ネイルアーティストの仕事の年収・やりがい・本音はコレ

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>ネイルアーティストの仕事の年収・やりがい・本音はコレ

ネイルアーティストの仕事の年収・やりがい・本音はコレ

nail

ネイルアーティスト 仕事の年収・月収

ネイルアーティストとしての仕事の仕方は、
サロンで働いたり開業したり、講師になったりとさまざまです。

サロンでアルバイトや契約社員として働く場合は時給で700円から1200円程度、
正社員では月収15万円から20万円程度と言われています。

腕を磨いて店長や経験豊かな講師になれば月収40万円、
つまり年収400万円から500万円ほどは見込めるでしょう。

スポンサードリンク

ネイルアーティスト 消える職業?消えない職業?

ネイルアーティストが今後消える職業か否かですが、
消えない職業でしょう。

ネイルアートは女性のファッションの一部として年々浸透し、
ネイルへの意識の高まりからアートのバリエーションも増え、
人気が急上昇しています。

実際にネイル産業自体も大きくなっており、
標準産業分類としてネイルサービス業が登録されました。

このことからもネイルアーティストは
消えない職業と言って良いのではないでしょうか。

ネイルアーティスト 将来性・安定性

ネイル産業全体の活性化により、
主な働き口であるネイルサロンや美容室も求人募集も多く、

その点ではネイルアーティストになるためのチャンスがひらけていて、
将来性があると言えます。

その反面、セルフで楽しめるネイルセットなども近年多く販売されているので、
ネイルサロンならではの高いクオリティーを提供できるよう、
常にスキルを磨かなければ安定性は望めません。

ネイルアーティスト 仕事のやりがい・本音

ネイルアーティストの仕事のやりがい・本音は、
女性にとっての「美」を追求し、磨いてあげられるところでしょう。

ファッションやスキンケアだけでなく、
爪の先まで綺麗にしている女性は美しさに抜かりがありません。

しかも手元は意外と人に見られている部分でもあります。
そんなネイルを美しくプロデュースできることが大きなやりがいです。

ネイルアーティスト 仕事の良い点

ネイルアーティストの仕事の良い点は、
働き方が多様なことです。

最も多いのはやはりネイルサロンでの勤務ですが、
頑張りが成果となって歩合で収入が増え、

日々成長を実感できる上、
お店を任されることもあります。

ほかにも美容院やエステサロンも活躍の場ですし、
講師になったり、フリーランスとして独立して海外で活躍したりすることも夢ではありません。

常に上を目指せるところが
ネイルアーティストの良い点でしょう。

スポンサードリンク

ネイルアーティスト 仕事の悪い点

ネイルアーティストの仕事の悪い点は、
同じ姿勢で長時間座って作業することになるので、
肩こりや腰痛などに悩まされやすいことです。

集中力も要しますし、
小さな爪を見てアートを施していくので
眼精疲労も引き起こしやすいです。

プロのネイルアーティストになるには
アシスタント期間を長く要することもあり、

練習に多くの時間を割かなければならなかったり、
あまり収入がなかったり、そういった面でも大変だと言えます。

ネイルアーティスト 仕事の内容

ネイルアーティストの仕事内容は
主にカラーリングやネイルアートを施すことです。

それ以外にも手や爪のマッサージを行ったり、
爪の形を道具で整えたり、爪のトラブルの相談にのったり、
ネイルやハンド全体のケアを行います。

綺麗にアートを施すには、
爪を美しく健康に保つ必要があるので、

ネイルケアの段階からアドバイスや
処置をしていかなければならないのです。

ネイルアーティスト 仕事に必要な資格

ネイルアーティストになるにあたって
資格が必要なわけではありません。

しかし、実際のところ資格を取得している人が多いです。

ネイルアーティストの仕事に役立つ資格には、
「JNECネイリスト技能検定」や「JNAジェルネイル技能検定」があります。

2級以上が好ましいでしょう。

ネイルアーティスト 仕事に必要なスキル

ネイルアーティストとして仕事をしていく上で必要なスキルとしては、
ネイルケアやカラーリングの知識はもちろんのこと、
知識に技術が伴う必要があります。

スクールなどで学び、ネイルサロンに就職してからも
アシスタントをしながらスキルやセンスを磨きましょう。

また、お客様の話や要望にしっかりと耳を傾け、
希望を叶える力もスキルとして身につけましょう。

スポンサードリンク

ネイルアーティストの仕事の年収・やりがい・本音はコレに関連する記事

人気記事ランキング