【五体不満足の乙武洋匡さん、twitter発言】、親愛なる「おまえら」へ、の力強さと、その自己と他人に対する肯定感の凄さはお金を稼ぐ方法につながっている!

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>【五体不満足の乙武洋匡さん、twitter発言】、親愛なる「おまえら」へ、の力強さと、その自己と他人に対する肯定感の凄さはお金を稼ぐ方法につながっている!

【五体不満足の乙武洋匡さん、twitter発言】、親愛なる「おまえら」へ、の力強さと、その自己と他人に対する肯定感の凄さはお金を稼ぐ方法につながっている!

【五体不満足の乙武洋匡さん、twitter発言】が、結構ブラックだったりもします。
が、その率直な自己と他人に対する肯定感に感動し、これは、お金を稼ぐ方法につながっていると感じます。
下記は、昨日のtwitter発言の引用です。

~ここから引用

親愛なる「おまえら」へ

Twitterでは様々な人から話しかけられ、様々な言葉をかけられます。そうした言葉一つ一つと向き合ってみると、僕のなかには予期していなかった感情が芽生えました。

1.Twitter上では、不思議とアニメアイコンの若者たちから話しかけられることが多い。そのほとんどは、およそ面識のない相手に向けられたとは思えない口汚い言葉や、僕の身体的特徴をあげつらった発言であることが多い。だけど、なんとなくスルーできなくて、つい返信をすることも少なくない。
h_ototake 2013-12-05 21:50:12

2.「あいつクソまじめにリプしてくるぞ」と面白がられたのか、昨晩は一時間に200~300近いリプライが寄せられた。そのほとんどが、アニメアイコンの若者たちだった。昨晩はどうしても仕上げなければいけない仕事があったのに、なぜか無視することができず、できるかぎりリプライし続けていた。
h_ototake 2013-12-05 21:53:36

3.初めのうちは僕のことをからかうようなコメントばかりだったのが、そのうち相談めいた内容のものが交じるようになってきた。「僕、いじめられてるんです」「学校で(ひとり)ぼっちで、いつも便所で昼飯食ってます」――どこまで本当かはわからないと思いつつも、僕はできるだけリプライを続けた。
h_ototake 2013-12-05 21:59:14

4.一夜明けて、朝になると、彼らが続々とコメントをくれた。「おはよー」。僕も返した。「おはよー」。夕刻、仕事のために大阪へ向かう新幹線のなかで、僕はなぜだか彼らのことばかり考えていた。「今日は、みんなとお昼食べられたかな」「あいつ、今日テストって言ってたけど、ちゃんとできたかな」
h_ototake 2013-12-05 22:05:18

5.不思議なことに、彼らとの間に奇妙な友情のようなものが芽生えていたのだ。いや、彼らは僕のことをからかっているだけだろうから、僕の一方的な片思いなのかもしれない。でも、息子を思う母のような、教え子を思う教師のような、とにかく、僕のなかでうまく説明のつかない感情が生まれていたのだ。
h_ototake 2013-12-05 22:11:20

6.ただ、そうした僕の対応を見て、「あんな心ない言葉をぶつけてくる相手に、いちいち反応する必要はない」と顔をしかめる“良識ある”大人たちも少なくない。なかには、僕のことを心配してそう言ってくださる方もいる。だけど、僕はそうした良識ある方たちにこそ、どうしても伝えたいことがある。
h_ototake 2013-12-05 22:16:44

7.彼らは「アニメアイコン」という生き物じゃない。一人ひとりに感情があり、悩みもある、血の通った若者たちなのだ。勉強ができる子もいれば、できない子もいる。家族とうまくいっている子もいれば、いってない子もいる。ただ、どの子も、「どのアイコンも」、それぞれに、必死に、生きているのだ。
h_ototake 2013-12-05 22:20:02

8.僕が子どもの頃、『うちの子にかぎって…』というドラマがあった。田村正和扮する小学校教師が主人公で、クラスの子どもたちは様々な苦悩やトラブルを抱えているのだが、親は「うちの子はちゃんとしてる」と思い込み、向き合おうとすらしない。もう三十年近く前のドラマだが、現代にも共通する。
h_ototake 2013-12-05 22:24:05

9.彼らは、決して異世界に住んでいるわけじゃない。誰かの、いや、僕らのすごく身近なところに存在しているはずだ。「あんなやつら」と眉をしかめる大人たちは、それがもしかしたら自分の息子や娘かもしれない――という想像を、わずかながらでも抱いたことがあるだろうか。
h_ototake 2013-12-05 22:33:08

10.子どもたちが仮面の奥でつぶやく言葉に耳を澄ませられる大人でありたい。注意深く耳を傾けていれば、「うるせえ、クソババア」という言葉が、「母ちゃん、助けて」と聞こえるかもしれない。「はい、頑張ります」という強がりも、「もうこれ以上、頑張れないよ」と聞こえるかもしれない。
h_ototake 2013-12-05 22:37:52

11.おい、おまえら。正直、カチンと来ることもあるけど、オレ……けっしておまえらのこと嫌いじゃないからな。宿題やれよ。歯磨けよ。PCでエロ画像見たまま寝こけて、母ちゃんに見つかるなよ。明日もちゃんと学校行けよ。でも、どうしても行けない日があったら、またここに帰ってこいよ。
返信 RT お気に入りh_ototake 2013-12-05 22:39:19

~ここまで引用

ここまで率直に自分の考え方を晒し、他人に訴えかけていく姿勢は尊敬に値しますね。

乙武洋匡さんは、結構2ちゃんねるで嫌われているようで、ひどい書き込みが多々あります。

急に有名人になり、テレビなどに頻繁に出演するようになったために妬まれているのかもしれません。
言論人として活動してますから、意見の相違がある人から批判が出るのは至極当然なんですけどね。

2ちゃんねるに、ひどい書き込みが続いてた時に、乙武さんが自身のブログで、それは仕方がない、言わせておけばいい、というような事を言ってました。まさにその通りだと思います。

【にも関わらず、笑うオジサン】としては、乙武さんは人間として、男として尊敬できる精神力をもった偉人の一人だと感服しています。

やはり、他人も自分も肯定していくことが、お金を稼ぐ方法と心と体の健康につながるものだと思います。

スポンサードリンク

【五体不満足の乙武洋匡さん、twitter発言】、親愛なる「おまえら」へ、の力強さと、その自己と他人に対する肯定感の凄さはお金を稼ぐ方法につながっている!に関連する記事

人気記事ランキング