音楽雑誌記者の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>音楽雑誌記者の仕事の年収・やりがい・本音

音楽雑誌記者の仕事の年収・やりがい・本音

ONGAKUZALTUSI

音楽雑誌記者 仕事の年収・月収

音楽雑誌記者の収入は、その働き方にもよって大きく変動します。出版社に勤める音楽雑誌記者の場合ですと、平均で年収が665万円、月収で46万円というデータがあり、全国平均と比べてやや高い傾向があります。
雑誌記者に限ってみた場合、大手の出版社と中小企業の出版社ではかなり大きな年収の開きがあると見られ、中小は大手の4割から6割程度の年収になると言われています。
また、男性よりも女性の方が勤続年数が短いこともあり、男女間での賃金も差があるようです。

スポンサードリンク

音楽雑誌記者の仕事は、消える職業?消えない職業?

音楽雑誌記者は、その立場はどうあれ、音楽のジャンルや雑誌のコンセプトに合わせた記事を書き、音楽の魅力を伝えることが仕事になります。
音楽という娯楽文化は今後一切なくなることはないと断言出来ることから、その音楽を皆に紹介していく音楽雑誌記者という職業は、消えない職業ということが出来ます。
ただし、その活躍の場は今後、紙媒体の雑誌からインターネットに移る可能性はあります。そうなった場合は、雑誌記者というよりはインターネットコンテンツのライターという立場ともいえ、その場合は音楽雑誌記者という職業は消える職業といえるかもしれません。

音楽雑誌記者 仕事の将来性・安定性

まず安定性にかんしてですが、これは働き方による部分が大きいでしょう。特に音楽雑誌記者の場合、フリーで働くフリーライターの人も多くいます。その場合は、自身がこなした仕事の数だけ収入が発生することから、会社員に比べて収入は安定しません。逆に大手等の出版会社に所属していれば、安定した収入が期待出来ます。
将来性に関しては、個人の頑張りによる部分も大きいようです。大手に勤めている人の場合ですと、真面目に仕事に取り組んでいれば収入もアップしていきますが、フリーの人の場合も、まじめにコツコツと仕事をこなしていれば、やがて業界で認められ、仕事を依頼されるケースが増えるようです。その人のがんばりによる部分が大きいということでしょう。

音楽雑誌記者 仕事のやりがい・本音

音楽雑誌記者は、音楽に関わる仕事です。その中でも特に、世間に魅力が余り伝わっていないジャンルの音楽やアーティストの紹介を、雑誌の中で行っていくことがメインです。
自身が手がけた記事が雑誌を彩り、その雑誌を音楽好きな人が手にとった瞬間、音楽雑誌記者として大きなやりがいを感じると答える人はとても多いようです。また、自身が手がけた記事がキッカケで、今までもったく注目されてなかったジャンルの音楽やアーティストが注目を浴びるようなことになれば、それはその魅力を伝えた記者冥利につきる……と本音を教えてくれる方もいらっしゃいます。総じて、やりがいの強い職業であるといえます。

音楽雑誌記者 仕事の良い点

音楽の魅力を伝えることが仕事なわけですから、当然、音楽雑誌記者の人は周囲に音楽が溢れた生活を送ることになります。常日頃、世の中で流行している音楽にアンテナを張り、今後ブレイクするかもしれないアーティストがいれば取材にでかけ、ジャンルに合わせた記事を書き、編集していきます。
そのような音楽に溢れた生活は、音楽好きの人にとってはこの上なく良い点であるといえます。自身がプレイヤーとして音楽と関わるのとはまた違った喜びがあるといえます。

スポンサードリンク

音楽雑誌記者 仕事の悪い点

音楽雑誌記者は出版の仕事になります。そのため、音楽雑誌記者は終始締め切りに追われる事となり、締め切り前ともなると残業や休日出勤が当たり前の生活を強いられることでしょう。これは自分の時間をしっかりと確保しておきたい人にとっては悪い点といえます。
また、良い記事を書くためには、音楽だけを追求していくだけでは中々成功しません。世の中の流行や、音楽以外の部分にもアンテナを張り巡らせる必要があります。終始音楽のことを考えていたい人にとっては、その他の部分に余力を割かなければならない点は悪い点といえます。

音楽雑誌記者 仕事の内容

音楽に関わる人やマスコミ業界として、顎枯れる人が最も多い職業と呼ばれるのが雑誌記者で、その仕事は音楽に関係する記事を執筆し、雑誌に掲載することです。
世の中にはあらゆるジャンルの音楽雑誌が存在しますが、それぞれの雑誌によって読者の趣味嗜好が変わってきます。その読者やジャンルに合わせた記事を、深い知識や取材等によって情報を集めて執筆します。
情報収集の方法としては、アーティストが発表する新曲や、アーティストへの直接取材、ライブやコンサートなどが有ります。それだけでなく、音楽以外のジャンルにもアンテナを広げ、世の中の流れを読み、ファンや読者だけでなく、時代に合わせた記事を執筆していく必要があります。

音楽雑誌記者 仕事に必要な資格

音楽雑誌記者になるのに必要な資格は特にありません。
なり方ですが、出版社や雑誌編集プロダクションに入社するのが一般的なようです。また少しイレギュラーな方法ですが、自身で作成した記事を直接持ち込むことで、音楽雑誌記者となる人もいるようです。その場合は、自身が書きたい記事のジャンルや、持ち込む出版社が作っている雑誌のジャンルなどをシッカリと把握しておく必要があります。
また入社する際は大手の出版社は極めて難関になりますが、小さなプロダクションで実績と経験を積んだ後、キャリアアップとして大手出版社に天職するケースもあります。

音楽雑誌記者 仕事に必要なスキル

まずは音楽の知識が必要なスキルといえます。音楽雑誌記者は、音楽の記事を執筆するのが仕事です。そのため、色々なジャンルに関する深い知識が必要になってきます。
次に、国語に関するスキルです。記事を執筆する仕事なので、文章校正能力は絶対に必要です。ですがこの文章力や感じの知識などの国語力は、実際に音楽雑誌記者の職についた後に、経験を積むことで得られるものでもあります。
併せて、記者の仕事は締め切り前になると多忙を極めるため、体力やスタミナ、粘り強さも必要になってくるでしょう。

音楽雑誌記者の仕事のまとめ

音楽好きな人にとっては、音楽家やミュージシャン意外に音楽に関わる仕事として、人気のある職業と言われています。特に、まだあまり人気がない職業に関しての記事を執筆し、それがきっかけで注目を浴びるようなことになったとき、その記事を書いた音楽雑誌記者は、それが大きな実績となって自信に繋がり、おおきなやりがいとして誇らしく感じることでしょう。
確かに締め切り前に多忙を極める職業であり、かつ幅広く深い音楽の知識が必要な仕事です。そのため体力的に大変な部分もありますが、音楽好きな人にとっては天職ともいえる仕事とまとめることが出来ます。
音楽は好きだけど、アーティストとは違った部分で関わっていきたいと考えている人は、一度志してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

音楽雑誌記者の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング