牧師の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>牧師の仕事の年収・やりがい・本音

牧師の仕事の年収・やりがい・本音

Pastor

牧師 仕事の年収・月収

牧師の仕事の年収や月収については明確な金額が決まっておらず、所属するプロテスタント教会によって支払われる「謝儀」によって異なります。また、所属する教派によって定められた金額があり、それに満たない場合は教会が所属する地区からの補助金という形で不足分が補われます。
牧師は毎月の献金や、教会が運営する幼稚園などの園長としての給料を得るなど、人によって年収は大きく異なりますが、多くの場合は年収も200万円に満たない状況です。

スポンサードリンク

牧師は、消える職業?消えない職業?

牧師は今後も消えない職業ですが、日本全国のキリスト教信者の数が減少してきており、新しい信者も増えにくい状態が続いています。現在の信者も高齢化が進んでおり、存続が難しくなっていく傾向となっています。
牧師としての職業を維持するために、まずは信者を増やす活動を行っていく必要があります。宗教への不信感を取り除き、新しい宣教を続けていかなければなりません。

牧師 仕事の将来性・安定性

牧師の仕事の将来性は、キリスト教の布教に大きく繋がるため現状は難しい状態が続いています。若い人々にも布教するため、インターネットやSNSなど新しいツールを駆使していくことも必要になってきます。
牧師は教会で仕事をするだけでは満足な収入を得ることができず安定性が無いため、アルバイトをして収入を得る人もいます。必要最低限の生活はできますが、安定性のある収入を得ることが難しい仕事でもあります。

牧師 仕事のやりがい・本音

牧師の仕事のやりがいは、悩みを抱える人を助け、信仰の力を信じて救済や神の言葉を伝えます。そうして人々に力を与える事が、牧師としてのやりがいとなっていきます。
牧師は次世代にキリスト教を伝える活動を行う他、洗礼や臨終の時に魂が天に召されるよう儀式を行うこともやりがいにつながっていきます。
しかし、年々信者の数が減少してきており、日本でキリスト教を伝えていくために努力しなければならないのが本音です。

牧師 仕事の良い点

牧師の仕事の良い点は、人々の悩みを聞いて助けるための手助けができる点です。
牧師という職業はキリスト教の信仰を伝える役割のほか、人の悩みを聞き、信仰の力で癒しを与えるものです。また、教会は自由に出入りでき、信者以外の人でも悩みを打ち明けに来ることができます。
そうした人々の話を聞いて生きる力を与えられる事が牧師の仕事の良い点です。

牧師 仕事の悪い点

牧師の仕事の悪い点は、仕事として生活をしていくには収入の面で厳しい財政状況になりやすい点と、牧師以外の活動も多く忙しくなりやすい点です。
牧師の収入は教会から支払われる謝儀以外に、収入を安定させるため学校の講義や執筆活動、語学指導などを行います。また、教会の管理や議会への出席など多忙な日々を送っています。
こうした副業の時間が多くなりやすく、布教活動の時間が取りにくいのも悪い点です。

スポンサードリンク

牧師 仕事の内容

牧師の仕事の内容は、教会で礼拝を行います。その他に洗礼や最後の晩餐を再現した「聖餐式」を執り行います。儀式を執り行うのは牧師が行う大切な仕事であり、もっとも重要なものです。
牧師は人々に対するカウンセリングを行っており、早朝の祈祷会や家庭に出向いて行う家庭集会などで信者の相談に乗っています。こうした時間を定期的に取り仕事を続けていきます。

牧師 仕事に必要な資格

牧師になるための資格は必ず必要ではありませんが、「召命」が必要となり、神に聖職者となるように呼びかけられる事で牧師と認められます。
一般的には牧師になるため各教派の神学校、大学の神学部で学ぶ事となります。さらに牧師になる為には洗礼を受けてから3年以上の信者である事が求められます。また、教派によっては女性牧師を認めているところもあります。

牧師 仕事に必要なスキル

牧師の仕事に必要なスキルは、人々の悩みを聞きアドバイスを送るためのコミュニケーション能力と、強い信仰心です。
牧師が信仰心を強く持ち、それを信者に伝える事でキリスト教の教えを伝え、神の言葉を後世に伝えていく事が牧師の使命でもあります。牧師を仕事として見てしまうと正しい教えを伝える事ができない為、生き方そのものとして牧師の仕事を行う強い信仰心が必要なスキルです。

牧師 仕事のまとめ

牧師の仕事は、教会で人々の悩みを聞いたり、布教活動を行いキリスト教の教えを伝えます。
牧師の仕事場でもある教会には信者のほか信者以外の人も訪れます。教会に訪れる人は何かしら悩みを持っている事も多く、話を聞いて人々に生きる力を与えます。
牧師はあまり収入を得る事ができないため、講義や執筆活動などの副業をする人が多く、毎日が忙しい仕事でもあります。

スポンサードリンク

牧師の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング