アウトドアインストラクターの年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>アウトドアインストラクターの年収・やりがい・本音

アウトドアインストラクターの年収・やりがい・本音

アウトドアインストラクター 仕事の年収・月収

アウトドアインストラクターの仕事の月収は、高卒で15万円、短大卒で17万円、大卒で20万円、年収はおよそ180万円から250万円となります。
また、アウトドアインストラクターをアルバイトで行う場合は時給1000円程度となります。
ボランティアに近い形で活動することが多く、あまり高い年収を得ることができない傾向にありますが、ショップ経営や人気の観光地で働く場合は月収30万円ほどとなります。

スポンサードリンク

アウトドアインストラクターは、消える職業?消えない職業?

アウトドアインストラクターは今後も消えない職業です。
人々の趣味が多様化し、アウトドアで行うレジャーやスポーツを楽しむ人が増えてきています。そうした需要もありアウトドアインストラクターの仕事も増えてきています。
アウトドアインストラクターといっても仕事の内容は様々で、山や川を歩いたり、カヌーに乗ったり、危険な崖を登ったりと、各分野に応じた専門性が求められています。イベントの企画運営を行う会社もあるため、今後も消えない職業です。

アウトドアインストラクター 仕事の将来性・安定性

アウトドアインストラクターの仕事の将来性は、キャンプ場でテントを張るだけではなく、ハイキングやリバーウォッチング、ダイビングなど多種多様なものがあるため、専門的な知識を持つアウトドアインストラクターは需要があります。
特に危険を伴うウォータースポーツ、スカイスポーツは個人で行うには資格や経験が必要なものも多くあります。専門の会社で仕事として働くことができれば安定性のある収入を得られます。

アウトドアインストラクター 仕事のやりがい・本音

アウトドアインストラクターの仕事のやりがいは、自然と関わる仕事でもあり、人々に自然の素晴らしさが伝わった時にやりがいを感じます。また、利用者が安心してアウトドアを体験し、喜んでくれた時にもやりがいを感じます。
しかし、アウトドアインストラクターは活動内容によって取り扱う道具や活動場所が異なり、危険を伴う場合があるのが本音で、事故を起こさないようしっかりとした知識が求められます。

アウトドアインストラクター 仕事の良い点

アウトドアインストラクターの仕事の良い点は、自分の持つ技術を生かした仕事ができる点と、人々に対して自然の素晴らしさを伝えられる点です。
アウトドアインストラクターは海や山、空など仕事とする場所によって異なるインストラクターとなります。そうした専門的な知識と技術を最大限生かせる仕事でもあります。
また、自然保護や環境教育系のインストラクターは、社会に対して自然の必要性をアピールできるのも良い点です。

スポンサードリンク

アウトドアインストラクター 仕事の悪い点

アウトドアインストラクターの悪い点は、季節によって仕事ができなくなるレジャーやスポーツがある点と、危険が伴うため常に冷静な対応が求められる場合がある点です。
アウトドアインストラクターは利用者が未経験の場合、大きな事故にならないよう注意しなければならず、指導の仕方も学ぶ必要があります。
また、資格が必要なレジャーやスポーツもあり、誰でも仕事にすることができない場合があるのも悪い点です。

アウトドアインストラクター 仕事の内容

アウトドアインストラクターの仕事の内容は、レジャーやスポーツをする利用者に対して指導を行い、安全にアウトドアでの体験をしてもらいます。スキューバダイビングやスキーなど、専門的な道具が必要な場合はその使い方を指導して安全を確保しなければなりません。
また、キャンプやサイクリングなどを指導する場合は教育的な目的も多く、単純に用具の使い方だけではなく、自然との向き合い方や自然体験の必要性をアピールすることもアウトドアインストラクターの仕事の内容です。

アウトドアインストラクター 仕事に必要な資格

アウトドアインストラクターの仕事に必要な資格はありませんが、指導するレジャーやスポーツによっては専門の資格が必要な場合があります。また、アウトドアインストラクターとして指導をするための認定資格も定められていることもあり、無資格では仕事ができないものもあります。
例えば「スキューバダイビング」の場合はCカードと呼ばれる資格が必要となり、「自然観察指導員」は養成講習会を受けることで自然活動系のインストラクターとして働くことができます。

アウトドアインストラクター 仕事に必要なスキル

アウトドアインストラクターの仕事に必要なスキルはそれぞれの活動内容によって異なりますが、専門的な知識とコミュニケーションスキルは必要不可欠です。
アウトドアインストラクターは、指導する利用者が未経験や初心者の場合も多く、適切な道具の使い方や安全確認の方法を指導してトラブルを起こさないようにします。また、利用者の年齢層も幅広く、小さな子どもからお年寄りまで様々です。そうした利用者に対する適切な指導のための専門知識が必要なスキルとなります。

アウトドアインストラクター 仕事のまとめ

アウトドアインストラクターの仕事は、屋外で行われるレジャーやスポーツなどを指導し、専門的な知識が求められる仕事です。
アウトドアインストラクターになる為の資格は様々で、無資格でもできるものから講習認定を受ける必要があるもの、国家資格や認定試験を受けるものまで様々です。インストラクターとして仕事をする為の専門知識と経験を多く得ておき、利用者とコミュにケーションを取りながら適切な指導を行います。

スポンサードリンク

アウトドアインストラクターの年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング