音楽評論家の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>音楽評論家の仕事の年収・やりがい・本音

音楽評論家の仕事の年収・やりがい・本音

music-journalists

音楽評論家の仕事の年収・月収

音楽評論家と言っても、クラッシックからロックまで、その分野も多岐に渡ります。また、その収入を獲得する方法も著作を出版したり、講演をしたり、テレビ出演したりと、いろいろなパターンが考えられますので、一概に年収がいくらとか、月収がいくら、ということは言えません。また、大学教授や作家の仕事を持ちながら、音楽評論家の仕事をしている人もいますので、その年収は1000万円を超える人もいるでしょう。

スポンサードリンク

音楽評論家は消える職業?消えない職業?

最近は、これまでの時代に比べても、スマホやタブレットなどを持つことで、人々が音楽に触れる時間が多くなってきています。そのため、音楽評論家のひと言が、ダウンロード数や売り上げを左右することも出てきます。そういう意味で、音楽評論家は、今後も必要とされる職業でしょう。消えない職業で間違いないですね。

音楽評論家の仕事の将来性・安定性

音楽評論家だけでなく、評論家という職業に将来性を求める事は、難しいといえるでしょう。なぜなら、常に社会に必要とされる職業ではないからです。だからこそ、「あの人の評論は、よくわかる」という定評がもらえるようになると、安定性も増し、将来性も保障されます。音楽評論家としての死将来性や安定性は、その本人自身に掛かっていると言えるでしょう。

音楽評論家の仕事のやりがい・本音

音楽評論家になるような人は、無類の音楽好きな人です。音楽好きが高じて、音楽評論家になった人もいるくらいです。ですから、その大好きな音楽を、自分の言葉で評論できる、という事は、何にも替えがたいやりがいにつながります。ただ、評論家ですので、ヒイキの音楽ばかり評論するのではなく、好きではない物の評論しなくてはならないので、その辺りが苦痛だという本音も聞かれます。

音楽評論家の仕事の良い点

音楽評論家の仕事の良い点は、音楽評論家の立場で、世間にリリースされる以前に、その音楽を聴いたりする事が出来る点でしょう。音楽評論家はやはり、音楽好きですので、このようにいち早く新譜を聴けることは、かけがえのない歓びでしょう。また、その新譜を聴いて出した自分の評論が、その音楽家や世間の人々から受け入れられた時は、さらに歓びが増す事でしょう。

音楽評論家の仕事の悪い点

音楽に対する「見方」には、いろいろな方向があり、音楽評論家として出した自分の評論が、いつも世間に受け入れられるとは限りません。もしかすると、激しいバッシングを受ける事もあるかもしれません。音楽評論家の仕事の悪い店は、このような点にあります。

スポンサードリンク

音楽評論家の仕事の内容

音楽評論家の仕事の内容としては、基本的に音楽の評論をする事ですが、その方法には様々なものがあります。自分で本を著したり、専門雑誌に記事を投稿したり、音楽番組で評論をしたりと、多岐に渡ります。いずれの場合も、世間の人々が納得できるような評論を出す事が必要でしょう。

音楽評論家の仕事に必要な資格

音楽評論家の仕事に必要な資格は、基本的には何もありません。ですが、専門的な事に対して評論をする訳ですから、世間の誰もが知っているような事を評論しても、価値はありません。世間の人が、あっと驚いたり、そうなのかとうなずくような、知識を披露出来る事が大切です。そのためには、自分で研究するなどの、自己研さんが欠かせないものとなるでしょう。

音楽評論家の仕事に必要なスキル

音楽評論家の仕事に必要なスキルは、まずはその音楽の分野に精通している事です。その音楽の魅力やルーツ、これからの展望など、視聴者などが持つすべての疑問に、すぐに答えられるような豊富な知識は必須のものです。そして、その知識を、聞いているみんなに、わかりやすく説明できる話術も必要となるでしょう。

音楽評論家の仕事のまとめ

音楽評論家に限らず、評論家と言われる仕事には、常に世間からの批判を受けるリスクがあります。「好き勝手な事ばかり、言ってるね~」と一度、言われてしまうと、その将来は明るいものとは言えなくなってしまいます。だからこそ、自分の好きな物に対して、深い洞察力と見識が必要とされる仕事ですので、やりがいのある仕事のひとつとも言えるでしょう。

スポンサードリンク

音楽評論家の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング