実際に支給されている年金の平均月額は?国民年金は月額5万5千円、厚生年金は14万7千円!

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>実際に支給されている年金の平均月額は?国民年金は月額5万5千円、厚生年金は14万7千円!

実際に支給されている年金の平均月額は?国民年金は月額5万5千円、厚生年金は14万7千円!

国民年金は平均月額5万5千円、厚生年金は平均月額14万7千円が現実

厚生労働省の「平成27年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」(2017年3月)に、
年金支給額は、国民年金が平均月額で5万5千円、厚生年金は14万7千円という実績が報告されています。

スポンサードリンク


これによると国民年金(老齢基礎年金)の平均支給額は、月額で55,244円です。
国民年金の満額支給額は、年に779,300円。月額だと64,941円は貰えるはずなんですがね。

しかし満額支給してもらうには40年間保険料を支払わなければなりません。
実際にはこの期間保険証を支払っている人は少ないんですね。

例えば、60歳から国民年金の繰上げ支給を受けると繰上げ支給で3割減になります。
満額でも月額45,459円になっちゃうんですね。しかも実際の支給額は38,967円になります。これは40年間支払っていないからですね。
なかなかに厳しい数字です。

厚生年金の場合は、平均月額支給額は147,872円です。

厚生年金も国民年金と同じく加入期間や月額報酬によって、支給金額は違ってきます。
そのため男女差が大きくなり厚生年金の平均月額支給額は男性が166,120円、女性が102,131円と報告されてます。

厚生年金の場合、夫婦2人の場合の想定モデルの支給額は?

これは、夫婦2人の場合です。
40年間サラリーマンとして働いた夫と、専業主婦の組み合わせが想定モデルです。
今時、専業主婦は少ないと思いますけれどね。

厚生年金が支給される男性と、国民年金だけの女性の組み合わせですね。
その平均月額支給額は221,277円になります。

厚生労働省の「平成27年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」(2017年3月)報告書の年金の月額は、実際に支給されている金額です。
今後自分の年金はいくら支給されるのかを知り、生活設計を立てるのに参考になりますね。

スポンサードリンク

単身者、夫婦の年金平均月額を推定!

国民年金 単身者
55,244円

国民年金 夫婦
110,488円

厚生年金 単身者
145,305円

厚生年金(夫)+国民年金(妻)
221,364円

厚生年金 夫婦共稼ぎ
268,251円~290,610円

やはり、年金だけでは、食べえいけないかな。
働くしかありませんかね。

スポンサードリンク

実際に支給されている年金の平均月額は?国民年金は月額5万5千円、厚生年金は14万7千円!に関連する記事

人気記事ランキング