オフセット印刷作業員の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>オフセット印刷作業員の仕事の年収・やりがい・本音

オフセット印刷作業員の仕事の年収・やりがい・本音

offset

オフセット印刷作業員 仕事の年収・月収

オフセット印刷作業員の年収は全国平均とほぼ同じぐらいの水準です。具体的には、年収で約450万円、月収では約32万円というデータがあります。
男性と女性で平均値に大きな差があり、男性の場合は年収約460万円、女性の場合は年収約270万円です。にも関わらず全体の平均が450万円なのは、女性の数が圧倒的に少ないためです。
月の残業時間も決して長くないので、ライフワークバランスに優れた仕事といえるかもしれません。

スポンサードリンク

オフセット印刷作業員の仕事は、消える職業?消えない職業?

現在、印刷業界の売上の約半分以上が平版印刷物と呼ばれるオフセット印刷が占めていますが、その割合は年々減少しています。また肝心の印刷業界全体も規模が縮小している上、この傾向は今後も続くものと予想されています。つまり、オフセット印刷というもの自体が廃れつつあるというのが現状です。
そこから考えると、オフセット印刷作業員という職業は、消える職業といえるかもしれません。現状からの回復がまったく見込めていない現状では、消えない職業と言い切ることは不可能といえるでしょう。

オフセット印刷作業員 仕事の将来性・安定性

さきほども言いましたが、オフセット印刷は現在苦境に立たされています。年々縮小している印刷業界の中でも、特に規模が縮小しているようです。そのため、将来性に関しては中々難しいと言わざるを得ません。オフセット印刷作業員という職業は、中々苦しい現状のようです。
安定性に関しては、その働き方によるでしょう。正社員として雇用されていれば、毎月決まった額の収入が安定してあります。逆に非正規であれば、安定した社会的地位とはいえないでしょう。

オフセット印刷作業員 仕事のやりがい・本音

オフセット印刷作業員という仕事は、ある種職人的な技が必要な職業です。担当者によって色調、仕上がりなどがまったく異なり、作業員の腕が試されるところです。そのように自身の腕が如実に表れるという点にやりがいを感じている人は決して少なくないようです。
確かに職人的な勘ドコロを必要とする大変な仕事ですが、だからこそそこにやりがいを見出し、奥深い印刷の世界に魅了されるという本音を持っている人もいらっしゃいます。

オフセット印刷作業員 仕事の良い点

オフセット印刷作業員の仕事の特徴は、個人の技術によって、印刷物の仕上がりに差がでるというところです。これは裏を返せば、確かな技術を持っていれば、その分成長の実感が得やすいという点に繋がります。自身の成長を肌で感じ取れるというのは、とても良い点です。
色の調合や版の調整など、オフセット印刷作業員の腕の見せ所は、いたるところにあります。十二分に能力を発揮できるという点は、身につけたスキルを存分に活かしたい人にとっては天職といえるでしょう。

オフセット印刷作業員 仕事の悪い点

個人の技術によって、印刷物の仕上がりに差がでるという点が、そのまま悪い点にもなりえます。オフセット印刷作業員は基本的に機械の操作で作業を行いますが、それと平行して職人的な技術である色の調合や版の調整なども習得しなければなりません。一点位以上の腕がなければ一定の品質の印刷物を作り上げることは難しく、それが悪い点といえます。奥深い世界といえば聞こえはいいですが、裏を返せば研鑽の日々が終わらない職業ともいえます。

オフセット印刷作業員 仕事の内容

オフセット印刷作業員の仕事内容は、オフセット印刷を行うことです。主に印刷物は紙ですが、近年では技術力の向上により、金属や木材、プラスチックカードなどにも印刷を行うことが出来ます。
雑載の作業の進め方ですが、インクを準備した後は作業指示書の通りに機械を使って印刷を行っていきます。実際の作業には印刷機を使いますが、インクなどの調整を行いながら試し刷りを繰り返し、確認を終えると本印刷に移ります。
インクの量や見本刷りの通りに印刷出来ているかを常に確認しながら作業にあたり、以上が見つかった場合は即座に印刷機を止め、調整や点検を行います。

スポンサードリンク

オフセット印刷作業員 仕事に必要な資格

オフセット印刷作業員になるのに必要な資格は特にありません。
なり方ですが、高校、大学等を卒業した後に、印刷会社に就職するのが最も一般的です。広告や縁故による採用も多いようですが、未経験でも基礎教育をOJTで受けながら技術を覚えていく事ができるので、比較的なりやすい職業の一つと言われています。他の職業に比べて若年者が多いという特徴があり、職人的な勘を養う必要もあるため、若い人の方が有利かもしれません。

オフセット印刷作業員 仕事に必要なスキル

基本的には就職後のOJTにおいて、必要なスキルは身に着けていくことになります。
必要な資質とされているのは、色覚に関する資質ですが、これも色覚異常でなければ特に問題はないようです。
また、絶えずインクや紙の補充などをすみやかに行う必要がある関係上、ある程度の機敏さと繊細さも要求される仕事と言われています。
他には、意外と重い紙の束を持ち運べる体力は必須といえるかもしれません。
あとはどうしても職人的な勘所が必要になってきますが、それは長年の仕事の中で身に着けていきます。

オフセット印刷作業員の仕事のまとめ

現在、オフセット印刷作業員という職業は大きなターニングポイントに差し掛かっていると言われています。オフセット印刷は今日どんどん規模が縮小されており、その将来性はないかのように思われています。
そのためオフセット印刷業界は大きな転換を迫られているのですが、意外にも需要はあり、オフセット印刷作業員の求人は常にたくさん出されているというのが現状です。
とはいうもののオフセット印刷自体が苦境に立たされているのは変わらないので、今後はさらなる事業転換などが必要になるケースもあるでしょう。
『大きな転換期に差し掛かっている職業』とまとめることが出来ます。需要がある分、今後の動向には注意が必要といえます。

スポンサードリンク

オフセット印刷作業員の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング