消える職業?消えない職業?楽器インストラクターの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>消える職業?消えない職業?楽器インストラクターの仕事の年収・やりがい・本音

消える職業?消えない職業?楽器インストラクターの仕事の年収・やりがい・本音

musical-instrument-instructor

消える職業?消えない職業?楽器インストラクター 仕事の年収・月収

楽器インストラクターの収入はかなり低いのが常なようです。大抵の場合、大手の音楽教室にアルバイトや業務委託という形で雇われて楽器教室を開くのですが、その際の説明で『この仕事では生活出来ません』と最初にキッパリと言われることがあるようで、その話からも、いかに収入面で厳しい職業なのかがわかると思います。
インストラクターの人気や実力にもよりますが、多い方で月収が約10万円前後、その一年分で年収というデータが出ています。いかに収入が低いのかがわかると思います。

スポンサードリンク

楽器インストラクターの仕事は、消える職業?消えない職業?

今の世の中、それこそ楽器の種類は数多く有り、それらの楽器一つ一つに専門的なスキルが必要になります。そのため、それを生徒に教える立場となる楽器インストラクターという職業が無くなってしまうことは考えにくく、これからも存在しつづけることになります。
世の中から楽器というもの自体が無くなってしまえば楽器インストラクターという職業も消えてしまうでしょうが、音楽という文化がある限りそれはないと断言出来ます。
そのため、楽器インストラクターそのものは消えない職業ということが出来ます。最も、個別の楽器で見ていった場合、あまりにもニッチな楽器のインストラクターは消える職業といえるのかもしれません。

消える職業?消えない職業?楽器インストラクター 仕事の将来性・安定性

残念ながら、仕事の安定性に関しては低いと言わざるを得ません。理由は収入の低さにあります。現職の楽器インストラクターの方は口々に『生活出来ない』といいます。中には説明会の際に『生活出来ません』と断言する企業がいるほどです。必要経費などを差し引いた結果、ほぼ無給、ともすれば赤字の状態で仕事をしている人もいるほどです。それほどまでに収入が低いため、安定性は無いといえます。
楽器インストラクターの仕事の将来性に関しても微妙なところです。現在は価値観の多様化に伴い、楽器を習う教室に通おうとする人が年々少なくなっています。そんな中では中々収入アップは見込めないというのが現状です。

消える職業?消えない職業?楽器インストラクター 仕事のやりがい・本音

やはり多くの方がやりがいとして挙げるのが、『生徒が楽器を演奏できるようになった時』と答えます。初めはドレミファソラシドも分からなかった生徒さんが、やがて一曲を自力で演奏できるようになり、やがてそれで聞く人を感動させるほどの腕前まで成長していくことは、やはり楽器インストラクターの仕事として強いやりがいを感じるといいます。
仕事に関する本音の部分ではやはりというか、収入面に不満を感じる方が多いようです。

消える職業?消えない職業?楽器インストラクター 仕事の良い点

多くが音楽が好きでこの道を選んだ方なので、『音楽を仕事にしている』ということ自体を仕事の良い点として挙げている方がほとんどです。
また、楽器インストラクターは人の成長に携わる仕事のため、生徒の成長を身近で感じることが出来ます。自分の指導によって一人の人が成長していく様はとても誇らしく、それもまた、仕事の良い点として挙げる方が多いようです。

消える職業?消えない職業?楽器インストラクター 仕事の悪い点

皆が口をそろえて挙げるのが『収入の低さ』です。現状、楽器インストラクターの収入はかなりの低水準です。現職の方々はやりがいの面を考慮して仕事を継続していますが、この仕事だけでは生活出来ない場合がほとんどで、大半の方は副業として他の仕事も行っています。中には『働けば働くほどほど赤字』と嘆く方もおり、これは楽器インストラクターの仕事の悪い点と言わざるを得ません。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?楽器インストラクター 仕事の内容

音楽教室を開き、楽器の演奏技術を生徒に教えるのが、楽器インストラクターの仕事の内容です。
個人で教室を開いている場合もありますが、大抵の場合は大手の音楽教室に楽器インストラクターとして雇われ、そこに通っている生徒に演奏技術を教えます。教材も自身で揃え、生徒ひとりひとりに合わせた学習プランを立て、それに沿って教室を進めます。
以前は、まず最初に基礎をみっちり学習してから……というプランが多かったようですが、最近では生徒の要望に応じ、最初から演奏の練習に入る場合もあるそうです。

消える職業?消えない職業?楽器インストラクター 仕事に必要な資格

楽器インストラクターになるのに必要な資格は特にありません。
なり方ですが、大手の音楽教師が音楽講師を募集している時に応募し、採用してもらうのが一般的です。
それで無くとも極端な話、特定の楽器の確かな演奏技術があれば、webサイトや広告などで『生徒募集』とうたえば、それだけで楽器インストラクターを名乗ることは出来ます。

消える職業?消えない職業?楽器インストラクター 仕事に必要なスキル

まず第一に、楽器の演奏技術が必要になります。どのような楽器でもけっこうですが、それを教えるからには熟知してないことには始まりません。
また、生徒と接する機会が多いため、対人関係のスキルも必要になります。
独立してやっていく場合は、営業力のスキルも必要になるでしょう。自分で生徒を募集しなければならない関係上、営業力は非常に重要です。

消える職業?消えない職業?楽器インストラクターの仕事のまとめ

消えない職業とはいえるものの、将来性、安定性ともに絶望的と言われているのが、この楽器インストラクターという職業です。
多くの楽器インストラクターの方が、他に副業を持って続けていることからも分かる通り、この仕事だけでは生活すらままならないのが現状です。
逆に、『音楽』に関係することであれば、あらゆる仕事を受けているインストラクターの方もいらっしゃいます。音楽教室だけでなく、自身で楽器を演奏してその代金をもらったり、結婚式で音楽を演奏するアルバイトをしていたりと、インストラクターの仕事を続けるためにはそれだけの努力が必要であるともいえます。
しかしそれだけにやりがいが大きいのも事実です。人の成長に携わるというやりがいは、他では味わえません。苦労をしながらもインストラクターを続ける方が多いのがそれを物語っています。
得るものは大きいものの、続けるにはかなりの覚悟が必要になる職業。それが、楽器インストラクターという仕事のまとめといえるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?楽器インストラクターの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング