映画宣伝の収入・年収は就職先の映画配給会社・宣伝会社次第。広告以外にも多様な手法で映画を宣伝

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>映画宣伝の収入・年収は就職先の映画配給会社・宣伝会社次第。広告以外にも多様な手法で映画を宣伝

映画宣伝の収入・年収は就職先の映画配給会社・宣伝会社次第。広告以外にも多様な手法で映画を宣伝

多額の制作費をかけて完成された映画がヒットするかどうかは、テレビなどのメディアを通じた宣伝次第だと言われます。

そんな映画宣伝の仕事で収入がどれくらい得られるのか、映画配給会社や宣伝会社を例に見ていきます。

スポンサードリンク

1.広告以外にも多様な手法で映画を宣伝

言うまでもなく映画は巨大産業として長い歴史を持ち、話題の映画は社会現象を引き起こすほど大きな影響を持ちます。

テレビに押されて一時は斜陽産業と言われた時代もありましたが、1990年代頃からショッピングセンターと結びついたシネマコンプレックスが全国に普及したこともあって映画界が息を吹き返しました。

映画は億単位の制作費用がかけて制作されるだけに、テレビCMや新聞・雑誌広告だけでは宣伝効果が十分ではありません。

そのため映画宣伝の分野ではパブリシティやタイアップなど、広告費をかけない宣伝手法も多く取り入れられてきました。

映画配給会社や映画宣伝会社には広告を担当する部署の他にパブリシティやタイアップを担当する部署を設置しているのが一般的です。

パブリシティ室ではテレビ番組や雑誌などのマスコミに映画を取り上げてもらうな売り込み戦略を担当します。

企業などの協力を得て制作費の一部を負担してもらうような宣伝を担当する部署がタイアップチームです。

2.収入は就職先の映画配給会社・宣伝会社次第

以上のように映画はテレビCMやチラシなどの広告だけでなく、さまざまな手法を駆使した宣伝を展開することで巨額の制作費を回収し利益を生み出す仕組みとなっています。

そうした映画宣伝の仕事を志す際の就職先として考えられるのは、主に映画配給会社と宣伝会社の2つです。

東宝や松竹・東映などの大手映画配給会社は古い歴史を持つ企業だけに、正社員として就職した場合は収入面でも有利になります。

大卒初任給は22万円程度と推定される映画配給会社の中には、全社員の平均年収が800万円以上に達する大企業も見られるほどです。

一方で小規模の配給会社や一般的な映画宣伝会社では年収水準が大手配給会社よりも低いと見られ、会社員の平均に達しない企業も少なくありません。

アルバイトや契約社員など非正規雇用の場合は時給計算となるため、さらに収入が少なくなってしまいます。

3.長時間の残業も多く体力が必要

このように映画宣伝の仕事は必ずしも高給取りとは言えませんが、映画公開前のような繁忙期になると残業が増えるため、残業代である程度稼ぐことは可能です。

スポンサードリンク

その代わり勤務時間は不規則となりがちで、映画の撮影に立ち会うような担当の仕事では撮影現場のスケジュールにも合わせなければなりません。

映画撮影は一般企業のように定時で進められるような仕事ではなく、早朝や深夜の撮影も珍しくないのです。

撮影現場での取材に限らず宣伝の仕事は繁忙期になると24時間体制に近い対応が求められ、マスコミ関係者や映画監督・俳優・スタイリストなどと随時連絡を取ってスケジュールを調整する必要が出てきます。

担当していた映画の公開後は仕事も一段落して休日も多く取ることができますが、仕事が集中する時期の忙しさに耐えられるだけの体力も映画宣伝マンには欠かせません。

睡眠時間や食事時間も不規則となりがちなため、健康管理には人一倍気を使う仕事です。

4.俳優や映画監督・原作者など有名人に会えることも

同じような苦労は広告代理店など一般の広告業界で働く社員とも共通しますが、映画宣伝は映画界・芸能界という特殊な世界を対象とする仕事だけに一般企業の常識が通用しない面もあります。

映画や芸能界では誰もが憧れる華やかな世界の裏側で撮影スタッフなどの裏方が俳優や映画監督を支えているものですが、映画宣伝もある意味で裏方スタッフに近い役目です。

映画宣伝の仕事に携わるようになると映画界の表舞台にも触れることになり、憧れの俳優や映画監督と会えるような仕事に恵まれる場合も珍しくありません。

洋画を担当するプロジェクトに参加すれば、プロモーションのため来日した海外の有名俳優の世話係を担当する可能性すら得られるのです。

邦画の場合は小説や漫画を原作とする映画も多く制作されているため、宣伝活動の過程では原作者に取材する仕事も得られます。

そうした有名人やマスコミ関係者との交流を通して人間的にも大きく成長できる点が、映画宣伝という仕事の大きな魅力です。

5.経験を積んだ後にフリーランスとして独立する人も

映画配給会社にしても映画宣伝会社にしても、就職の際に必要とされるような資格などは特にありません。

映画に興味がある人なら誰でも平等にチャンスが与えられている仕事ですが、映画や芸術全般について大学・専門学校などで勉強すれば入社後に何かと役立つものです。

映画配給会社に入社した場合は必ずしも宣伝部に配属されるとは限りませんが、どの部署に配属されるにしても映画そのものの制作に直接関わるわけではありません。

映画宣伝会社も含めてこの仕事は映画に特化した広告業に属するため、大学で経済や経営について学んだ人もそうした知識が仕事に役立つ可能性はあります。

配給会社の宣伝部や映画宣伝会社の中でも、映画の宣伝方針を立てて予算配分からさまざまな企画までを担当する責任者が宣伝プロデューサーです。

経験を積んで宣伝プロデューサーとなった人の中にはフリーランスとして独立し、独自に映画宣伝の仕事を請け負って高年収を得ている人もいます。

映画が好きなら天職になりうる仕事

映画宣伝の仕事である程度の高収入を得ている人は、大手映画配給会社の宣伝部に所属する社員に限られるのが現状です。

映画宣伝の経験を積むことで腕の良い宣伝プロデューサーとして認められるようになれば、独立しても稼げるようになります。

いずれにしても映画宣伝という仕事は、映画がとことん好きな人に向いた職業です。

スポンサードリンク

映画宣伝の収入・年収は就職先の映画配給会社・宣伝会社次第。広告以外にも多様な手法で映画を宣伝に関連する記事

人気記事ランキング