【小保方氏懲戒解雇に反論!?「画像誤り、これは密告した若山先生の実験部分じゃないですか」】

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>【小保方氏懲戒解雇に反論!?「画像誤り、これは密告した若山先生の実験部分じゃないですか」】

【小保方氏懲戒解雇に反論!?「画像誤り、これは密告した若山先生の実験部分じゃないですか」】

obokatawakayama

【小保方氏懲戒解雇に反論!?「画像誤り、これは若山先生の実験部分じゃないですか」】

小保方晴子がSTAP細胞の論文の新たな画像の誤り指摘に、
「写真は小保方氏ではなく若山先生の担当分野で、違っているかどうかも理解できない」と、
共著者の若山照彦山梨大教授の責任だと反論しました。

さらに、STAP細胞の論文の新たな画像の誤り指摘は、
若山教授自身が理研への密告者ではないか!と非難しました。

長期入院中の小保方晴子はこの若山教授の密告に強いショックを受け、
「これは若山先生の実験部分じゃないですか」と叫んでいるそうです。

スポンサードリンク

三木弁護士は「私なりの情報では、若山先生が発信してると聞いている」。
理研は情報提供によって、別の実験結果を示す2匹のマウスとした写真が、同じマウスの別カット写真だったことが判明したとしているが、
その提供者が若山教授ではないかと追及しています。

でも、このSTAP細胞の論文は小保方晴子が筆頭著者なんですよね。

実験担当はともかく、まとめたのは小保方晴子です。
論文をまとめる時点でしっかりと画像、内容について確認するのが、ファーストオーサーの務めでしょう。

理研から要請がって若山教授も情報を提供したんだろうしね。それは科学に対する正しい姿勢です。
それを小保方晴子は、隠蔽しろと言っているのも同然です。

小保方晴子はユニットリーダーとしての「自分の責任」については一言も言っていません。

小保方晴子が言い募るのは、
「ショックを受けた」「悲しい」「STAP細胞は、あります」等、自分の安っぽい感情の垂れ流しか、
根拠のない憶測ばかりです。

そんな小保方晴子の懲戒解雇はもう決まったも同然。

しかも、言うに事欠いて「若山教授の責任」ですか?

他人の責任だはいくらでも指摘し、追求するんですね。
小保方晴子の部下になったら、
どんな責任を押し付けられるか、わかったものではありません。
指導者として、致命的な欠陥を持った方ですね。
小保方氏~。

スポンサードリンク


今となっては、

画像誤りを誰がしたとか、誰が間違った実験したとか、
実験ノートが観察日記レベルだとか、どーでもいいことです。

小保方晴子は、意味不明のことを言っている暇があったら、
「STAP細胞の作成」をテレビの公開放送で見せれば、良いだけです。
なにしろ、STAP細胞は「簡単にできる」「すぐできる」、
「私はSTAP細胞の作成に200回も成功している!」って言ったのは小保方晴子自身なんだから。

「STAP細胞の作成」をテレビの公開放送で見せない時点で、小保方晴子が偽装女子なことは、明確だ。
コピペとパクりばかりの写真と文章でできている論文の中にだけ、
STAP細胞が存在するんじゃ、小保方晴子の妄想の産物としか思えません!

小保方晴子はもうすぐ懲戒解雇間違いなしだから、
もう泥仕合は止めた方がいいですね。

そんなにSTAP細胞作製に自信があるなら、
懲戒解雇される前に理研を辞めて、
別の研究機関で研究した方がいい。

そして、「STAP細胞の作成」をテレビの公開放送で見せて、証明したらいい。
なにしろ、200回も作製に成功しているんだから一気に、
元のスターダムへ戻れます。

今、長期入院なんかしているわけには、いかなしでしょう。
発言をみると、かなりお元気なご様子ですから。

ただ、結局、小保方晴子は、自分自身では、STAP細胞作成について何を貢献したのか
わからなくなって来た。

若山教授が合成写真を作り小保方晴子にSTAP証拠写真として提供、
STAP細胞のアイディア自体はハーバードの教授もの、NATURE論文は実質的に笹井芳樹の作文、
となると、
小保方晴子のSTAP細胞への貢献は、
あの幼稚な観察日記レベルの実験ノートと言うことなんでしようかね。

関連記事

【笹井芳樹副センター長(小保方晴子の理研の上司)は、ノーベル賞iPS山中教授への嫉妬からSTAP論文作成か!?】の記事はこちら

【小保方晴子・盗用の魔女・年収1000万円超!普通の博士研究員(ポスドク)はワーキングプア?健康保険・退職金無し?のブラックな実態】の記事はこちら

【小保方晴子は論文のデータのみ作成。理研「笹井芳樹」副センター長が構成・内容( 9割)作成と判明!!】の記事はこちら

スポンサードリンク

【小保方氏懲戒解雇に反論!?「画像誤り、これは密告した若山先生の実験部分じゃないですか」】に関連する記事

人気記事ランキング