オプティシャン・オプトメトリスト・眼鏡士の収入・平均年収は300万円~400万円。眼鏡選びに適切な視力測定、フレーム選定、フィッティング調整やレンズ型のアドバイス

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>オプティシャン・オプトメトリスト・眼鏡士の収入・平均年収は300万円~400万円。眼鏡選びに適切な視力測定、フレーム選定、フィッティング調整やレンズ型のアドバイス

オプティシャン・オプトメトリスト・眼鏡士の収入・平均年収は300万円~400万円。眼鏡選びに適切な視力測定、フレーム選定、フィッティング調整やレンズ型のアドバイス

「オプトメトリスト」、「オプティシャン」または「眼鏡士」のいずれも聞き慣れない言葉ですが、視力を保護するスペシャリストのことを言います。

日本では未だあまり知られていないオプトメトリストの仕事内容、収入や良い点・悪い点をご紹介します。

スポンサードリンク

1.眼鏡の誕生と共に生まれた技術者「オプトメトリスト」

「オプトメトリスト(optometrist)」または「オプティシャン(optician)」は、本来、視覚機能検査を施し、視力に限らない視覚全般の異常、眼の疾患などを発見する専門技術職を指します。

眼鏡の誕生と共に、眼鏡を着用した際に生じる視覚の歪みや見えにくさに対応するために登場した職業です。

そのため、日本語では「眼鏡士」とも呼ばれます。

もともとは、いわば眼鏡を売るために誕生した仕事ですが、現在では教育や訓練機会も充実し、視力だけでなく視覚や眼の総合的な健康を守り、病気を防ぐ役割も果たしています。

国内ではあまり知られていませんが、私的団体による認定資格(「認定眼鏡士」)制度も整備された仕事です。

それだけでなく、メガネ人口が総人口の60%程度を占めるともいわれる日本は、世界でもオプトメトリストへの需要が高い国ともいえます。

2.単なる眼鏡屋ではない視覚機能のサポーター

オプトメトリストは、先にご紹介したように、本来は眼鏡の作成だけに関わる仕事ではありません。眼鏡士として眼科に勤務する場合は、眼鏡の作成はしません。代わりに眼鏡処方やコンタクトレンズ処方、視野検査や手術前検査などが仕事となります。

海外、特にアメリカでは、専門の教育課程も発達し、視覚機能のサポーター・コンシェルジュ的な役割が確立しています。

つまり、オプトメトリストには、眼の”病気”や”健康”に焦点をあてる眼科医と異なり、視覚機能の活用を助け、日常生活を快適に過ごしあるいは運動・スポーツに活かすサポーターという役割も期待されています。眼鏡のレンズの屈折補正は、その知識を得れば得るほど奥が深いものです。確たる屈折補正理論に基づいた技術を顧客へ提供することには、大きなやりがいがあります。

日本ではそうしたオプトメトリストの役割は未だあまり認知されておらず、主に「眼鏡士」あるいは「視覚検査技師」として知られています。

眼鏡店に所属して働く場合は、フレーム提案や屈折補正検査、レンズ提案、加工、調整、アフターフォロー。眼鏡に関わる全てが仕事となります。

3.国内でのオプトメトリスト資格.認定眼鏡士・視能訓練士

日本では「オプトメトリスト」という職業自体やその役割あまりが認知されていないため、これに対応する資格や仕事の名前もありません。
法的な規制も無いため、眼鏡店で視力検査を行っているのは、単なるバイトから素晴らしい技術者まで玉石混交の状態です。残念ながら資格保持者が優遇されることはあまりありません。多少の手当がついたり、会社や顧客からの信頼が高まる位です。ただ、将来的には、公的資格化される可能性もあります。資格の更新費用が大きな負担でなければ、保持しておくべきでしょう。

今は、「認定眼鏡士」や「視能訓練士」が、オプトメトリストの役割を果たしているといえます。「認定眼鏡士」は、公益社団法人 日本眼鏡技術者協会による眼鏡選びに関する資格・仕事です。

眼鏡を快適に使用するため、眼鏡選びに適切な視力測定、フレーム選定、フィッティング調整やレンズ型のアドバイスなどを、生理学・物理学などを基礎とした応用的な理論に基づく専門的な知識・訓練に基づいて行います。

「視能訓練士」は、「視能訓練士法」という法律に基づく国家資格に基づき、厚生労働大臣の許可を受けて、主に眼科で眼科医の指導の下、視能検査・視能強制を専門とする仕事です。

一般的な眼科検査(視力検査医・眼圧検査)の他にも、斜視や弱視の訓練指導、視力が低下した人のリハビリ指導やなじみのある学校での集団視力検査などに携わります。

4.オプトメトリストの平均年収は300万円~400万円程度

オプトメトリストの平均年収は300万円~400万円程度です。

まず、「認定眼鏡士」の場合、多くは眼鏡小売店で販売員として働いています。

したがって、その収入は一般的な会社員と同程度です。

現在のところ、日本国内では「オプトメトリスト」はおろか「認定眼鏡士」という資格自体あまり認知されていないこともあり、「認定眼鏡士」資格を持っていることで特に厚い待遇を受けるということもあまりません。

ただ、認定眼鏡士資格を取得するのがほぼ眼鏡事業会社の正社員に限られるため、年功序列型賃金制度を採り入れる会社であれば年齢が増す毎に年収も上昇します。

次に、「視能訓練士」は国公立・私立の眼科病院で働いています。

そのため、年収にはバラツキがありますが、一般的には300万円~400万円の間の年収を得ています。

私立大学病院勤務の方が年収水準が一般的には高いようですが、国公立病院勤務であれば、年功序列で賃金が増していくため長く働くのであれば大差はないともいえます。

3.良い点.将来性のある専門職

認定眼鏡士・視能訓練士いずれも専門職であり、自分自身の専門を深め、そうして得た知識・技術で人に貢献したいというタイプの人にはやりがいのある仕事といえます。

また、特に視能訓練士の場合、国家資格がなければ出来ない仕事なので、就職機会も安定しています。

特に、最近は高齢化を背景に、公的資格を持つオプトメトリストとして高齢者の介護や生活サポートの場面で視能訓練士の役割が拡がっています。

同様の背景から、視能訓練士には一歩遅れをとるものの、認定眼鏡士も将来性に期待出来る仕事です。

スポンサードリンク

4.悪い点.知名度はなく働き方は限られる

他方で、オプトメトリストにしても、視能訓練士にしても、また認定眼鏡士も、一般的に認知された仕事ではりません。

海外の大学に留学等してオプトメトリストの公的資格を取得しても、日本国内でオプトメトリストとして活躍するには相当な工夫が必要でしょう。

また、視能訓練士の場合、病院、特に眼科がなければ働けないため、視能訓練士を必要とする眼科がないような地域では働くことが出来ません。

そうしたデメリットは眼鏡会社の社員として働く認定眼鏡士にはあまりあてはまりません。

しかし、現状では資格を持っていてもそれに見合った待遇を受けられないケースもあることは、あえて専門的な技能を身に付けることをためらわせる要因でしょう。

高齢化を背景に将来性が高まるオプトメトリスト・眼鏡士の仕事

オプトメトリストは視覚機能のスペシャリスト・サポーターであり、日本では「認定眼鏡士」や「視能訓練士」として知られています。

知名度こそありませんが、年収は300万円~400万円で高齢化を背景に将来性も期待できる専門職です。

スポンサードリンク

オプティシャン・オプトメトリスト・眼鏡士の収入・平均年収は300万円~400万円。眼鏡選びに適切な視力測定、フレーム選定、フィッティング調整やレンズ型のアドバイスに関連する記事

人気記事ランキング