楽器クラフトマンの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>楽器クラフトマンの仕事の年収・やりがい・本音

楽器クラフトマンの仕事の年収・やりがい・本音

楽器クラフトマン 仕事の年収・月収

楽器クラフトマンの収入額は働き方や本人の実績によって大きく変わります。制作会社に就職した場合、年収で300万円前後、月収で20万円前後が多いようです。
楽器クラフトマンの方の中には独立して働いている方も多くいらっしゃいます。その場合、楽器一本は概ね20~100万円で取引されます。ただし、手作りの場合は1年に制作出来る本数が限られ、また価格の半分近くの経費がかかるといわれている関係上、年収はあまり高くないのが実情のようです。

スポンサードリンク

楽器クラフトマンの仕事は、消える職業?消えない職業?

どのような音楽ジャンルであれ、それを演奏する楽器が存在します。楽器クラフトマンはその楽器を制作するのが仕事です。
音楽そのものがなくなるというのは考えにくいので、同じく楽器を制作する楽器クラフトマンという職業も決して消えることはないでしょう。クラシックやロック等といった楽器を使用する音楽ジャンルがこの世からなくならない限り、楽器クラフトマンの仕事が消える職業となってしまうことはなさそうです。

楽器クラフトマン 仕事の将来性・安定性

あまり高収入が期待出来ず、楽器クラフトマンの仕事の安定性に関しては中々難しいところがあります。制作会社で正社員として働く立場でも給与の水準があまり高くなく、独立して働いたとしても、名の通った職人でさえ、年収300万円を下回る場合があるとのことです。もちろん確かな腕前に裏打ちされた素晴らしい実績を持ち、莫大な収入を得る方もいるようですが、そういう方はほんの一握りです。
そういう意味では、将来性に関してもあまりいいとはいえません。ただし近年では、クラフトマンに直接楽器制作を依頼するケースが増えており、必然的に確かな腕を持つ職人の需要が増えています。その意味では、確実に腕前を磨いてさえ入れば、そう悲観することはないのかもしれません。

楽器クラフトマン 仕事のやりがい・本音

やはり自分が手がけた楽器が演奏家に買われる瞬間に一番仕事のやりがいを感じるようです。特に独立した人の場合、収入を得る方法としては演奏家が購入する場合と楽器店の仕入れに対応する場合がありますが、それよりは直接購入してくれた方がやりがいとしては大きいようです。
また、楽器クラフトマンの中には、楽器収集家よりも演奏家に購入して欲しいという本音を持っている方も多いようで、中には生活が困窮している演奏家にのみ、格安で楽器を制作して販売するという活動をしている方もいらっしゃいます。

楽器クラフトマン 仕事の良い点

自分が心底惚れ込んだ楽器を自分で制作するという点を、仕事の良い点として挙げる方が非常に多くいらっしゃいます。楽器を制作することは、演奏とはまた違った音楽の楽しみ方が出来るようです。
また、楽器制作には細かい作業がつきもので、同じ作業を、集中して繰り返さなければなりません。飽き性の人にとっては苦痛でしょうが、作業に没頭したい人にとっては、これはとても良い点になるといえます。

楽器クラフトマン 仕事の悪い点

会社で分業体制の中で働いている楽器クラフトマンでない限り、一人のクラフトマンが1年のうちに制作出来る楽器の数は限りがあります。そのため、1年を通しての収入が中々上がりにくいという仕事の悪い点があります。名のしれた方でも、意外と収入が低い……ということがザラにあります。
また、楽器制作は非常に多くのスキルを必要とします。一人前のクラフトマンになるには10年程度の修行が必要とも言われており、技術の習得が大変なことも、悪い点といえるかもしれません。

楽器クラフトマン 仕事の内容

楽器制作が楽器クラフトマンの仕事の内容です。楽器は材質やグレードによって様々な種類に分かれており、それぞれ異なる音色を持ちます。それらを一から制作していきます。
働き方は大きく分けて2つあり、一つは楽器制作会社に就職して、そこで制作に携わる方法です。この場合はパーツによっての分業体制が敷かれている場合が多く、担当パーツを延々と作り続けることになります。
独立した場合は、一つの楽器すべてを制作します。こだわりの逸品を制作することが出来、一本あたりの価格も割高ですが、その分制作に時間がかかり、1年の間に制作出来る本数には限りが有ります。そのため、収入はあまり伸びない場合がほとんどのようです。

スポンサードリンク

楽器クラフトマン 仕事に必要な資格

楽器クラフトマンになるのに必要な資格は特にありません。
なり方ですが、高校卒業後に大学や専門学校などで音楽器制作に関わる基礎知識を身につけた後に制作会社に就職するケースが多いようです。独立を目指すのであれば、国内外の有名な楽器クラフトマンに弟子入りをすると、将来は有利と言われています。どちらにせよ、仕事のための技術の習得にはかなりの時間がかかると思って間違いありません。

楽器クラフトマン 仕事に必要なスキル

よくあげられる仕事に必要なスキルのは集中力です。細かい作業をつづける必要がありますので、作業に没頭出来る集中力はなにより大切です。
また、職人の仕事は単調な作業の連続です。その為、単純作業を苦もなく繰り返せることも必要になります。
意外に思われるかもしれませんが、楽器演奏するスキルは必ずしも必須というわけではないようです。確かに自身が作り上げる楽器の演奏技術があると有利だと言われていますが、優秀な楽器クラフトマンで、自身が作り上げた楽器の演奏は出来ない……という方はけっこういらっしゃるようです。

楽器クラフトマンの仕事のまとめ

『音楽を仕事にする』と言われると、真っ先に思いつくのは演奏家ですが、大好きな楽器がある場合は、楽器クラフトマンも捨てがたい職業です。自身の手で楽器を作り上げる喜びは、中々味わえるものではありません。
確かに、技術の習得には時間がかかる上、収入面での過度な期待は出来ない職業ではあります。しかしながら、近年では楽器職人に直接楽器の製作を依頼するケースも増えており、存在感が増してきているのも事実です。
音楽に関連する仕事で、さらにものづくりの仕事でもあるという、まるで美味しいとこ取りをしたような職業です。仕事として一生続けていくには多少なりとも覚悟は必要となりますが、音楽と工作がが好きな方にとっては天職といえる仕事というのが、楽器クラフトマンという仕事のまとめといえそうです。

スポンサードリンク

楽器クラフトマンの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング