モニターPAの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>モニターPAの仕事の年収・やりがい・本音

モニターPAの仕事の年収・やりがい・本音

monitor

モニターPA 仕事の年収・月収

勤務形態やポジションによって様々ではありますが、モニターPAの収入は総じて高くはないようです。平均年収は約240万から320万円、月収では20万円前後と言われています。
また、いわゆる『下積み』と呼ばれる新人の時期は、給料がまったく出ない、もしくはかなりの少額な時期があったと答える人が非常に多いのも特徴です。
モニターPAは実力主義の側面もありますから、経験を積み、腕が上がれば、有名アーティストから名指しでお声がかかる場合もあります。それ程に登りつめると、年収1,000万円越えも可能になる職業ではあります。
しかし現状では、収入に関しては低いと言わざるを得ません。

スポンサードリンク

モニターPA 消える職業?消えない職業?

音楽ライブにおいて、モニターPAが司る『音響』という分野は、ライブの成功と盛り上がりに直結する重要な部分です。
アーティストが目指す『音』を実現するための、音響機器のセッティングと配線の計画。リハーサル時にはさらなる音域の調整。ライブ本番が始まると曲目やライブの盛り上がりに応じてリアルタイムでの音響の調節等、とても機械やコンピュータでは出来ない仕事ばかりです。
そこから考えると、人間の音楽活動の一環としての『コンサート』や『ライブ』が無くならない限り、モニターPAという職業も存在しつづけるといえます。

モニターPA 将来性・安定性

モニターPAという仕事が『娯楽』という分野に関わっている以上、現在では将来性が高いとは言えないのが現状です。
実績を積み、モニターPAとしての名が知れ渡ることで、有名アーティストから名指しで仕事が舞い込んでくるようになれば収入も安定はしてくるでしょうが、基本的には繁忙期と閑散期がはっきりしており、仕事が無い時は何ヶ月も仕事がないという状況もザラではありません。
また先ほどもご説明いたしましたが、収入面も決して高いとはいえません。時給換算をすると、フリーターとしてアルバイトをする方が何倍も稼げる…という話をするモニターPAも多くいます。
職業としてはこれからも存在しつづけるであろう『モニターPA』という仕事ですが、だからといって安定して収入を得ることが出来るかといえば、決してそうとは言い切れないでしょう。

モニターPA 仕事のやりがい・本音

多くのモニターPAがやりがいを強く感じています。自身が音楽に関わる仕事につき、それで生活が出来ているという点において、非常にやりがいを感じているようです。
同時に、モニターPAという仕事は『裏方』の仕事です。アーティストに比べると、ライブにおいても非常に地味な存在で、一般社会にその存在が中々認知されないという問題があります。
そのため、仮に仕事の待遇に関して不満点を持っていたとしても、中々社会に認知されず、結果として苦しい状況を打破出来ない…理不尽なことで先輩PAやアーティストに公然と罵倒、叱責されて辛い思いをしたとしても、じっと耐えることしか出来ない…といった不満点を挙げるモニターPAも少なくありません。

モニターPA 仕事の良い点

なんといっても、音楽業界と関わった仕事が出来るという点が魅力です。音楽が好きで、今実際にバンドやDTM等で音楽活動をしている人からすれば、音楽に携わって生活出来るというのは夢の様な話なのではないでしょうか。
また、実績を積めば有名アーティストから指名され、共に仕事が出来るようになります。そこでさらなる実績を残せば、その分収入に直結することになります。憧れのアーティストと共に仕事が出来るという喜び、そしてそれがさらなる実力と収入のアップにつながるという喜びは、何物にも変えられないモニターPAだけの特権であるといえます。

モニターPA 仕事の悪い点

まず『収入の割に拘束時間が長い』という点があります。基本的にモニターPAの仕事はライブ会場への資材搬入から始まり、ライブ会場からの資材搬出で終わります。1回の仕事にかかる時間は非常に長く、時給換算をすると、他のアルバイトの方が高い…ということがよくあります。
また、『仕事の大半が引っ越し屋』と言われるほど、資材の搬入と搬出は力を使います。巨大なスピーカーや大きな機材などは、その重さや精密さから、運ぶのが非常に大変です。限られた時間内に終わらせる必要があるため、機敏に動かなければなりません。
別の側面では、モニターPAに携わる人は口をそろえて『体育会系の業界である』といいます。特に仕事を初めて間もない頃は、先輩やアーティスト等から厳しい叱責を受ける機会が多いようです。

スポンサードリンク

モニターPA 仕事の内容

モニターPAとは、『ライブ会場における音響のスペシャリスト』です。その仕事内容は非常に多岐にわたっています。
まずは、ライブを行うアーティストとの打ち合わせ。ここでアーティストがどのような音を目指し、欲しているのかを確認します。
アーティストとの打ち合わせが終了したら、機材の配置と配線を考えます。会場の音響を考慮し、少しでも求められた音が実現出来るよう、調整を重ねます。
実際のライブでは、スピーカーやミキサーなどの資材搬入からはじまります。機材のセッティングが終了したら音響のテストと調整を行い、リハーサル。
本番中は曲目に応じて細かに音響を変えていきます。リアルタイムで音響を調整することで、その時その時のアーティストの魅力を存分に引き出します。
ライブが終われば、資材の搬出を行い、それがすべて終了したところで、その日の仕事は終了となります。

モニターPA 仕事に必要な資格

モニターPAになるのに必要な資格というのは特にありません。周囲にモニターPAの知り合いがいれば、その人に紹介してもらうことで音響会社やイベント会社に就職し、モニターPAとなることが出来ます。
ですが、基本的には音響系の専門学校や工学系の大学を出てから会社に就職してモニターPAになるという道を選ぶ人が多く、その方が業界内に知り合いが多く出来るため、将来的に有利と言われています。
どちらにしても、必要に資格というものはなく、過酷な環境に負けない強い気持ちと熱意さえあれば、誰にでも門徒は開かれています。

モニターPA 仕事に必要なスキル

まず何よりも、『強い気持ち』が必要になってきます。モニターPAの現場は本当に過酷です。思い資材の持ち運びや先輩たちからの厳しい仕打ち等、枚挙に暇がありません。それが原因で毎年たくさんの新人のモニターPAが挫折して辞めていきます。
また、音楽的な知識や感覚が必要にもなります。モニターPAは音響を司る職業ですから、今聞こえている音をアーティストが目指す音に、どのように調整して近づけていくか…その部分の感覚が鋭敏でないと成り立ちません。
併せて必要になるのが、あらゆるトラブルを事前に察知するスキルと、実際にトラブルが起こった時にそれを迅速に処理出来るスキル。この辺りは経験も関わってくるので、熱意を持って仕事を続けていれば、身につく部分であるといえます。
また意外なところでは、主に電気を扱う仕事なので、あると便利なのが、電気に関する知識、とのことです。

モニターPAの仕事のまとめ

これは娯楽に関わる仕事にはよくあることなのですが、モニターPAもまた過酷な職業の一つといえます。不安定な収入や長時間労働、過酷な現場作業など、その現場は非常に過酷です。
そんな中でも『音楽に携わる事ができる』という理由で、モニターPAを続ける人が多いのも事実です。これは、一重に『モニターPAという仕事がくれるやりがい』が非常に強いからではないでしょうか。
また、実績を積めば、それがさらなる仕事を呼び、自身の収入アップにつながるのも事実です。大好きなアーティストと、大好きな音楽を通じて、共に仕事が出来るという夢の様な瞬間が訪れる可能性がある職業、それがモニターPAです。

スポンサードリンク

モニターPAの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング