お笑いタレントの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>お笑いタレントの仕事の年収・やりがい・本音

お笑いタレントの仕事の年収・やりがい・本音

owarai

お笑いタレント仕事の年収・月収

お笑いタレントの年収は、売れているか?売れていないかで決まります。お笑いだけの給料が1桁なんてこともざらのようで、チケットを売らなければならない場合はマイナスになることも。売れるまでは、バイトなどをしている人も多いです。しかし、テレビなどで活躍することができれば、月収や年収は跳ね上がります。
明石家さんまさんで推定5億~8億円。27時間テレビにでるだけで1000万稼ぐんですからそのくらいは行くでしょう。最近売れっ子のあばれる君の年収は600万円、月収も100万をもう超えているので、このままテレビに出続けられたらもっと上がっていくでしょう。それに一発屋だと思われていたゲッツ坂野さんは、2011年から営業などでひそかに売れ続け、CM契約などで今は年収3000万円あるそうです。

スポンサードリンク

お笑いタレント消える職業?消えない職業?

お笑いタレントはお笑いをするだけでなく、今では司会業や、ひな壇で番組などを盛り上げることや、地方の営業というのも盛んにあります。そして、事務所によっては、劇場を持っているので定期的にライブなどが行われています。なので消えない職業でしょう。しかし、お笑いタレントとして人気がなくなり自分自身が消えて行ってしまう職業でもあるので厳しいお仕事です。

お笑いタレント将来性・安定性

お笑いタレントの将来性については、どれだけ売れる人に愛されるタレントになるか?自分の居場所を確保することが大事です。そして安定するためにもその都度、ニーズにこたえて瞬時にお笑いに変えていかなければいけません。頭の回転が良くないと生き残れません。安定するということはテレビ業界ではなかなかないことです。

お笑いタレント仕事のやりがい・本音

お笑いタレントの仕事のやりがいとは、人に笑ってもらえる、面白いと思ってもらえるそしてテレビ業界に必要とされることです。本音としては、どんどん売れていくのはうれしいのですが、花の命は短いようにタレント生命というのも、短いものです。いつ落ちていくか?という怖さも一緒についてくるのです。しかし、テレビにでれば出るほど知名度が上がり、ギャラの単価がアップしていきます。そういったお金の評価が早くでる職業です。

お笑いタレント仕事の良い点

お笑いタレントの良い点は、面白いものを世に広められ、見てくれる人を笑顔にできることです。そして人気者になれば、普通の会社員よりも稼げることができるのです。そしてテレビの取材などで他の仕事よりもさまざまなことが体験できるのです。そしてモテない人でもモテたりします。女性のお笑いタレントさんはなかなか難しい場合もあります。

お笑いタレント仕事の悪い点

お笑いタレントの悪い点は、売れるまでが大変ということです。いつブレイクするかはわかりませんが、芸歴10年以上でまだテレビにでたこともない人などもたくさんいます。そういった苦しい時期を乗り越えられるか?という点が必要になります。女性お笑い芸人の場合は婚期が遅れる傾向もあります。それと、過酷な企画がある場合は体を張って危ないことまでしなくてはいけない場合もあります。

スポンサードリンク

お笑いタレント仕事の内容

お笑いタレントの仕事の内容は主に、テレビ番組などでおもしろい言葉や、表現で観客を笑わせるというのがお仕事になります。しかし、今はテレビの司会者などで、ゲストをいじったりすることで笑いに変えている人もたくさんいます。そのほかは地方の営業でお笑いをしたり、劇場などで定期的にお笑いライブなどをしています。

お笑いタレント仕事に必要な資格

お笑いタレントに必要な資格はありません。しかしいろんな人を観察したり洞察力をもってお笑いを作り出さなければいけません。共感ができるお笑いでなければ誰も理解できないですからね。お笑いの基礎を学ぶために、養成所が各事務所にあります。お笑いの専門学校ですね。そういったところへ行き基本を学んで、先輩などに勉強することができます。

お笑いタレント仕事に必要なスキル

お笑いタレントに必要なスキルは自分をアピールするためのプレゼンスキルや、いろんな要望に応えるための対応能力や、コミュニケーション能力が必要になります。そしてお笑いタレントはおもしろいことを常に考えていなければいけないので、お笑いセンスも必要になってきます。それと、わかりやすいお笑いのほうが今は流行安いので、流行と個性を結び付けなければいけません。

お笑いタレント仕事のまとめ

お笑いタレントというお仕事は、自分がおもしろいと思っていてもたくさんの人が笑ってくれなくては意味がありません。お笑いタレントとして売れるまでは大変だとしても、売れてテレビなどに定期的に出られるようになれば、収入は、会社員よりもいいものとなるでしょう。お金を稼ぎたい人にとっては夢のある職業といえます。

スポンサードリンク

お笑いタレントの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング