航海士の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>航海士の仕事の年収・やりがい・本音

航海士の仕事の年収・やりがい・本音

officer-of-work

航海士 仕事の年収・月収

航海士の収入は他の職業に比べてかなり高く設定されています。具体的には、平均で年収では約900万円、月収でも約90万円程度……とかなり高額です。最初に支給される初任給でさえ、約30万円とかなり飛び抜けた額です。
航海士の仕事は常に危険と隣りあわせで、責任も他の仕事に比べて重大です。そのため、このような高額な収入となるのです。
航海士にもランクがあり、船長を筆頭に1等から3等まで階級があります。階級が高ければ高いほど収入も飛躍的に伸びますが、その分仕事に対する責任と重圧はさらに増すことになります。

スポンサードリンク

航海士の仕事は、消える職業?消えない職業?

日本は四方を海で囲まれた島国のため、海運業がなくなることはありません。そのため、その海運業に携わる航海士という仕事がなくなることは考えにくく、今後の経済のことを考えても、航海士の需要がなくなることはないでしょう。
また海外に目を移しても、日本の航海士は、その勤勉さと統率力から高い評価を得ています。そのため、人件費の安い海外の航海士に仕事が奪われるといったケースも少ないといえます。
よって、航海士という職業は消えない職業ということが出来ます。消える職業となることは、まずないでしょう。

航海士 仕事の将来性・安定性

まず安定性に関しては高いといえます。航海士の収入の水準は極めて高く、航海士になるのに必要な資格は国家資格です。そのため、職にこまるといったことはまずありません。
将来性に関しても極めて高いといえます。国家資格を有する資格なわけですから職にこまることもなく、キャリアアップを目指した転職も行いやすい職業な上、船員保険や独自の年金制度といった、退職後の収入も極めて安定しています。そのため、将来性に関しても高いといえます。

航海士 仕事のやりがい・本音

航海士の仕事は、一歩間違えると大惨事を引き起こすような、責任の重い仕事といえます。そのような重圧の中で、当たり前の仕事を当たり前にこなせることに、やりがいを感じるという、航海士特有の本音を語ってくる方が多くいます。通常業務を当たり前にこなすことの大切さが身にしみて分かっている……これは航海士特有のやりがいといえます。
また、航海士は海上勤務中、ほとんどお金を使うことがありません。そのため高い収入のほとんどを貯金に回すことも出来ます。自身の預金通帳を見た時にやりがいを感じる……という人も、決して少なくはありません。

航海士 仕事の良い点

多くの航海士の人が答えるのが、『美しい景色を見ることが出来る』という点です。航海士の仕事は海上で行われますが、海上で勤務をしていると、数々の美しい風景を見ることが出来ます。夕暮れの中でジャンプするイルカや、余計な明かりのない夜の星空、海外の美しい港町の町並み……その他普通の仕事をしていては絶対に見ることの出来ない風景を見ることが出来ます。これは航海士特有の良い点であるといえます。
また、航海士の仕事は国家資格を有してないとなることが出来ません。そのため、安定して高い収入を得る事のできる職業です。高い収入を得たい人にとっては、良い点であるといえます。

航海士 仕事の悪い点

高い収入を得るということは、それだけ責任が重いということです。沢山の乗客や積み荷を乗せた船を操るわけですから、些細なミスも大惨事に繋がります。海上での仕事となると、中々気の休まることはないでしょう。それはリラックス出来る環境で仕事をしたい人にとっては悪い点といえます。
また、航海士は一度海に出ると、場合によっては数ヶ月は海上での生活を余儀なくされます。そのさなかは友人や恋人、家族と連絡を獲ることすら困難になり、中々家族や恋人の理解を得ることが出来ません。これもまた、悪い点といえます。

スポンサードリンク

航海士 仕事の内容

航海士の仕事内容は、大きく分けて船舶の操縦、船員への指示管理、荷物の運搬などがあります。特に、航海中の船の位置確認は、航海士の重要な仕事といえます。
航海中は、複数人の航海士が24時間体制で気象情報の確認と、船の位置の精確な把握、他の船舶との位置関係を確認し続けます。その他にも航路や積み荷の確認など、あらゆることを確認するのが、航海士の仕事です。
航海士が活躍するシーンは様々です。客船や輸送船はもちろん、海上保安庁なども、その就職先となります。いずれの場合も、仕事内容はほぼ同じです。

航海士 仕事に必要な資格

航海士になるには、海技士という国家資格を取得する必要があります。海技士の資格を取得するにはいくつか方法があり、最もオーソドックスなのは、高校卒業後に商船大学や海上技術短期大学などに進学して、受験資格を得ることです。
その他にも、船舶の甲板部で甲板部員として働くことができれば、進学せずとも一定期間勤務後に受験資格を得ることが出来ます。1級から6級まで分かれており、基本的には級が上がる毎に難易度が上がっていきます。

航海士 仕事に必要なスキル

多くの航海士の方は、『冷静さ』を挙げます。航海士は他の船員を指揮したり、船内の管理を行うことが仕事です。そのため、状況の変化を的確に読み取り、適切な行動を獲ることが出来る冷静さがなにより必要なスキルといえます。
また、航海は長期間に渡り、その間航海士は24時間体制のシフト制での勤務形態を取ります。そのため、航海士には体力も必要です。体力に自身があり、事故管理が出来なければ、航海士の仕事は務まりません。

航海士の仕事のまとめ

非常に高い水準の収入が魅力的な仕事ですが、重責や中々家に帰れないといった難点も多い仕事です。
ですが収入以外にも、航海士にはメリットがあります。海の上でしか見ることの出来ない素晴らしい景色や、使う機会がないためにどんどん貯まっていく貯金、長い海上勤務をくぐり抜けた後の一ヶ月以上の長い休暇等、航海士特有のメリットは数えきれないほどあります。
今後、日本における航海士の需要はさらに上がっていくことが予想されています。近年では女性の航海士も年々増加しており、機械の技術の発展もあって、女性も働きやすい職業となりつつあります。
この一風変わった職業は、中々他の仕事では味わえないやりがいを感じることの出来る職業とまとめることが出来ます。航海士という職業は、今後も活躍が期待される職業です。

スポンサードリンク

航海士の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング