視能訓練士の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>視能訓練士の年収・やりがい・本音

視能訓練士の年収・やりがい・本音

sinoukunrensi

視能訓練士 仕事の年収・月収

視能訓練士の仕事の月収は、およそ20万円から25万円、年収は300万円から400万円ほどとなります。
視能訓練士は医療現場で働く専門職であり、比較的給与水準は高めになっています。地域や就職する企業や医療機関、地域によっても年収は異なってきます。特に大学病院に勤める場合は年収400万円以上を得ることも可能です。

スポンサードリンク

視能訓練士は、消える職業?消えない職業?

視能訓練士は今後も消えない職業ですが、資格を取得している人の数がここ10年間で2倍となっており、就職倍率が高くなってきています。
視能訓練士になるためには指定の養成機関を卒業しなければならないため、すぐに就職が難しくなるわけではありませんが、資格取得までの期間を考えておく必要があります。
眼科で行う検査に専門的な機器が増えてきたこともあり視能訓練士の需要が増えてきています。今後も消えない職業ですが、今後就職の倍率が高まってくると予想されます。

視能訓練士 仕事の将来性・安定性

視能訓練士の仕事の将来性について、近年急速に認知されてきた資格であり、資格を取得する人の数も増えてきています。
眼科検査自体は無資格で行うことができますが、様々な眼科疾患が発見されており、視能訓練士の持つ検査技術や機器の操作技術が求められており将来性があります。
視能訓練士は医療機関で仕事をすることがほとんどのため、安定性のある収入も期待できます。

視能訓練士 仕事のやりがい・本音

視能訓練士の仕事のやりがいは、患者やその家族に喜んでもらえた時です。
目に関する問題は生活する上で非常に不安でストレスとなります。視能訓練士はそうした患者に対して、資格補助器の使い方を指導して自分が見たいものを見られるようになった時、非常にやりがいを感じます。
しかし、小さなお子様やお年寄りなど患者の年齢も幅広くコミュニケーションスキルが求められるのも本音で、機器の使い方を単に説明するだけではなく人との関わり合いが重要となります。

スポンサードリンク

視能訓練士 仕事の良い点

視能訓練士の仕事の良い点は、毎日多くの患者が病院に訪れるため、様々なタイプの症状に対応できるようになれる点です。人によって症状は異なるため、視能訓練士としての技術も高めることができます。また、実施が難しい検査は医師や先輩視能訓練士の指導を受けながら新しい技術を得ていきます。待遇面でも比較的良く、社会的な評価も高いことも良い点です。

視能訓練士 仕事の悪い点

視能訓練士の仕事の悪い点は、自分や患者だけではなく、その家族も協力してもらわなければ問題を解決するのが難しくなる場合がある点です。そうした患者以外とのコミュニケーションも求められることが悪い点です。
また、視能訓練士がリハビリの指導をしても効果が出にくかったり、結果が出ないこともあるため最大限の努力をしていかなくてはなりません。

視能訓練士 仕事の内容

視能訓練士の仕事の内容は、目に関する検査や機能を回復させるための訓練を行います。視能訓練士の検査結果を基にして眼科医が治療を行います。
視能訓練士は眼科関連の検査、視能矯正、患者のリハビリを行い、主に医療関連施設での検査ですが、仕事をする場所によって業務内容は異なります。リハビリ業務は総合病院で行われることがほとんどで、クリニックではあまり行われていません。

視能訓練士 仕事に必要な資格

視能訓練士の仕事に必要な資格は、厚生労働省が管轄している国家資格の「視能訓練士」資格です。資格取得の為には、指定の視能訓練士養成所の課程を修了する必要があります。
眼科診療には医師免許が必要ですが、現行の法律では医療関連施設での検査には資格を必要としていません。しかし、病院などは自主的に有資格者のみを就職の条件としている場合がほとんどです。

視能訓練士 仕事に必要なスキル

視能訓練士の仕事に必要なスキルは、患者やその家族と関わるためのコミュニケーションスキルと、正確に検査を行うための慎重さです。
視能訓練士はその仕事のほとんどを人と接する時間が占めます。患者の不安をしっかりと認識して現状を把握したり、家族に対してもリハビリに必要な技術を説明します。
相手の気持ちを理解し、患者やその家族と良い関係を築き上げることがもっとも必要なスキルとなります。

視能訓練士 仕事のまとめ

視能訓練士の仕事は、医師の指示を受けて患者の目の検査を行い、機能の回復をするための訓練をします。
視能訓練士は検査のほか、視能矯正、リハビリの仕事も行います。病院の眼科や総合病院が主な職場ですが、目のリハビリをする仕事としてレーシッククリニックで働く人も増えてきました。
近年では資格を取得する人も増えてきており、今後は就職倍率も上がってくる可能性があります。また、医療関係の仕事でもあるため、社会的地位や収入の面でも安定性があります。

スポンサードリンク

視能訓練士の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング