消える職業?消えない職業?新聞記者の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>消える職業?消えない職業?新聞記者の仕事の年収・やりがい・本音

消える職業?消えない職業?新聞記者の仕事の年収・やりがい・本音

news

消える職業?消えない職業?新聞記者 仕事の年収・月収

収入額に関しては、所属する新聞社の規模と社内のセクションによって、かなり大きく変動すると言われています。いわゆる大手と呼ばれる全国紙の新聞社と、地方の中小の新聞社の間では、倍近い年収の差があると言われています。
それを考慮した上での平均的な額で言うと、年収は840万円程度、月収で55万円程度と言われています。これは全国平均絡みても、かなり高い数値となっています。
ただし部署にもよりますが、新聞記者の仕事は12時間以上の超過勤務が当たり前と言われている世界です。各部署ごとには残業代が出る限度の時間が決められており、それを超過すると、あとの残業はサービス残業となってしまう厳しい世界でもあります。

スポンサードリンク

新聞記者の仕事は、消える職業?消えない職業?

近年、新聞の社会的ステータスが下がってきているという事実があり、その新聞を作成する新聞記者もまた、社会的ステータスが下がってきています。インターネットの登場により、その速読性、相互コミュニケーション性において新聞は太刀打ち出来ず、現在、新聞は苦しい状況に追い込まれています。そのため、新聞とそれを作る新聞記者は、新たな道を模索しているのが現状です。
一朝一夕で新聞というメディアが無くなってしまうということは考え辛いため、新聞記者という職業もすぐには消えない職業とはいえます。しかし、10年後や20年後、現在とはまったく違う仕事内容の職業となっている可能性はあります。そういう意味では消える職業といえるのかもしれません。

消える職業?消えない職業?新聞記者 仕事の将来性・安定性

安定性に関しては、やはり新聞記者といっても会社員ですから、他の職種の会社員と同じぐらいの安定性はあると思われます。勤続年数がやや長めな点や、高額な収入の面から見ても、それは明らかでしょう。ただし、新聞の購読数が年々現象している関係上、その安定性は今後失われていくのかもしれません。
同じことが将来性に関しても言えます。現職の新聞記者の方々は、口々に『将来性はない』といいます。やはり新聞の購読数が年々減少しているのが響いているようです。自身の得意分野を持ったり、マルチメディアに対応出来る新聞記者でない限り、将来性は低いのかもしれません。

消える職業?消えない職業?新聞記者 仕事のやりがい・本音

多くの新聞記者が、『自身が書いた記事が、たくさんの人に読んでもらえること』をやりがいとして挙げます。自身が取ってきたスクープを、読む人に的確に分かりやすく伝えるために悩みながら書いた記事が読者に評価されることは、新聞記者にとってはなにより得難いやりがいのようです。
また、時に新聞記者が書いた記事が世の中を動かし、事態が大きく動くきっかけになる場合もあります。そのため、大きなやりがいとともに、非常に強い責任を感じるという本音を持っている新聞記者の方もいらっしゃいます。

消える職業?消えない職業?新聞記者 仕事の良い点

新聞記者の方々は口をそろえて『コネクションが出来る』といいます。新聞記者の業務の一つに、いろいろな人から情報を仕入れる『取材』というものがありますが、その過程でいろいろな人との繋がりが出来てくる点が、良い点だといえます。
ニュースキャスターとしても有名な故・筑紫哲也さんは元朝日新聞の記者で、政治部で働く傍ら、多くの政治家との太いパイプを築いていたことでも有名です。
また、新聞記者は記事を書く際、日本語として間違いがなく、かつ分かりやすい文章を書くことに注力します。そのため、新聞記者の仕事を続けていると、自然と文章を書く能力が鍛えられ、それはあらゆる分野においての武器となります。中には新聞記者を退職した後、作家として書籍を出版する人もいます。それもまた、この仕事の良い点といえるでしょう。
テレビドラマ『ハゲタカ』の原作者である真山仁さん等がその典型例です。

消える職業?消えない職業?新聞記者 仕事の悪い点

基本的に新聞記者の仕事は決まった時間働くという概念がないようで、一日12時間勤務は当たり前で、24時間常時働いているのが常のようです。プライベートの時間をキッチリと区別したい人にとっては悪い点といえるでしょう。
また取材中は、相手にとって気持ちのいい質問ばかりをするわけにも行かず、時には空気を読まずに、相手にとって嫌な質問をしなければならない瞬間というのもあります。人に対して誠実な人にとっては、そういった心苦しい瞬間を迎えるのは悪い点といえるのかもしれません。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?新聞記者 仕事の内容

政治、経済、国際問題からスポーツ、教育、文化に至るまで、日々の暮らしに関係するありとあらゆる事の動きに関して記事を書き、それを新聞として発行することが新聞記者の仕事の内容になります。
仕事は外に出て取材を行い、記事を書き上げる記者と、校正・校閲を司る内勤記者の大きく二通りに別れます。
取材を行う記者の場合、それぞれが専門となる部署に配属され、担当者や記者クラブからの発表、専門家からの取材内容に応じて記事を書き上げます。朝刊と夕刊の記事には締め切りがあるため、正確で分かりやすい記事をスピーディーに書き上げる必要があります。
内勤記者が行う校正・校閲の仕事は、事実関係の確認や見出しの付け方、記事の字句の修正などを担当しており、新聞記事作成の基本となっています。

消える職業?消えない職業?新聞記者 仕事に必要な資格

新聞記者になるのに必要な資格は特にありませんが、基本は4年制大学を卒業していることが必須となっているようです。
また、大学によっては『新聞学部』『新聞学科』を創設しているところもありますが、それよりもむしろ政治学部、経済学部、社会学部などを卒業している方が有利と言われています。また近年では、金融工学や情報工学など、専門性の高い学部を卒業した人を率先して採用しているところもあります。

消える職業?消えない職業?新聞記者 仕事に必要なスキル

まず何よりもコミュニケーション能力が必要となります。取材として人と接する機会が多い関係上、相手と円滑にコミュニケーションを行う能力は、新聞記者にとって必要なスキルといえます。
また近年では、何かしら専門性を持つことが重要と言われています。近年では情報の速読性よりも緻密さを新聞に求める傾向があり、その期待に応えるには、何か一つでも専門的な知識を持っていることが必要になってきます。

消える職業?消えない職業?新聞記者の仕事のまとめ

現在、新聞というメディアはさらなる進化が求められています。インターネットの登場により、新聞という存在は窮地に追い込まれています。それに伴って、新聞記者に求められるものも、次第に様変わりしてきています。
しかしながら新聞記者の本質は記事を書くことであり、その点は今後も揺るがないと思われます。取材を重ねて事実を掴み、それを読者に分かりやすく伝えるという使命は、今後も変わらない新聞記者の大切な仕事となるでしょう。
新聞記者として得たスキルは、他業種でも存分に発揮出来るというメリットもあります。文章を書くスキルを活かして作家に転身する人もいれば、故・三宅久之さんのように、その専門性を活かして評論家として活躍される方も多くいらっしゃいます。そういう意味では、職業としての『新聞記者』に将来性がないとしても、そこで身に着くスキルは他の職業では中々得られない貴重なものとなります。
その分、時には自分が書いた記事が発端となって世の中が動くかもしれない…という責任感を持って仕事を行うことが求められます。得られるものは大きいけれど、その分大きな責任が伴う職業というのが、新聞記者という仕事のまとめといえるでしょう。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?新聞記者の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング