【消える職業なくなる仕事!2020年東京オリンピック開催までに無くなる可能性の高い仕事はこれ?】

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>【消える職業なくなる仕事!2020年東京オリンピック開催までに無くなる可能性の高い仕事はこれ?】

【消える職業なくなる仕事!2020年東京オリンピック開催までに無くなる可能性の高い仕事はこれ?】

nakunarisigoto

2020年消える職業なくなる仕事!東京オリンピック開催までに無くなる可能性の高い仕事はこれ?

モノ造りで一世を風靡してきた巨大大企業の大赤字が止まりません!

これからの7年以内に消えてしまう大企業は、予測の範囲を超えそうです。

また、定型的な仕事しかできない普通の事務をこなすサラリーマン・OLも、いらなくなります。

ロボッや機械に代替されて、仕事が無くなってしまうからです。

スポンサードリンク

あなたの仕事は、無くなりませんか?

そうなると、中間管理職(一般事務サラリーマンの管理や、会議や資料作成のまとめ役)までもいらなくなります。

実際、これらは、もうすでに、アメリカで現実化していることなので、すぐ、日本にやってきて、

さまざまな職種の人々が失業に追い込まれていくのは間違いありません!

これから東京オリンピックが始まる2020年までの7年間に、
私たちの生活・仕事は激変します。

国の借金は、過去最大の1011兆円を超え、負債の膨張が止まりません。
そこに、

超高齢化、生産人口の減少、ロボット化の進展、新・新興国の台頭、国際化の波という追い打ちがやってきます。

この激変の中で、日本の中では存在できなくなって、無くなってしまう可能性の高い仕事が増えています。

これからたった7年で何も変わるもんか!という甘い考えでは失業しますよ!

これから7年後の怖さを知るために、

過去7年間に倒産した企業を調べてみると・・・。

錚々たるメンツです。

英会話のノヴァ、米大手証券リーマン・ブラザーズ、大和生命保険、穴吹工務店、百貨店の丸井今井、

日本振興銀行、JAL(日本航空)、武富士、ウィルコム、半導体大手のエルピーダメモリ……。

これだけの巨大戦艦のような大企業が、あっという間に波間に消えていったのです。

これから一番怖いのは、移民の流入です。

安倍首相 や日本経団連は、すでに移民受け入れの方針を示しています。

これが実現すれば(残念ながら実現しちゃうでしょうが・・・)、

インドや東アジア圏から安くて高い能力・スキルを持った人材が膨大に流入してくるのです。

そうなれば、結果は見えています。

日本人の仕事はあっという間に移民の方たちに奪われ、路頭に迷う人たちが激増します。

しかも、IT技術の進化は止まりませんから、

誰でも簡単にできる定型化した仕事が、ロボットに置き換えられ、無くなってしまうのです。

あなたの仕事はどうでしLっようか?無くなってしまいませんか?

[ここから引用:現代ビジネス]

確実にいえるのは、ロボットや機械がわれわれの仕事を奪う時代に突入するということだ。

「たとえば、工場での単純作業者は高級ロボットや高度な製造装置に置き換わり、無人工場も出てくる。秘書や電話を取り次ぐオペレーターの仕事も、情報機器やクラウドコンピューターが取って代わる。会議、報告書の作成の手配などしかできないホワイトカラーの中間管理職にしても同じこと。人間しかできない新しい発想や価値を生む以外の仕事は、ロボット・機械に奪われる可能性があると考えたほうがいい」(前出・出川氏)

オフィスで隣に座っていた同僚がある日突然いなくなり、代わりにロボットが座っている—そんな薄ら寒い光景が、現実になる日が近づいている。ベンチャーキャピタリストの古我知史氏も言う。

「100円ショップで手に入るメモリーデバイス(記憶装置)の中に、高校までのすべての科目の詳細な知識が軽く保存できるようになる。簡単な検索でそうした情報が誰でも手に入る時代に、知識と情報だけを伝える教員は不要になる。

交番の警察官の仕事も、機械が代替できる。世の中にくまなく監視カメラやセンサー装置が配置され、あらゆる現象がモニター(監視)され、日常的に記録される。犯罪や交通事故などがそのまま捕捉され、記録をもとに犯人や当事者が簡単に特定されるようになる」

スーパーに行けばレジ係の代わりに自動会計装置が置かれ、電車に乗れば自動運転なので運転士はおらず、出張先の海外では通訳の代わりに自動翻訳機が活躍、会社に戻ればあいかわらず隣にロボット……。機械やロボットはこれでもかとばかりにわれわれの仕事を侵食していくのだ。

[ここまで引用:現代ビジネス]
【知ってましたか これが2020年のニッポンだ - わずか7年後、この国はこんなに変わる あなたの会社は消えているかもしれない「なくなる仕事」教えます】「現代ビジネス」の記事はこちら

スポンサードリンク

この特集によると、

2020年(あと7年後)までに無くなってしまう仕事一覧

電車の運転手
レジ係
通訳・速記・ワープロ入力
プログラマー
新聞配達員
郵便配達員
レンタルビデオ
ガソリンスタンド
高速道路の料金徴収業務
仲卸業者
小規模農家・兼業農家
大手電力会社
自然エネルギー関連
参議院議員
専業主婦
日本人の取締役
中間管理職
受付・案内業務
一般事務・秘書
オペレーター・コールセンター
訪問型営業
金型職人
倉庫作業員・工場労働者
コピー・FAX・プリンター関連
証券・不動産・ブローカー
ヘッジファンドマネージャー
証券アナリスト・FP
生保レディ
教員
交番の警察官

これらの仕事が、

2020年(あと7年後)東京オリンピック開催までに、無くなってしまう可能性の高い仕事なんですね。

営業系の仕事や職人の仕事が無くなる。

中間管理職などのホワイトカラーや一般事務や秘書の仕事も無くなる。
単純作業系の仕事も無くなる。

と言う予測ですね。

これは、今迄みたいな、

どこかの会社に所属して働くということが出来なくなる!ってことですね。

今までのサラリーマンとして働いて、月給をもらって、
「サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ~!」

とは言えなくなります。

でも、

逆に考えたら、どうでしょうか?

社畜から独立して個人が自分の能力・スキルを磨いて自由に生きていく大チャンスなんです!!!

今まで、いやいや行っていた会社にいかなくてよくなるんです。

通勤なし、時間的拘束なし、嫌な人間関係なしの理想の働き方が、

自分で自分の仕事をつくれる人には、訪れるんですね。

どうですか?

いっちょ、やってやろうじゃん!!と思いませせんか?

時代の変化に追い詰められて、失業させられるんじゃなくて、

自分から自由な働き方を新しく、作っていきましょう!

そのためには、できるだけリスクが少なくて、安定した仕事をつくることです。

一番この条件を満たしているのは、

ネットでお金を稼ぐ方法です。

もう少し、具体的にいうと、

アフィリエイトビジネスです。

このネットでお金を稼ぐ方法は、私が実践して結果を出しています!

ご紹介していきますので、

楽しみにお待ちくださいね。

【2020年なくなる仕事!東京オリンピック開催までに無くなる可能性の高い仕事はこれ?】の記事はこちら

【2020年なくなる仕事、電車の運転士・車掌(年収平均550万円)って本当!?】の記事はこちら

【消える職業仕事はレジ係(年収平均251万円)って本当!?】の記事はこちら

【芸能人の収入ランキング&生涯 収入ランキング!テレビを見るのをやめれば、こんな異常な収入は是正されますね!!】の記事はこちら

【ビートたけし(年収15億円)「人生はカネと女!!」細川ふみえと再婚か?】の記事はこちら
【明石家さんま、年収15億円!資産100億円!!ネタ5千円で小学生から買う噂!引退はまだまだ先かもね】の記事はこちら

【明石家さんま、お金と人生に成功する名言!さんまは、あの日本航空123便墜落事故で死んでいたはずだった!!】の記事はこちら

スポンサードリンク

【消える職業なくなる仕事!2020年東京オリンピック開催までに無くなる可能性の高い仕事はこれ?】に関連する記事

人気記事ランキング