属するスタジオミュージシャンとかの場合ですと毎月安定した収入が入ってくることも有りますが、基本的には自身の実績と実力に応じて収入が決まります。そして、高収入を得ている人はほんの一握りなのが現状です。
また、ピアニストにとって辛い傾向として、現在ピアノ教室に通う生徒の数が減少傾向にあるといわれています。少子化や、習い事の多様化などがその要因のようです。
もちろん、他にもピアニストが活躍する場所はあるのですが、いずれも1回の出演でいくら……という世界ですから、本人の努力無しでは、安定した収入は得られません。

ピアニストの仕事のやりがい・本音

多くのピアニストが、『自身が納得いく演奏ができた時にやりがいを感じる』と答えます。ピアニストの仕事はピアノを演奏することですが、ただ楽譜通りに弾いただけではそれは演奏とはいえません。暗譜するほどに楽譜を読み込み、作曲者がどういう背景で、どのような気持ちでこの曲を作り上げたのかを想像し、それを表現します。イメージを深く掘り下げ、自分がイメージした通りの演奏が出来た時、ピアニストにとって何より得難いやりがいを感じるとのことです。
また、音楽には聞く人を感動させ、癒やす効果があります。そのことを利用し、社会貢献の一環としてチャリティーコンサートを開くピアニストも多くいます。それは、被災者や犠牲者を音楽の力でなんとか癒やすことが出来る…というピアニストの思いがやりがいを生むからでしょう。東日本大震災の復興チャリティーコンサートが時折行われていますが、そのコンサートには多数のピアニストたちが出演しています。

ピアニストの仕事の良い点

ピアノの演奏技術というのは、長い年月をかけて身に付ける一種の『手に職』ともいえます。そのため、その腕さえ衰えてなければ、ピアニストとしての収入を得ること自体は可能です。コンサートやお店、結婚披露宴などへの出演依頼を受けたり、講師としてピアノ教室で演奏技術を教えたりなど、ピアニストが活躍する場は今もかなり多いといえます。
ピアニスト 仕事の悪い点
ピアニストは、たとえどれだけ実力と実績があったとしても、必ず1回はスランプに陥ると言われています。時期は人によって様々ですが、スランプに陥った際の苦しみは想像を絶すると言われています。
さらに現実的な話をすると、基本的にピアニストは収入が不安定です。そのため、他の仕事をしながらかけもちでピアニストをする方が非常に多いようです。多くのピアニストはピアノ教室を開くことで収入としますが、そのピアノ教室も軌道に乗るまでは大変です。ピアニストという職業は、常に不安定であるといるのもかもしれません。

スポンサードリンク

ピアニストの仕事の内容

一番メインの仕事ですと、コンサートでの演奏になります。一つの曲を暗譜するほど読み込み、作曲者の心情に思いを馳せ、そこに自分の情感を乗せて演奏します。これは、ピアニストだけが出来る仕事です。
ピアノを習いに来た生徒さんにピアノの演奏技術を指導するのも大切な仕事です。ピアノは習い事としても大変メジャーであり、音楽大学への進学を志す学生にとっては必須ともいえる技術になります。生徒数が減ってきているというデータがあるのは先ほど述べた通りですが、それでも今後も一定のニーズはあり続けると思われます。
お店や結婚披露宴にてピアノの演奏を行うという仕事もあります。フリーランスでそういう仕事を取ってくる人もいらっしゃいますが、ピアニスト専門の派遣会社もあるようです。

ピアニストの仕事に必要な資格

ピアニストになるために必要な資格というのは特にありませんが、ピアノが弾けなければピアニストにはなれません。そして、ピアニストになれるほどの技術を身につけるには、出来るだけ子供のうちからピアノ教室に通う必要性が出てきます。”全盲のピアニスト”として有名な辻井伸行さんは4歳からピアノを習い始めていますし、フジコ・ヘミングさんも小学生の頃からピアノを習い始めています。ジャズピアニストとして有名な山下洋輔さんは、ジャズを始めたのは中学生の頃…と若干遅めですが、その前にピアノ自体は幼少から習っています。
ピアニストとしての実力を示す検定として、『クラシックピアノ検定』や『小゜ピュラーピアノ検定』、国際的なもので『英国王立音楽検定』など、ピアニストには国内外問わず数々の検定があります。ただ、ピアニストは検定云々よりもコンクール入賞等の実績で評価される側面が強いため、あまり効力がないのが実情です。一種の目安と捉えておいて下さい。
また、音楽大学に進学した場合、中学校や高校で音楽の教師になることが出来る教職を取ることが出来ます。

ピアニストの仕事に必要なスキル

どのようなジャンルであれ、ピアニストになれば毎日ピアノを引き続けることになります。そのため、なによりも『ピアノが大好き!!』という強い気持ちを持っていることがなにより重要です。
また、音感と耳の良さも必要になってきます。音感というのは音の高さを感じ取る力です。どのような音でも瞬時に楽譜として捉える事が出来る人は、絶対音感を持っています。有名ピアニストの大半がこの絶対音感を持っているとのことですが、これは訓練で身に付けることが出来ます。
加えて、『表現力』が必要です。楽譜の会社から始まり、自分なりの情感を込めた演奏をするためにも、表現力は絶対に必要です。表現力を磨くために、実際に作曲された国や場所に足を運ぶ、その国の言語を習得する等、多くのピアニストたちが表現力を磨く為の努力をしています。

ピアニストの仕事のまとめ

ピアニストには技術職的な側面とクリエイター的な側面があるといえます。幼少の頃から長い時間、鍛錬に鍛錬を重ねて演奏技術身に付けるという点では技術職ともいえますし、実力が伴わなければ収入が安定しないという点では、クリエイター色が強いといえます。なるのが非常に難しい職業であることは間違いありません。
ですがその分、活躍の場が広いのも特徴です。音楽家としてコンサートや演奏会に積極的に出演することも出来ますし、講師として次代のピアニストを育て上げることで、指導者としての喜びを感じることも出来ます。また、収入が安定しないぶん、いろいろな仕事に手を広げていく必要がありますが、その分、ピアニストとしてあらゆる場面で活躍できる機会が多いと考えれば、それほど悪いことではないのかもしれません。
確かに安定しない職業ではあります。そして実力主義で競争の激しい世界でもあります。ですがその分やりがいも大きく、あらゆる場面で活躍出来るのが、ピアニストとしての喜びではないでしょうか。

スポンサードリンク

ピアニストの仕事の年収は250万円から1000万円超えも!自身が納得いく演奏ができた時にやりがいを感じるに関連する記事

人気記事ランキング