体育教師の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>体育教師の仕事の年収・やりがい・本音

体育教師の仕事の年収・やりがい・本音

taiiaku

体育教師 仕事の年収・月収

体育教師の収入は勤務している学校や、その働き方によって変わります。
公立の中学校や高校で働いている場合は公務員扱いとなりますので、詳しくは書く自治体のwebサイトに詳しい内訳が載っています。私立の学校に勤務している場合は、扱いは会社員となります。その場合は公務員とは違った給与体系となります。
また、中学校か高校かでも大きく変わるようで、高校の体育教師の場合は平均で年収700万円、月収で43万円というデータがあり、中学校の体育教師の場合は年収約500万円、月収で35万円というデータがあります。

スポンサードリンク

体育教師の仕事は、消える職業?消えない職業?

体育教師の仕事は、いわゆる子どもの教育に携わるのが仕事です。そのため、この社会から学校や子どもといった存在がなくならない限り、体育教師という仕事が無くなるとは考えにくく、消えない職業であるということが出来ます。
特に体育教師はスポーツに携わる教師です。そのため機械やコンピューターでは決して代替の効かない職業です。消える職業となることはないでしょう。
体育教師 仕事の将来性・安定性
安定性に関しては、特に文句のつけようがありません。公立の学校で働く体育教師の場合は公務員扱いのため、その安定性は抜群です。私立の学校で働く体育教師の場合も、基本は会社員ですので、安定した収入を得ることが可能といえます。
将来性に関してはも同様に高いといえます。公立の学校で働く体育教師の場合は、毎年必ず昇給があります。私立の学校の体育教師の場合も同様に、勤続年数に応じた高い収入が期待できます。総じて将来性は高いといえます。

体育教師 仕事のやりがい・本音

子どもには、スポーツが得意な子や苦手な子、好きな子もいれば嫌いな子など様々なタイプの子どもがいます。苦手な子や好きではない子が、自分の指導方法で腕が上達し、スポーツを好きになってくれた時、なによりも強いやりがいを感じるといいます。
また、体育教師はスポーツ系の部活動の顧問をしているケースが多くあります。自信が顧問をしている部活動のチームが大会で好成績を残した時は、上記のやりがいとはまた違った強いやりがいを感じる……という本音を持っている方もいるようです。

体育教師 仕事の良い点

まずは何といっても公務員として安定した立場でしょう。公立の学校で勤務していた場合は、この安心感は何より良い点として挙げることが出来ます。
また、体育教師独特の良い点として、人をまとめ上げる能力を伸ばせるという点があります。部活動の顧問等で生徒たちをまとめ、監督する必要があるため、体育教師を続けていると、自然と人をまとめる能力が身につくといいます。これは、体育教師の良い点といえます。

体育教師 仕事の悪い点

体育教師に限ったことではありませんが、残業手当というものがありません。そのため、部活動の顧問手当というものもなく、無給になります。祝日などに大会や練習があった場合は手当を受け取ることが出来ますが、微々たる額です。このあたりは悪い点と言わざるを得ません。
また、収入にはインセンティブというものがありません。そのため、どれだけ頑張ってもどれだけ手を抜こうとも収入額は一緒です。そのため頑張りがいと嘆く体育教師の人もおり、それもまた悪い点といえます。

スポンサードリンク

体育教師 仕事の内容

学校の生徒に陸上競技や球技といったスポーツの指導を行います。体の仕組み、応急処置といった知識も教え、適度な運動で健康な身体を育むことを目指すのが、体育教師の仕事内容です。
授業以外では運動部の顧問を任されるケースも多く、その場合は部活動の顧問として部員たちを監督、指導し、生徒たちの技能向上に努めます。

体育教師 仕事に必要な資格

体育教師の仕事は基本的にには教師なわけですから、教員免許が必要です。免許には2種、1種、専修の3種類の免許があり、それぞれ取得するのに必要な条件は、2種の場合は短大の卒業、1種は大学の卒業、専修は大学院の卒業という具合にそれぞれ条件があります。
また、教員免許を取得した後は、教員採用試験に合格する必要があります。免許を取得し、採用試験に合格して、はじめて体育教師としての第一歩を踏み出すことが出来ます。

体育教師 仕事に必要なスキル

まずは運動能力が必要なスキルといえるでしょう。体育教師はスポーツを教える立場ですから、運動能力は必須なスキルといえます。
また、あくまでも教師ですから、人間性も求められるといえます。特に、自身の教え子である生徒たちを思いやる心がなければ、教師として大成することはないでしょう。
また、生徒たち一人ひとりに気を配れる観察力も必要なスキルといえます。何か悩みを抱えた生徒や、授業中に危険な身体の動かし方をしていないか等、周囲に気を配り、生徒たちを見守る事のできる観察力は必要です。

体育教師の仕事のまとめ

他の教科の教師に比べ、少し毛色が異なるのが体育教師です。スポーツを通して心身が健やかに育つのを手助けし、生徒たちが自分のレベルでスポーツを楽しめるようになることを手助けすることが、体育教師の勤めといえます。
確かに、近年では教師のかかる負担が大きいと言われ、社会問題になっています。特に体育教師はスポーツを教える立場なので、一歩間違えると大惨事に繋がる危険性があります。授業中は特に気が抜けないでしょう。
ですが、それを補って余りあるやりがいがあることも事実です。自身の指導によってスポーツが苦手だった生徒が笑顔でスポーツを楽しむことが出来るまでに成長した時は、体育教師として何物にも代え難いやりがいを感じることが出来ます。
一人の人間の成長に関わることの出来る素晴らしい職業とまとめることが出来ます。日頃の過酷な勤務も、そう考えると悪いものではないと思えるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

体育教師の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング