音楽プロデューサーの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>音楽プロデューサーの仕事の年収・やりがい・本音

音楽プロデューサーの仕事の年収・やりがい・本音

音楽プロデューサーの仕事の年収・月収

何人かの有名な音楽プロデューサー年収をあげてみましょう。
小室哲哉-かつて一世を風靡した音楽プロデューサーで、最高年収20億円とも~
でも詐欺事件を起こして今は、借金生活です・・・

つんく-最近、喉頭ガンの手術で声を失ったつんくさんですが、最高年収は10億円とも言われています。

他にフジイフミヤや桑田圭祐など、歌手活動をしながら音楽プロデューサーをしている人もいますが、彼らの年収はすべてを合わせると想像もつきません。ですが、一般的に下積みからコツコツと叩き上げてきたような音楽プロデューサーの平均年収は、200万円から500万円ぐらいとなります。

スポンサードリンク

音楽プロデューサーは消える職業?消えない職業?

道行く若者のほとんどが、イヤホンをしながら音楽を聞いている現代、音楽プロデューサーはまさに、引っ張りだこの職業と言えましょう。TwitterやFacebookで世界中がつながっている今、「この曲いい!」とのコメントがひとつ入ると、瞬く間にその情報は全世界を駆け巡ります。そんな多くの人が聞きたいと思う楽曲が作れるかどうかは、ひとえに音楽プロデューサーの腕に掛かっています。

音楽プロデューサーの将来性・安定性

音楽プロデューサー業界全体で見てみると、音楽プロデューサーの将来性は、大変あると考えられるでしょう。ただし、いつまでも安定性があるかどうかは、ヒット作品を続けて生み出せるかによってきます。もちろん、大きなヒット作をひとつ生むと、その印税でしばらくは安定性もあるでしょうが、世の中の興味の移り変わりは激しいものです。常に世の中に受けるような作品を生み出す事が、安定性につながります。

音楽プロデューサーの仕事のやりがい・本音

喉頭がんで声を失ったつんくさんが、2015年6月に「100年後でも聞いたり歌ったりされるような、そんな曲が作れたら」という事で「子守唄」を作成する事を決意しました。このように、音楽プロデューサーは「人の心に残る曲を~」という思いを常に持っており、これがやりがいにもつながります。ただ、ヒット曲を連発しなければならないというプレッシャーは、半端なものではないので、これが大変だ~という本音も聞かれます。

音楽プロデューサーの仕事の良い点

初対面の方から「あなたが、あの曲の音楽プロデューサーですか?」などと言われて感動されると、「この仕事をしてきて良かった~」と感じるそうです。という事で、音楽プロデューサーとして自分が作り出したものが、世間の人たちに感動を与える事が出来ると、何にも代えがたい歓びを感じる事が出来る仕事です。

音楽プロデューサーの仕事の悪い点

音楽プロデューサーだけにかかわらず、芸能関係の音楽業界の就業時間は、不規則な事が当然となっています。また、せっかく精魂込めて作った作品が、必ずしもヒットするとは限らず、その辺りは、まさに生みの苦しみを感じる事になるでしょう。音楽プロデューサーという仕事は、体力勝負と共に、精神的にも強くないと続かない仕事です。

スポンサードリンク

音楽プロデューサーの仕事の内容

楽曲を作り上げる、と言っても、すぐに出来上がるものでは無いので、音楽プロデューサーとしての仕事の内容は多岐に渡ります。まず、そのミュージシャンの音楽性を見出し、活動の方向性を決めます。それから、その方向性にあった作詞家や作曲家を探し出し、楽曲を練り上げます。そして、ミュージシャンやスタッフと共に、その楽曲を仕上げていくのです。その全般に掛かる予算をやり繰りしていくのも、音楽プロデューサーの仕事のひとつです。

音楽プロデューサーの仕事に必要な資格

基本的に、音楽プロデューサーとして働くために必要な資格はありません。ですが、やはり音楽にかかわる仕事ですので、音楽関係の専門知識を持っていた方が、仕事をスムーズに進める事が出来るでしょう。それ以外にも、仕事として音楽作りに携わるためのビジネスの流れなども、知っておくと良いでしょう。

音楽プロデューサーの仕事に必要なスキル

多くの人たちと一つの作品を作り上げていくのが、音楽プロデューサーの仕事ですので、ミュージシャンやスタッフとの間に、「この人とならやっていける」という信頼関係を築けるスキルが必要です。また、あらゆる事態に対応できる、柔軟な考え方も必要になります。多くのスタッフをまとめるリーダーシップも求められるでしょう。

音楽プロデューサーの仕事のまとめ

「音楽プロデューサーとして、時代に遺るような何かを作り出したい」という強い思いを持つ人がチャレンジしていくには、最適の職業と言えましょう。良い音楽は、時代を超え、国境を越え、多くの人々に感動を与える事が出来ます。そのような音楽作りに携わることができる音楽プロデューサーは、いわば人々に夢を与える仕事でもあります。プライドを持って出来る事でしょう。

スポンサードリンク

音楽プロデューサーの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング