パティシエの仕事の年収・やりがい・本音はコレ

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>パティシエの仕事の年収・やりがい・本音はコレ

パティシエの仕事の年収・やりがい・本音はコレ

patissier

パティシエ 仕事の年収・月収

一人前のパティシエになるには時間がかかるため、
キャリアごとに年収・月収は変わってきます。

見習いや名店のスイーツを手がけるパティシエ、
自分のお店を開くほどのパティシエなどさまざまです。

アルバイトや見習いの段階では、
パティシエの月収は15万円から20万円、

年収では200万円から300万円ほどですが、
経験を積んで名の知れたパティシエになれば、
数千万円に上る年収も夢ではありません。

スポンサードリンク

パティシエ 消える職業?消えない職業?

飲食産業全体では停滞、または縮小傾向も見られ、
消える職業も現れつつあるのが現状です。

しかし近年のスイーツブームは女性だけでなく男性も巻き込み、
いまだ広がりを見せつつあります。

それに合わせて、
さまざまな観点から
オリジナリティーあふれるスイーツが創り出され続けています。

プロの感性と技を持つパティシエは
消える職業ではなく、今後も消えない職業だと言えるでしょう。

パティシエ 将来性・安定性

パティシエの活躍が期待できる場所と言えば、
かつては都心部に構える大規模なメゾンでした。

しかし、いわゆるお取り寄せによってスイーツを楽しむ方や、
隠れ家的なお店でスイーツを楽しみたいという方が増えるなど、
その楽しみ方は多様化しています。

消費者側の多様化によって
働き方やコンセプトも一辺倒でなくなり、
将来性は増しました。

ただ、独創性や美的センスのほか体力や実力などに
大きく左右される職業なので、
安定性は望めない場合もあります。

パティシエ 仕事のやりがい・本音

パティシエには幼い頃からお菓子が大好きな人が多く、
その大好きなお菓子を自分の手で日々作り出せることが仕事のやりがいであり本音です。

また、経験を積めばオリジナルスイーツを考えてお客様に提供することができます。
シンプルな材料を目の前にし、一から想像を膨らませて作る瞬間は、
わくわくとした何とも言えない気持ちがこみ上げ、やりがいを感じられます。

パティシエ 仕事の良い点

パティシエの仕事の良い点は、
やはり自分のセンスを生かして見た目から美味しいスイーツを作れることと言えます。

独自のセンスがあふれるお菓子をイメージ通りに作れたときや、
そのお菓子を食べたお客様の笑顔を目にしたときの喜びを感じられるのは
パティシエならではです。

甘いものは人を幸せな気持ちで満たします。
そのお手伝いができるところが最大の良い点でしょう。

スポンサードリンク

パティシエ 仕事の悪い点

パティシエの仕事の悪い点は、
技術を身につけ一人前になって
オリジナルスイーツ作りを任されたり独立したりするまでに、
大変な時間がかかる点です。

しかも、一人前になるまでの見習いのうちは
雑用などもこなす必要があるために、

勤務時間が長めになることも多々あり、
それでいて収入はよくありません。

また、パティシエの仕事は実力主義的ですが、
それ以前にかなり体力勝負である上、
怪我をしやすいことも悪い点と言えます。

パティシエ 仕事の内容

パティシエは主に洋菓子作りを手がける人の事を指しますが、
詳細な仕事の内容はお店によって異なります。

比較的小規模なお店の場合は、
素材の状態から完成まで一貫して1人で行うこともあります。

一方で大規模なお店では、
スイーツの種類や工程によって分業制で行うことが一般的な内容です。

ホテルやレストランではもちろんスイーツ作りを担当し、
特に盛りつけのセンスが重要視されます。

パティシエ 仕事に必要な資格

パティシエになるために必ず必要な資格はありません。
しかし、取得すると就職や一流のパティシエを目指すにあたって
有利に働く国家資格があります。

それは「製菓衛生師」や「菓子製造技能士」、「食品衛生責任者」です。
これらの資格によって、製造技術や衛生面の管理などについて
一定以上の知識があることを証明できます。

パティシエ 仕事に必要なスキル

基本的にはお菓子が好きであることが大前提、
それに加えて資質として体力や独創性、美的感覚が仕事に必要なスキルです。

必ずしも調理師学校や製菓の専門学校などに通う必要はありませんが、
まずは食事や調理、健康についての幅広い知識やお菓子作りの基本を身につけます。

そしてパティシエとしてスキルにさらに磨きをかけるため、
修業を積んでいくのです。

スポンサードリンク

パティシエの仕事の年収・やりがい・本音はコレに関連する記事

人気記事ランキング