パッケージデザイナーの仕事の年収は350万円から600万円。やりがいはデザイン1つで商品の売上げが大きく変わり、優れたデザインの商品は何十年も残ること

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>パッケージデザイナーの仕事の年収は350万円から600万円。やりがいはデザイン1つで商品の売上げが大きく変わり、優れたデザインの商品は何十年も残ること

パッケージデザイナーの仕事の年収は350万円から600万円。やりがいはデザイン1つで商品の売上げが大きく変わり、優れたデザインの商品は何十年も残ること

パッケージデザイナーの仕事の年収・月収

パッケージデザイナーの多くは、一般のサラリーマンと同じ給料制で、デザイン事務所などでは初任給は18万~20万円、メーカーの場合は規模によって月収も大きく異なるようです。経験を積んだパッケージデザイナーの年収は350万~600万円と幅があり、独立してフリーランスで活躍しているベテランのパッケージデザイナーになれば、年収1,000万円を越える人もいますが、数は少ないようです。

スポンサードリンク

パッケージデザイナーの仕事は消える職業?消えない職業?

優れたパッケージデザインは、多くの消費者に末永く愛されることによって、商品そのものの持つイメージとともに、その企業イメージを浸透させ、定番商品はブランドの“顔”ともなります。それだけにパッケージデザイナーの果たす役割は大きく、消える職業、消えない職業のどちらかと言えば、時代を経てもパッケージデザイナーは「消えない職業」として活躍していくことでしょう。

パッケージデザイナーの仕事の将来性・安定性

パッケージで売れ行きが左右されることもあり、消費者から人気を得られると、時代の顔として長く愛されるように、商品の売上増を目指す企業にとって、より良いパッケージをデザインできるパッケージデザイナーの存在は、将来的にますます求められていくものと思われます。したがって、消費者が思わず手に取りたくなるようなパッケージをデザインできるパッケージデザイナーの将来性・安定性は、今後ますます大きくなっていくものと思われます。

パッケージデザイナーの仕事のやりがい・本音

パッケージデザイナーの仕事は、多くの人の購買意欲を動かし、経済活動に貢献する、大変やりがいのある仕事です。実際パッケージデザイナーの人に本音を聞くと、デザインを生み出す苦労もあるが、自分の生み出したデザインが消費者に愛され、メーカーの顔にまでなるかもしれない期待感がモチベーションとなって、仕事を続ける原動力になっているとの本音が聞けました。

パッケージデザイナーの仕事の良い点

パッケージデザイナーの仕事の良い点とは、何といっても、デザイン1つで商品の売上げが大きく変わり、優れたデザインの商品は何十年も残ることです。食品、化粧品、日用品など身近なもののパッケージをデザインする、パッケージデザイナーの活躍できる場は広く、自分のデザインが社会に大きな影響力を与えることができるのも、この仕事の良い点と言えるでしょう。

パッケージデザイナーの仕事の悪い点

あえて悪い点を挙げるとしたら、デザインの提案時には10~20種類、場合によっては100種類を越えるパッケージを制作する必要があるため、締め切り前には長時間労働を強いられることが多いという点です。また、結果が勝負の仕事のため、日々プレッシャーとの戦いであることも、仕事の悪い点と言えるかもしれません。

スポンサードリンク

パッケージデザイナーの仕事の内容

パッケージデザイナーの仕事内容とは、お菓子や化粧品など商品の内容や魅力が消費者によく分かるよう、容器・包装などのパッケージデザインをすることです。詳しい仕事内容の流れとしては、まず商品内容やターゲット、会社のイメージ、使用する素材と商品の相性などを考慮するアイデアレベルから、思わず手が伸びるようなデザインを生み出す形にしていきます。

パッケージデザイナーの仕事に必要な資格

パッケージデザイナーになるためには、一般的に美術系の大学や短大、専門学校でデザインを学んだ後、デザイン事務所や、メーカーの企画・開発部門、デザイン室などに就職します。国家資格などの特別な資格がなくてもなることはできますが、デザインの技術だけではなく、マーケティングや商品知識など、多方面の知識が必要になります。資格よりも経験がモノを言う世界なので、グラフィックデザイナーとしていろいろなもののデザインを経験するのも勉強になるでしょう。また、色を多く扱う仕事だから、色彩の勉強もしておきたいところです。

パッケージデザイナーの仕事の必要なスキル

この仕事に必要なスキルとしては、最低でもレイアウトを行うIllustrator(イラストレーター)、画像処理を行うPhotoshop(フォトショップ)、書籍や雑誌のページ物を作成するInDesign(インデザイン)などのDTPソフトの操作はできる必要性があります。また仕事の性質上、商品の内容や魅力を的確に捉えるための理解力も、パッケージデザイナーの仕事をしていくうえで、必要不可欠なスキルと言えるでしょう。

パッケージデザイナーの仕事のまとめ

年収は、勤務先のメーカーの規模によって異なり、300万円~650万円と幅があります。しかし独立すれば、中には年収1000万円を超える人もいるようです。同じ中身の商品でも、パッケージを変えるだけで売上げが伸びたりするなど、パッケージデザイナーの仕事は、社会の中で人々の購買意欲に火を点けたり、経済を活性化する大きな役割を果たすので、大変やりがいのある仕事と言えます。特別な資格は必要ありませんが、デザインをするための最低限のソフトの操作方法の取得、ならびに、デザインの技術だけではなく、マーケティングや商品知識など、多方面の知識が必要になります。また、商品の内容や魅力を的確に捉えるための理解力も、パッケージデザイナーとしてやっていくためには必要なスキルと言えるでしょう。経験がモノを言う世界なので、パッケージに限らず、いろいろなもののデザインを経験するのも勉強になると思われます。

スポンサードリンク

パッケージデザイナーの仕事の年収は350万円から600万円。やりがいはデザイン1つで商品の売上げが大きく変わり、優れたデザインの商品は何十年も残ることに関連する記事

人気記事ランキング