医薬情報提供者の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>医薬情報提供者の仕事の年収・やりがい・本音

医薬情報提供者の仕事の年収・やりがい・本音

医薬情報提供者 仕事の年収・月収

医薬情報提供者の収入は平均より高めな場合が多く、平均では年収650万円、月収約45万円というデータがあります。医薬情報提供者は一種の営業マンなので、『営業手当』や『外勤手当』、さらに売上に応じたインセンティブ報酬が就くことも多いため、それが高収入につながっているようです。
また、インセンティブ報酬として海外旅行や報奨金が支払われる場合もあり、総じて医薬情報提供者のモチベーション向上につながっています。
正社員であれば、さらに『家族手当』や『住宅手当』、転勤の際の『支度金』なども有ります。派遣社員やパートの社員の場合は、時給制の場合がほとんどです。

スポンサードリンク

医薬情報提供者の仕事は、消える職業?消えない職業?

現在、医薬情報提供者の地位が危ぶまれています。元来、医薬情報提供者は医薬品のスペシャリストであり、医薬品を購入する際の窓口となる存在なのですが、近年ではネットの発達と、医療従事者専用の専門サイトの登場により、医薬情報提供者を介するよりも、専門サイトを活用するケースが増えているためです。
現在では、特に医薬情報提供者自身が将来性を危ぶんでおり、医薬情報提供者たちの間で、自分たちの職業が消える日が近い……という議論を交わすことも少なくないようです。
以上のことから、今後医薬情報提供者という職業は消える職業となるかもしれません。今後医薬情報提供者として生き残っていくためには、かなりの覚悟が必要なようです。

医薬情報提供者 仕事の将来性・安定性

まず安定性に関しては、あまり高いとはいえません。比較的高い収入ですが、その多くは売上に伴うインセンティブによる部分も大きいためです。高い売り上げをあげれば、その分高い収入が約束されますが、逆に売り上げが少なければ、その分、収入が低くなります。そのため、安定した高い収入を得るためには、常に努力し続けなければなりません。
将来性に関しても、現在はあまり高いとは言えないのが実情です。医療従事者専用の専門サイトの登場により、医薬情報提供者の重要性が下がっているためです。年々医薬情報提供者の人数が減っていることからも、将来性の低さを物語っています。

医薬情報提供者 仕事のやりがい・本音

医薬情報提供者は、医療に携わる仕事です。医療に欠かせない医薬品の数々を医療者に届けるための橋渡しの役目を担っているのが医薬情報提供者です。
人々の日々の生活や健康に関わる仕事なため、深い知識や勉強の欠かせない仕事ですが、その分、人の役に立っているというやりがいを感じることが出来ます。
また、人によっては、その深い知識で医療従事者との議論を行う場合もあり、そういう機会は負他の仕事では中々設ける機会がなく、その点をやりがいに感じるという本音を持っている人も多いようです。

医薬情報提供者 仕事の良い点

総じて、待遇の良さを良い点として挙げる人が多いようです。営業マンのため時間の融通が効き、給与水準が比較的高く、仕事をして売り上げを上げれば上げた分だけ収入増に繋がる……という点を、良い点として挙げる方が多いようです。
また、仕事相手は基本的に医療従事者で、自身よりも頭のいい人と話をするケースが多いようで、そういった場合大きな刺激を受け、知的好奇心が揺さぶられるケースが多い……というのを良い点として挙げる人もいます。

医薬情報提供者 仕事の悪い点

多くの医薬情報提供者の人が『医薬情報提供者に未来はない』といいます。これは多くの医薬情報提供者の人が感じているようで、このことに危機感を持つ人が非常に多く、これは現状の医薬情報提供者という職業が抱える悪い点といえます。
また、インセンティブ報酬が多い分、売り上げがなければ収入がアップしないという点も悪い点といえます。自身の実力に自身があればよいですが、そうでない場合、これは悪い点として大きなプレッシャーとなるでしょう。

スポンサードリンク

医薬情報提供者 仕事の内容

基本的には、製薬会社と病院の架け橋となるのが医薬情報提供者です。自分が所属する製薬会社が取り扱う医薬品の知識を現場で働く医師や看護師に的確に伝え、自社の医薬品を売り込むのが主な仕事内容です。
また、逆に自社の医薬品が患者にもたらす影響や、現場で発覚したその医薬品の特徴などを製薬会社にフィードバックするのも、医薬情報提供者の大切な仕事です。そういった仕事を繰り返し、さらなる医薬品の品質向上につなげます。

医薬情報提供者 仕事に必要な資格

医薬情報提供者になるのに必要な資格は特にありません。同じく医薬品を扱う職業として薬剤師と比べられるケースもありますが、国家資格が必要な薬剤師と異なり、医薬情報提供者には必要な資格というものはありません。
なり方ですが、学校を卒業した後に製薬会社に就職するのが一般的です。また、医薬品の専門家ということから医学部、薬学部、理学部といった学部の勉強をした方が有利と思われることも多いですが、実際にはそういったことはないようです。ただし、四年制大学の卒業を条件として挙げる企業が多いので、大学は卒業しておいたほうが良いでしょう。

医薬情報提供者 仕事に必要なスキル

まず、何よりも医療に関する知識が必要になります。特に、自社の医薬品に関する情報は網羅していかなければなりません。また、医師や看護師の人と場合によっては話し合いをする場合もあり、医薬品に限らず医療分野への深い知識がなければ務まらないでしょう。
加えて、医薬品の営業マンなわけですから、営業スキルも必要になります。自身の収入を挙げるためにも、うまく売上を伸ばしていくスキルは必ず必要です。
実際に覚える事はとても多いですが、ただ知識を詰め込むだけでなく、知識と経験に基づく正しい判断、そして親しみやすさが医薬情報提供者には必要です。

医薬情報提供者の仕事のまとめ

水準の高い収入やその自由な働き方、インセンティブの高さ等から一時期注目されていた医薬情報提供者という仕事ですが、近年ではその将来性が疑問視されています。近年では医薬情報提供者の数も年々減少しており、インターネットの普及により、その重要性も薄まってきているのが現状です。
ですが人々の生活に役立ち、命を助ける医療という分野に携わる、とても重要でやりがいの大きい仕事です。看護師や医師といった人々と会話をすることで、自身の勉強にも繋がる機会が多く、勉強が好きな人にとっては天職といえる部分も大きいのが、医薬情報提供者という仕事です。インセンティブによる水準の高い収入もまだまだ健在なので、がんばって結果を残すことができれば、高い収入が約束されます。
端的に述べると、『収入は高いが、先行きが不透明』といえます。中々厳しいですが、これが医薬情報提供者という仕事を端的にあらわしているといえます。

スポンサードリンク

医薬情報提供者の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング