音楽療法士の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>音楽療法士の仕事の年収・やりがい・本音

音楽療法士の仕事の年収・やりがい・本音

ongaku

音楽療法士 仕事の年収・月収

音楽療法士の仕事は音楽をつかって治療する仕事です。比較的新しい仕事で、音楽療法士として仕事を続けていけたとして、年収はおよそ250万円からと言われています。月収は所属する組織の規模に左右されますし、人気のある音楽療法士であればより高収入もありえるかもしれませんが他業種と比べてそれほど高給取りの職種とは言えないようです。実力に応じた収入であるため、経験・スキル、人脈に応じて年収が上がる可能性があります。

スポンサードリンク

音楽療法士の仕事は、消える職業?消えない職業?

音楽療法士とひとことで言っても、その範囲は幅広く、たくさんの種類のお仕事があります。音楽療法士は音楽で人を癒す仕事ですので、教育、医療などに深く関わっており、今後の少子高齢化でも消える職業ではありません。高齢者に特化したり、子供のリズム教育など、安定して仕事をするには専門を有することが重要ですので、修行が必要です。グローバル化が進んでいるので、もし英語で仕事ができれば日本国内だけでなく海外へも活躍の場が広がるでしょう。音楽療法士として実力が認められれば世界中で活躍することが可能です。

音楽療法士 仕事の将来性・安定性

組織に所属するか、独立して仕事をするかは本人次第ですが、音楽療法士として培ったスキルは国内外で役に立つでしょう。音楽療法士としての実力があれば、仕事は途切れることなく、将来性・安定性は高いです。ただし、一人前になるまでにある程度の下積み期間が必要と言われています。常に実力を磨き、どこでも通用するようなスキルを身につけることができれば、経験に応じてステップアップすることができます。何らかの大きな案件実績があればアピールでき、次のクライアント獲得などでも有利に働くでしょう。

音楽療法士 仕事のやりがい・本音

音楽療法士の仕事のやりがい・本音は、音楽を通して何らかの辛さを持った人を癒すことができるところにあります。楽器はさまざまですが、教育機関や医療施設など広く仕事ができるので、クライアントと安定的な関係があれば住む場所は選びません。音楽センスが高く、根気強く患者さんとやりとりができる、音楽療法に情熱を傾けられる人に向いていると言えます。音楽を通じて患者さんの辛さが和らぐのを実感することができるのは、音楽療法士の最大の仕事のやりがいと言えるでしょう。オリジナルの治療スタイルを生むのは容易ではありませんが、音楽を通して直接患者さんの回復に貢献できることは音楽療法士のやりがいといえるでしょう。

音楽療法士 仕事の良い点

音楽療法士の仕事の良い点としては、実力さえあれば世界がどんどん広がる点です。様々な広告や出版物に携わることができます。多くの人々の目に触れる作品を創造できるやりがいある仕事です。仕事の一環として例えばグルメ取材ができたり、旅行などができるのも、音楽療法士の仕事の良い点と言えるでしょう。

音楽療法士 仕事の悪い点

音楽療法士の仕事の悪い点は、下積み時代が長く、一人前になるまではどうしても低収入であるという点です。作業量が多いにもかかわらず低収入なのは辛いことですし、耐えられずに転職する人は多いです。就職先がまだ多くないこと、労働時間が長いこと、は仕事の悪い点です。もしやりたい仕事があっても、クライアントがいなければなかなかそれができないこともあるでしょう。

スポンサードリンク

音楽療法士 仕事の内容

音楽療法士の仕事の内容は、幅広く専門性が必要になってきます。例えば音楽療法士の仕事にも、ジャンルや対象となるオーディエンスによって細分化され、それぞれに異なる専門性が必要です。与えられた仕事をクライアントの要望をよくとらえてこなすスキルが必要です。依頼された仕事をやり抜く責任感がある人物かどうか、根気があるかどうかは音楽療法士の仕事をするにあたって重要です。

音楽療法士 仕事に必要な資格

音楽療法士の仕事に絶対必要な資格というものはありませんが、多くの音楽療法士は音大・大学院の専門課程で学び、アシスタントなどをしながら下積みをします。教育機関や医療施設などで採用されることもできます。専門に勉強してきたことをアピールすれば、音楽療法士として採用される可能性は高まるでしょう。音楽療法士として仕事を得るには実績が必須ですので、はじめは収入が低くても勉強させてもらい経験を積むのが一人前になる近道と言えるでしょう。

音楽療法士 仕事に必要なスキル

音楽療法士の仕事に必要なスキルは、技術力と探求心です。クライアントごとに要望は異なりますし、患者さんや参加者さんに合わせてメソッドを変えてさまざまなアイデアを具体化しなくてはなりません。効果が現れるまでにある程度は時間のかかる作業ですので、根気があることは必須でしょう。いずれにせよ、クライアントの求める結果を出す、コミュニケーションがとりやすい、などは必要なスキルです。常に新しいスキルを身につけることと、向上心を保つことは音楽療法士の仕事に必要なスキルです。

音楽療法士 仕事のまとめ

音楽療法士の仕事は、クライアントの要望に添って音楽療法を提供し、受け手の辛さをやわらげることです。組織に属する、独立する、形はさまざまながらも音楽療法士という職種は専門性・実力を磨けば安定性が高く将来的に消えない職業と言えるでしょう。やりたい仕事をするためにはまずは下積み時代を乗り越えて、収入を安定させ、クライアントの信頼を得て音楽療法士として多くの人から認められることが重要です。志を捨てずにがんばりましょう。

スポンサードリンク

音楽療法士の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング