理学療法士の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>理学療法士の仕事の年収・やりがい・本音

理学療法士の仕事の年収・やりがい・本音

理学療法士 仕事の年収・月収

理学療法士の収入は、勤務地や勤務する場所によって大きく変わるようですが、概ねそう高い収入ではないようです。具体的には、平均で年収350~500万円程度、月収では23~27万円程度と言われています。
理学療法士の収入は、初任給でその後の収入額が決定する傾向があるようです。長い間働いていても昇給の幅が少ない現状があり、結果的に初任給でその後の収入額が決まるといっても過言ではないようです。とはいえ医療系の職種にしては水準が低く、高い収入を期待した人たちが離職するケースもあるようです。

スポンサードリンク

理学療法士の仕事は、消える職業?消えない職業?

理学療法士は今後、介護の仕事に吸収されることが予見されています。理学療法士は病気や怪我で身体に障害を持った人、身体機能が衰えた高齢者の方たちに対して、医師の指導の元にリハビリを行うのが仕事です。今後は社会の高齢化にともなって介護業界の人員不足が深刻化してくることから、介護の業界が理学療法士にとっての活躍するフィールドになるのではないか……と予想されているのです。
理学療法士という職業は決して消えない職業ということは出来ますが、活躍するフィールドが劇的に変化する可能性はあります。その意味では、消える職業ということが出来るかもしれません。

理学療法士 仕事の将来性・安定性

安定性に関しては、働き方による部分が大きいようです。正社員として働いていれば、水準は低いながらも安定した収入を得ることが出来ます。ただし、生活に困る程の低い収入ではないものの、家庭を持つのは難しいようで、共働きを余儀なくされるケースが多いようです。
将来性に関しては難しく、現在需要に対して供給が多い状況がつづいています。また医療系の職種でありながら水準が低く、昇給もあまり見込めない収入などから、将来性はあまり高いとはいえないようです。

理学療法士 仕事のやりがい・本音

理学療法士の仕事は、患者のリハビリの手助けを行うことです。医師の指導の元患者さんにリハビリの提案を行い、様々な職業の人たちを巻き込んで、患者さんのリハビリを手伝い、社会復帰を応援することがその内容です。
そのため、担当した患者さんから感謝の言葉を受け取るケースが多く、『ありがとう』と言われた時に、何より強いやりがいを感じることが出来るといいます。たとえ収入が少なくとも、そのために働くという本音を持つ方もいるようです。

理学療法士 仕事の良い点

理学療法士の仕事は、基本的に患者との一対一で行う仕事です。そのため、自分一人で仕事を行う機会が多く、周囲の状況や環境に惑わされず、自分が信じた仕事を自分と患者のペースに合わせて仕事を行うことが出来ます。これは自分のペースで仕事を行いたい人にとっては良い点といえます。
また、理学療法士は国家資格です。そのため、他の職業に比べて職を失う事態になっても、職場を選ばなければ比較的新たな職場を見つけやすいというメリットもあります。もっとも、現在理学療法士は供給過多の状態が続いているため、待遇の良い職場に就職出来るかどうかは分かりません。

理学療法士 仕事の悪い点

やはり医療系の仕事の割に収入が低いという点を不満に感じている人は多いようです。収入が低いだけでなく、昇給のみ込みも低いという点は、悪い点といえます。
また、理学療法士の仕事はすぐに結果が出る仕事ではありません。リハビリのプログラムを長い間こなし、常に最善を模索しつづけることで、はじめて結果が出るものです。どんなに苦労してがんばっても、いろいろな要因で結果がまったく伴わないケースもあります。そういった点は、悪い点といえるでしょう。

スポンサードリンク

理学療法士 仕事の内容

基本的には、身体に障害を持った人や怪我を負って身体が不自由になった人、高齢によって身体機能が衰えた人に対して、医師の指導のもとに、運動療法や物理療法などのリハビリを行うのが、理学療法士の仕事です。
リハビリの方法には、運動によって関節の動きの改善や筋力の回復を目指す『運動療法』と、電気刺激や水、赤外線等を利用して薬物を用いずに治療を行う『物理療法』の二種類があります。それらを効果的に組み合わせた療法を患者に提案し、場合によっては他の職業の人たちと連携して、患者のリハビリを行っていきます。
近年では理学療法士が増加傾向にあるため、介護や福祉の分野にも理学療法士の人材が進出する傾向があります。

理学療法士 仕事に必要な資格

理学療法士になるには、国家資格の『理学療法士』を取得する必要があります。
試験を受けるためには、理学療法学科のある学校に通うか、指定の養成施設で3年間学ぶ必要があります。合格率は常に80%以上をキープしているため、キチンと勉強をしていればそう難しい試験ではないようです。
また、作業療法士の資格も併せて取得する人がおおいようです。2つの資格は片方を持っていると、もう片方の資格取得の際に学校での単位での免除が受けられるため、効率的に勉強をすすめることが出来るためです。

理学療法士 仕事に必要なスキル

特に必要なスキルとしてはコミュニケーション能力と言われています。理学療法士が相手にする患者はメンタル面で衰弱しているケースが多く、そのような状況の患者と寄り添い、相手のことを思いやって二人三脚で頑張ろうという気持ちと、それを伝え、相手を励ます事のできるコミュニケーション能力が何より大切です。
また、一人ひとり異なる症状を抱える患者に必要なリハビリは、それこそ千差万別です。その患者一人一人に最適なリハビリ計画を立て、実行に移すことの出来る応用力も必要なスキルといえます。そのためには、人体に対する深い知識や、日々進化する技術の習得が何より大切です。

理学療法士の仕事のまとめ

今日において、理学療法士が置かれた立場は決して輝かしいものではないといえます。
収入は医療系の仕事にしては水準が低く、その上あまり昇給が見込めません。供給過多の状況のため、今後はさらに収入が下がる懸念もされています。介護や福祉の業界に人材が流れていることもあり、理学療法士に置かれた立場は、現在とても苦しいものです。
しかし、怪我や病気で苦しむ患者にとっては、医師とは違う側面から手助けしてくれる貴重な存在です。患者を助け、その患者が身体機能を取り戻し、笑顔で退院していく様を見る時に感じるやりがいは、何よりも強いといいます。
確かに置かれた状況は苦しいですが、理学療法士そのものは大切で必要不可欠な職業です。強いやりがいを感じる事のできる素晴らしい職業だからこそ、一刻も早い現状の打破が必要な職業とまとめることが出来るでしょう。

スポンサードリンク

理学療法士の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング