ネットワークエンジニアの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>ネットワークエンジニアの仕事の年収・やりがい・本音

ネットワークエンジニアの仕事の年収・やりがい・本音

ネットワークエンジニアの仕事の年収・月収

ネットワークエンジニアの仕事の年収や月収は、その人が持っているスキルによって大きな差が出てきますが。30代の平均としては、月収が30万円程度、年収が460万円程度になります。ですが、『CCIE』というネットワークエンジニアの認定資格の中でも最高位に位置する資格を持っていると、月収60万円以上、年収も1000万円を超えることもあります。

スポンサードリンク

ネットワークエンジニアの仕事は、消える職業?消えない職業?

現代社会でのインターネットの普及には目を見張るものがありますが、その体系を維持していくためには、常にネットワークの保守点検や監視が必要であり、時には新しく運用し直す必要性も出てきます。そのため、ネットワークエンジニアの仕事は今後も需要が見込まれるので、消えない職業として存在し続けていくことは間違いないでしょう。

ネットワークエンジニアの仕事の将来性・安定性

現代社会では、ネットワーク機器を使わないで生活していくことはほとんど不可能と言えるほど、私たちの毎日の生活に深く浸透しています。そのため、ネットワークエンジニアの仕事は常にさまざまな分野から必要とされていて、この点からも、ネットワークエンジニアの仕事の将来性は高いものと言え、同時に安定性も確固たるものがある仕事と言えるでしょう。

ネットワークエンジニアの仕事のやりがい・本音

ネットワークエンジニアの仕事のやりがいは、自分の設計したネットワークが完成して、無事に起動し始めた時に感じることができるでしょう。もちろん、ネットワークを新しく構築するのは自分一人だけでできるものではありません。ですから、それらのスタッフとの連携を取りながらひとつものを作り上げていかなければならない点が大変だという本音も聞かれます・

ネットワークエンジニアの仕事の良い点

ネットワークエンジニアの仕事の良い点は、自分の持っているスキルを上げていくことによって、どんどんステイタスをキャリアアップすることができるという点です。それに伴ってもちろん給与も当然上がっていきますので、同年代の人たちと比べると、だいぶ多めの給与をもらうことができる点もこの仕事の良い点としてあげられるでしょう。

ネットワークエンジニアの仕事の悪い点

ネットワークは常に動き続けているものなので、いつ何時トラブルが発生するかも分かりませんし、さらにトラブルが発生した時には迅速に対応しなければなりません。そのためネットワークエンジニアの仕事の悪い点は、緊急の呼び出しがあったり、トラブル解消のために長い時間残業をしなくてはならなくなることもある点があげられます。

スポンサードリンク

ネットワークエンジニアの仕事の内容

ネットワークエンジニアの仕事の内容は、コンピューターなどの電子機器のネットワークを設計し、構築していくことです。出来上がったネットワークに障害などが生じないように保守を行い、何かトラブルが発生した際には迅速に解決に努めます。さらには、使っていくうちに生じた必要性を加味してうまく運用していくこともその仕事となります。

ネットワークエンジニアの仕事に必要な資格

ネットワークエンジニアの仕事に必要な公的な資格はありません。ただしとても専門的な仕事ですから、大学や専門学校でコンピューター関係の課程を履修する必要があります。さらに、ネットワークエンジニアのための資格試験をどれだけ習得しているかによって給与や地位にも反映されていきますので、それらに挑戦していくことも必須です。

ネットワークエンジニアの仕事に必要なスキル

ネットワークエンジニアの仕事に必要なスキルは、システム管理スキルの知識などを習得しなければなりません。ですが、それよりも大切なのは自分でネットワークを構築できるスキルで、特に自宅のパソコンを使って独自のネットワークを構築していたりすると採用に有利な場合が多いようです。いろいろな経験が物を言う世界と言えます。

 ネットワークエンジニアの仕事のまとめ

現代では、毎日のようにコンピューターを立ち上げて、ネットワークを利用しながらいろいろな仕事をこなしている私たちですが、その仕組みがどのようになっているのかについては、全くわかりません。そんな、いわばシロウトでも、何ら気にすることなくネットワークを使っていけるのは、ネットワークエンジニアのおかげと言わざるを得ないでしょう。現代では欠かす事の出来ない職業のひとつです。

スポンサードリンク

ネットワークエンジニアの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング