作業療法士の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>作業療法士の仕事の年収・やりがい・本音

作業療法士の仕事の年収・やりがい・本音

作業療法士 仕事の年収・月収

作業療法士の収入は、職場や現場、働き方によって大きく変動します。活躍する場所から収入を見た場合、病院などは水準が高い傾向があり、福祉施設などでは水準が低い傾向があります。
具体的なデータですが、年収では約390万円、月収では27万円と、全体の平均に比べるとやや低いようです。男女別に見てみると男性は平均約400万円、女性は約380万円となっており、他の職業に比べて男女間の収入の差が少ない傾向があります。
ただし水準は低いようですが、収入以外の保障や待遇、昇給などの面で優遇されていることが多く、比較的安定した立場で働ける職場が多いというデータがあります。

スポンサードリンク

作業療法士の仕事は、消える職業?消えない職業?

近年よく取り沙汰される『近い将来に消える職業』ですが、作業療法士は基本的に、消えない職業と考えられているようです。理由としては作業療法士はリハビリを司る職業であり、患者さん一人ひとりと向き合って仕事を行う必要があるためです。そのため、機械やコンピューターでは代替出来ない仕事と言われています。
そのため、今後も作業療法士が消える職業となることはないでしょう。特に今後は介護分野などでの作業療法士へのニーズの高まりが予想されています。消えない職業といえます。

作業療法士 仕事の将来性・安定性

安定性に関しては働き方にもよりますが、正社員として雇用されている場合は高いといえます。保険や手当などの待遇が比較的優遇されている職場が多く、生活をしていく上で困窮する事態にはならないでしょう。
将来性の面から行くと、現在では未知数な部分が多いようです。近年では高齢化に伴う福祉分野からのニーズが増加傾向にありますが、その点から考えると将来性は高いのですが、同時に理学療法士と仕事の領域が重なっている部分があり、差別化の必要性が叫ばれているためです。
今後は個人個人の努力による部分も大きいと言われています。作業療法士としての既存の道を極めていくか、あるいは新しい分野に進出していくか、個人の決断が大切になる未来が来ているようです。

作業療法士 仕事のやりがい・本音

作業療法士の仕事は、怪我や病気などによって身体が不自由になった人に対してリハビリテーションを行うことです。そのため、自身が考えたリハビリによって患者さんが少しずつ回復していく姿を見るのは、作業療法士として大きなやりがいを感じます。
特に、自身のリハビリによって患者さんが回復した場合、患者本人やその家族から感謝の言葉をもらえるケースも多いようです。その言葉を励みに日々がんばっている……という本音を持っている方も多いようです。

作業療法士 仕事の良い点

作業療法士の仕事の特徴として、『日常的な活動をリハビリとして活かす』というものがあります。理学療法士に比べて専門的で特徴的なリハビリではないので、患者さんが『そんなごく普通のことでいいなら……』と何の抵抗もなくリハビリを受け入れてくれるケースがあります。これは良い点といえます。
また、作業療法士の仕事はメンタルケアの面にも及びます。その分カウンセリングの勉強も必要になってきますが、これは作業療法士だけでなく幅広い色々な場面で応用が効く理論です。これも作業療法士の良い点といえるでしょう。

作業療法士 仕事の悪い点

『日常的な活動をリハビリとして活かす』という特徴が、そのまま悪い点にも反映されます。日常的な動きを使うわけですから、時に患者から『そんなことやって意味あるの?』という疑問を持たれるケースがよくあるようです。医学的根拠等をしっかりと説明せねばならず、理学療法士と比べた際の悪い点といえます。
また、理学療法士や言語聴覚士に比べ、専売特許のような専門技術がないことを嘆く方もいらっしゃいます。中には理学療法士に頭が上がらないと考えている方もおり、この点は悪い点ということが出来るかもしれません。

スポンサードリンク

作業療法士 仕事の内容

基本的には、怪我や病気で身体が不自由になった人に対して、医師の指示のもとでリハビリを行うこのとが、作業療法士の仕事内容になります。
似た職業で理学療法士がありますが、運動や物理療法を司るのに対し、作業療法士は手芸や工芸、書道、園芸などの、日常生活の基本的な作業を繰り返す『作業療法』を用います。理学療法士のリハビリに比べ、より細かく応用的な回復を援助するという違いがあります。これらは身体に適度な負荷をかけることにより、身体や指の動きをスムーズにし、精神面をリラックスさせるという効果があります。

作業療法士 仕事に必要な資格

作業療法士になるには、作業療法士国家試験に合格する必要があります。養成課程のある大学や短大、専門学校で3年以上学び、所定の課程を修了することで受験資格を得ることが出来ます。国家試験の合格率は75%程度とのことで、しっかりと勉強を行っていれば、そう難しい試験ではないようです。
難点として、合格発表が4月という点です。新卒の人が受験して作業療法士を目指す場合、すでに就職が決定している段階で合格の可否が分かります。そのため、不合格だった場合の対応を新たな就職先に事前に確認しておくことが大切です。

作業療法士 仕事に必要なスキル

必要なスキルは養成課程において身に着ける部分が多いので、なる前に特に必要になってくるものはとくにないといえます。
必要な素養としては、いろいろなことに関心を持てる好奇心があります。作業療法士は日々の何気ない行動を訓練として利用します。そのため、家事や趣味の動きに感心を餅、分析して、患者が興味を持てるような動きをリハビリとする必要があるのです。
また近年では、自分ならではの強みを持つことが重要視されつつあります。理論や知識を身につけた上で、経験を活かして新しい発想や自由な発想をしていくことが、作業療法士として重要視されつつあるようです。

作業療法士の仕事のまとめ

現状、作業療法士は理学療法士と混同されている傾向があります。どちらもリハビリを司る職業で、活躍範囲が重なっていることが理由なようです。
運動療法や物理療法を行う理学療法士に比べ、作業療法士は日々の何気ない動きをリハビリに取り入れるという違いがあります。その他にも理学療法士と作業療法士の間には明確な違いがあり、それらをより明確にしていく必要を、多くの作業療法士の方が叫んでいます。
運動療法や物理療法を手技として用いる理学療法士に比べて、作業療法士のリハビリは心理的な負担が少ないという特徴もあります。こういった違いを全面に出し、個人個人の強みを明確に出していけば、今後作業療法士として輝くことも不可能ではありません。
まとめると、今後は作業療法士としての強みを明確に出していくことが重要といえます。作業療法士には作業療法士の強みがあります。その強みを全面に出していくことで、独自の存在感をアピールしていくことが出来るでしょう。

スポンサードリンク

作業療法士の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング