ニュースキャスターの収入・テレビ局所属のアナウンサーでは年収1000万円以上の人も!報道番組の司会と解説・論評が主な仕事

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>ニュースキャスターの収入・テレビ局所属のアナウンサーでは年収1000万円以上の人も!報道番組の司会と解説・論評が主な仕事

ニュースキャスターの収入・テレビ局所属のアナウンサーでは年収1000万円以上の人も!報道番組の司会と解説・論評が主な仕事

テレビ報道番組の顔となるニュースキャスターは花形の職業ですが、誰でも簡単になれるわけではありません。

テレビ局のアナウンサーや記者から抜擢される例も多いニュースキャスターについて、収入面も含めて紹介します。

スポンサードリンク

1.報道番組の司会と解説・論評が主な仕事

テレビのニュース番組や報道番組は単にその日の出来事を伝えるだけでなく、視聴者が理解しやすいよう映像や解説を駆使した番組構成が求められます。

その中でも最も重要な役割を担っているのが、番組の司会・進行を務めるニュースキャスターです。

ニュースキャスターは報道番組の司会者としてニュースを伝えながら、難しい用語やニュースの背景などについて解説を加えていきます。

ニュースや社会問題に対して独自の切り口で意見や論評を述べるキャスターは特に人気を集めていますが、それらは単なる感想ではなく公正な立場からの発言でなければなりません。

専門知識を要する分野のニュースを報じる際にはその道の専門家をゲストとして招き、ニュースをさまざまな角度からわかりやすく解説してくれるよう質問していくのもニュースキャスターの役割です。

ニュースキャスターは単にニュース原稿を読み上げるアナウンサーと異なり、世界情勢から流行の世相まで幅広い知識と見解を持つことが求められる職業です。

2.テレビ局所属のアナウンサーでは年収1000万円以上の人も

報道番組の視聴率にも大きな影響を与えるニュースキャスターは、番組を放送しているテレビ局のアナウンサーが担当する例が多いものです。

テレビ局に入社したアナウンサーにとってもニュース番組のキャスターは花形のポジションで、起用されれば局内でも才能を認められたことを意味します。

テレビ局を退社したフリーアナウンサーに加え、社会部などの記者からニュースキャスターに転身した例も少なくありません。

著名な新聞記者やジャーナリストがそうした番組のキャスターに起用される例が見られるほど、ニュースキャスターと言っても出身は多種多様です。

そのためニュースキャスターの収入もテレビ局社員の場合とフリーランスの場合では大きく違ってきますが、NHKにや民放キー局のアナウンサーは全般に高収入なことで知られています。

キャスターに起用されるほど経験豊富なアナウンサーになると、年収1000万円以上を得ている人も珍しくありません。

3.清潔感や公正さが求められプレッシャーの大きい仕事

報道番組ではメインキャスターが司会を務める一方で、局のアナウンサーがニュースを報じる場面もしばしば見られるものです。

そうしたアナウンサーはキャスターを補佐する役目とも言えますが、メインキャスターの役割は単にニュース原稿を読むだけではありません。

アナウンサーはニュース原稿を正確に伝える使命を帯びており、正しい発音や感情を表に出さない冷静さが求められてきます。

報道番組の顔となるニュースキャスターにも同様の正確さや冷静さはもちろん必要ですが、メインキャスターともなれば一般のアナウンサー以上に人格面が重要になってくるものです。

ニュースキャスターには私生活も含めて清潔感や公正なイメージが求められるため、人一倍厳しいプレッシャーにさらされています。

フリーアナウンサーやジャーナリストなどテレビ局の社員ではないニュースキャスターは収入が必ずしも安定せず、著作なども含めて高収入を得ている人も少なくないものです。

4.有名人として顔が売れれば高年収につながる

ニュースキャスターでも地方局の小さなニュース番組を担当しているようなアナウンサーは、年収もずっと低い水準と推定されます。

フリーアナウンサーやジャーナリストも含めたニュースキャスターの報酬は、番組の視聴率とともにその人の人気や知名度にもある程度比例してくるのです。

番組名に自身の名前が冠されるほど人気の高いニュースキャスターは、ニュース解説の切り口や伝え方などに個性を持っています。

そうした個性と公正さとの匙加減が絶妙な人気キャスターは視聴率が取れる存在としてテレビ業界でも重宝され、一介のアナウンサーでも才能次第では有名人になれるのです。

そうした実力を持つフリーアナウンサーやジャーナリストが新たな報道番組に起用されれば、報酬がアップして高年収を得られるようになります。

テレビ局のアナウンサーがニュースキャスターとして起用されて人気者になり、フリーに転身して有名タレントの仲間入りをした例も少なくありません。

スポンサードリンク

5.テレビ局入社は競争率が高く狭き門

ニュースキャスターの中にはテレビ局アナウンサー以外からの転身組も含まれるとは言え、そのような人はジャーナリストとして相当な実績を持つベテランが大半となっています。

ニュース番組にもコメンテーターやゲストとして多く出演し、一定の評価を得るようになって初めてキャスターの仕事を依頼されるようになります。

ニュースキャスターになる方法としてそのようなコースは一般的でないため、キャスターを目指す人の多くはまずテレビ局入社からスタートしています。

NHKや民放キー局は毎年多人数の職員や社員を採用していますが、応募者数も非常に多く内定を得るのは大変な狭き門です。

アナウンサー志望者の中には在学中からアナウンサー関係のスクールを受講し、少しでも就職に有利となるようスキルを磨いている人も少なくありません。

入社後も新人アナウンサーがいきなりニュースキャスターに起用されることは有り得ませんが、才能があればやがてチャンスが巡ってくるものです。

いまでも高収入が狙えるニュースキャスターの仕事

アナウンサーにはナレーションやスポーツ実況など、ニュース以外にもさまざまな仕事があります。

ニュースキャスターに起用されるアナウンサーは一握りに過ぎませんが、記者の中にも才能を持つ人なら抜擢の可能性があります。

ニュースキャスターはアナウンサーとジャーナリストの両方を兼ね備えた才能が求められる仕事です。

スポンサードリンク

ニュースキャスターの収入・テレビ局所属のアナウンサーでは年収1000万円以上の人も!報道番組の司会と解説・論評が主な仕事に関連する記事

人気記事ランキング