パタンナーの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>パタンナーの仕事の年収・やりがい・本音

パタンナーの仕事の年収・やりがい・本音

patanner

パタンナー 仕事の年収・月収

パタンナーの収入は勤務先の会社の給与体系や働き方によって変わります。特にパタンナーだからといって特別に収入が高かったり低かったりするわけではなく、一般的な社員と同じ給与形態で支払われるのがほとんどです。
平均を取ると、年収が約400万円、月収が25万円となっており、全国平均よりやや低い水準となっています。腕があり、第一線で活躍するパタンナーの人の場合は、年収600万をオーバーする人もいるようです。また、非常に優秀なパタンナーの方の場合、通常の給与体系とは別次元の高収入を得る場合もあります。
中には独立している人もおり、そういった人の場合ですと、収入はさらにアップする場合もあります。

スポンサードリンク

パタンナーの仕事は、消える職業?消えない職業?

人間の生活に欠かせないものである衣食住の一角を担う衣に関わる仕事ですので、パタンナーの就職先になるアパレル業界が無くなるという事態は考えにくいことです。
加えて現在、日本はファッションの発信地としての地位を高めつつあります。そのため、日本のアパレル業界の将来は明るいといえます。
ですので、そのアパレル業界の一角を担うパタンナーという職業が消える職業となることはないでしょう。消えない職業として残り続けていくものと考えられています。

パタンナー 仕事の将来性・安定性

ファッション業界は、会社ごとの浮き沈みが激しい業界であることが知られています。大ヒット商品を生み出したメーカーが数年後に倒産するという事態も少なくありません。そのことから考えると、安定性に関しては他の職業に比べて若干低いといえます。
将来性に関してですが、クライアントの意向を的確に汲みとった型紙を作成出来るパタンナーになれた場合、引く手あまたのパタンナーとなり、その分収入も上がります。ですが基本的にパタンナー志望の人は多く、求人も多いため、そうなれない場合は他のパタンナーに埋もれてしまい、収入も低いままとなります。そのため、将来性に関しては、本人次第というところが大きいでしょう。

パタンナー 仕事のやりがい・本音

パタンナーの仕事は基本的に裏方になりますが、自身がパタンナーとして手がけた服が街中の服屋さんで飾られていた時や、その服を着ている人を街中で見た時、パタンナーとして大きなやりがいを感じるという人がとても多くいます。
また、パタンナーの仕事は一種のものづくりです。たくさんの人と力を合わせて、一着の服を作り上げていきます。専門知識と技術を持った人たちと共に服を完成させたときの達成感は何物にも代え難い……という本音を持っている人も少なくないようです。

パタンナー 仕事の良い点

パタンナーの仕事は、一種の職人的な仕事です。腕を磨けば、デザイナーから『パタンナーは○○さんで』という風に名指しで指名されることもあります。海外から仕事を受注出来るケースもあり、その時はパタンナーとしての成長を実感できる瞬間といえます。自身の腕によっては活躍の場が大きく広がるという点は、良い点であるといえます。
また、パタンナーの仕事はスキルありきですので、確かな腕があれば収入アップや独立も夢ではない部分もあり、その点もまた、良い点であるといえます。

パタンナー 仕事の悪い点

洋服の企画・生産の際には、事前に計画されたスケジュールにそって作業が進行していきます。そのため、パタンナーの仕事がスケジュール通りに進まなかった場合、あとの作業がすべて後ろ倒しになってしまい、後工程に関わるすべての人々に多大な迷惑がかかります。それだけ、パタンナーという仕事はプレッシャーのかかる重要な仕事なのです。プレッシャーの中で仕事をしたくない人にとっては、この点は悪い点であるといえます。
また、パタンナーの仕事は基本的に裏方で、目立つことがありません。どれだけ素晴らしい服を手がけたとしても、注目が集まるのはデザイナーの方で、パタンナーとして名が知られることはほとんどありません。脚光を浴びること事態が少ない職業ですので、目立ちたい人にとってはこの点は悪い点であるといえます。

スポンサードリンク

パタンナー 仕事の内容

デザイナーの人がデザインを手がけた段階では、まだ紙の上に描かれた平面的なデザインでしかなく、それを元に衣装の型を書いた型紙を作ることで、はじめて立体的な服を生産する事が出来ます。その型紙を作ることが、パタンナーの仕事となります。
実際にはデザイナーと共に二人三脚で作業を進めていくことになります。デザインの意図を製作に把握し、着心地やシルエットを考慮して型紙を製作していきます。ちょっとしたズレで着心地が変わってしまうため、精度の高さが求められます。パタンナーによって最終的な服の出来が左右されるため、腕の良いパタンナーは業界内では引く手あまたの状態となっています。

パタンナー 仕事に必要な資格

パタンナーになるのに必要な資格は特にありません。すでに現役で活動しているパタンナーの人たちの中にも、無資格で働いている人はとても多くいらっしゃいます。
パタンナーに関わる資格として『パターンメーキング技術検定』というものがありますが、必須ではありません。ただし就職には有利に働くようです。
また、今日では型紙の作成にCADを使用するケースも多く、『CAD利用技術者検定』の資格を取得しておくと、現在主流であるCADにも対応できる証明になるため、さらに有利に働くでしょう。

パタンナー 仕事に必要なスキル

まずは型紙製作技術とファッションに関する幅広い知識でしょう。生地の種類や特性、裁縫の仕方などをキチンと把握し、どのように型紙を作ればデザイナーの意図をキチンと表現出来るかが想像出来る能力が、パタンナーには必須のスキルといえます。
また近年では、型紙を作る際にCADを利用するケースが増えています。そのため、CADに関する知識、使いこなすスキルも、今後は必要なスキルとなるでしょう。
加えて、パタンナーは型紙を作るだけでなく縫製や編み立てなどの現場で働く人たちに指示を出す機会もあります。そういった場合にはコミュニケーション力が必須です。

パタンナーの仕事のまとめ

ファッション、アパレル業界と聞くととても華やかなイメージがありますが、パタンナーの仕事はそのイメージとは裏腹な、裏方でとても地味な仕事です。
ですが、パタンナーは業界では必須ともいえる職業です。パタンナーの腕は最終的な服の仕上がり、着心地に関わってくるので、腕の良いパタンナーは、デザイナーからご指名を受ける機会がとても多いのです。腕によっては収入アップや独立も夢ではない職業のため、人気も非常に高い職業です。
『ファッション業界の縁の下の力持ち』というのが、パタンナーの仕事のまとめといえます。

スポンサードリンク

パタンナーの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング