編曲家の収入・年収は200万円程度から1000万円以上まで。作詞作曲された楽曲に楽器編成や伴奏を加える仕事

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>編曲家の収入・年収は200万円程度から1000万円以上まで。作詞作曲された楽曲に楽器編成や伴奏を加える仕事

編曲家の収入・年収は200万円程度から1000万円以上まで。作詞作曲された楽曲に楽器編成や伴奏を加える仕事

楽曲作りに関わる職業の中でも作詞家や作曲家と比べ、編曲家はどちらかと言えば地味な存在で脚光を浴びる機会も多くありません。

そんな編曲家が音楽業界でどういう役割を果たし、どれだけ収入を得ているかを紹介します。

スポンサードリンク

1.作詞作曲された楽曲に楽器編成や伴奏を加える仕事

ポピュラー音楽の世界では毎年数多くの楽曲が生み出され、さまざまな歌手やアーティストによる歌と演奏がCDやダウンロード配信などの形で楽しまれています。

そうした楽曲を作るのに作詞や作曲が最も重要だという点は言うまでもありませんが、単にメロディを作曲しただけでは楽曲としてまだ完成されていません。

歌に合わせた伴奏はもちろん、前奏や間奏・エンディングまで含めたバック演奏があってこそ歌が聴き手に感動を与えてくれるものです。

単なるメロディを音楽として完成させるのに欠かせないそれらの作業は編曲またはアレンジと呼ばれ、この作業を専門に行う人を編曲家と言います。

作詞作曲された楽曲に基いて楽器編成を決め、ハーモニーや和音など装飾的要素も加えながら各楽器パートの譜面を書いていくのが編曲家の主な仕事です。

現在では編曲家もコンピュータやミュージックシーケンサーを駆使するようになり、楽器演奏技術以上にそうした機器の操作に習熟することが求められています。

2.年収は200万円程度から1000万円以上まで幅のある職業

作詞家や作曲家の中には手がけた曲が大ヒットを記録して巨額の収入を稼いでいる人も少なくありませんが、編曲家の収入は実績に応じた仕事の量に大きく左右されます。

編曲の報酬として支払われるアレンジ料は編曲家の間でも格差が見られ、それほど実績のない人は1曲当たり2万円程度の条件でも仕事を引き受けているものです。

業界の中でも実力が認められた有名編曲家になるとアレンジ料も大きく上がり、1曲当たり50万円にもなります。

編曲を専門としている人の仕事量は1週間に数曲と言われていますので、年収に換算すれば200万円程度の人もいれば、1000万円以上を稼いでいる人もいる計算になります。

編曲家でもアレンジ料が低く仕事量が少ないうちは会社員の平均年収にも届かないため、スタジオミュージシャンや作曲など他の仕事と掛け持ちしながら生計を立てている人も少なくありません。

3.手がけた楽曲がヒットしても印税収入は得られず

1つの楽曲を作り上げる上では編曲も作詞や作曲に劣らないほど重要ですが、その曲の価値を決める最大のポイントはどうしても歌詞や歌のメロディだと考えられがちです。

そのため著作権管理に関わる法律でも作詞者や作曲者が手厚く保護されているのと比べ、編曲はそれほど重きを置かれていません。

CDが売れれば歌手やアーティストに加えて作詞家や作曲家にも一定割合の印税が入りますが、編曲家は自分の手がけた曲がどれだけ売れても印税収入が得られない仕組みとなっています。

編曲家の仕事はあくまでも他の人が作詞作曲した楽曲に基いてアレンジを加える作業のため、法的には二次著作の扱いとなってしまいます。

手がけた楽曲が何十万枚・何百万枚という大ヒットを記録するほどに、作詞家や作曲家と編曲家の収入には大きな差が出てきます。

楽曲の音源制作を担当するプロデューサーには印税が認められているため、編曲家の中にはプロデュースを同時に手がける人もいます。

スポンサードリンク

4.実力が認められれば曲の売れ行きに関わらず収入が安定

以上のような印税をめぐる事情を考えれば編曲家は一見すると割に合わない職業のように思われがちですが、手がけた曲が必ずヒットを記録するとは限らないものです。

裏を返せば作詞家や作曲家は自分の書いた曲が売れないと収入が大きく減ってしまうのに比べ、1曲当たりいくらという決まった報酬が設定されている編曲家は手堅い仕事とも言えます。

特に1曲50万円という高額のアレンジ料で仕事を請け負えるほど音楽業界で評判を得ている編曲家は、手がけた楽曲の売れ行きに関わらず高収入が得られる点で安定した職業です。

どのようなメロディでもしっかりとした聴き応えのある演奏の楽曲としてアレンジできるだけの実力を身につければ、音楽業界の中でも高く評価されて仕事の依頼も途絶えないものです。

ポピュラー音楽の世界で長く生計を立てていく上では、収入が曲の売れ行きに大きく左右される作詞家・作曲家より編曲家の方が有利な面があります。

5.作曲やプロデュース・演奏と兼務する例も多い

編曲家は誰でも簡単になれるわけではなく、クラシック音楽の作曲家に近いレベルの高度な音楽スキルが求められる仕事です。

編曲家の中には音楽事務所に所属するミュージシャンが副業として編曲の仕事を請け負ったり、作曲家が所属する作家事務所で作曲の仕事と兼務している人もいます。

大半の編曲家はフリーランスとして活動しているため、仕事の依頼がなければ1円も収入を得ることができません。

実力主義の音楽業界で編曲家として認められるようになるには、まずミュージシャンや作曲家として実績を残すことが欠かせません。

一般企業のように就職や採用といった概念のない点が編曲家の特徴でもありますが、レコーディングスタジオなどに所属するサウンドエンジニアから編曲家に転じた人の例もあります。

編曲の仕事だけでは生活を維持できないうちでも、そうしたエンジニアやプロデュース・演奏の仕事で食いつなぎながら実績を積むことで飛躍を目指すことは十分に可能です。

1曲50万円のアレンジ料も目指せる編曲家

編曲家は日本のポピュラー音楽に特有の職業とも言われており、主として昭和以降の歌謡界を中心に発展してきた経緯がありました。

現在でもJ-POPから演歌に至るまで、編曲家が楽曲作りに深く関わる音楽文化が根付いています。

編曲家としての高度な音楽スキルを身につければ、日本の音楽業界で安定した収入が得られるのです。

スポンサードリンク

編曲家の収入・年収は200万円程度から1000万円以上まで。作詞作曲された楽曲に楽器編成や伴奏を加える仕事に関連する記事

人気記事ランキング