モデラーの仕事は激増中!年収は独立すればうなぎのぼり!創作活動で生活が出来ているのがやりがい

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>モデラーの仕事は激増中!年収は独立すればうなぎのぼり!創作活動で生活が出来ているのがやりがい

モデラーの仕事は激増中!年収は独立すればうなぎのぼり!創作活動で生活が出来ているのがやりがい

モデラー 仕事の年収・月収

モデラーの収入は所属している会社の規模や働き方にもよりますが、正社員として会社に所属している場合、年収の平均は300~500万円と言われています。正社員の場合は基本給が安く設定されている場合が多く、その分残業代で収入をアップさせているのが現状のようです。
フリーとして独立している人の場合は、その実績や経験によって大きく左右され、人によっては1000万以上、人によってはほぼゼロというように格差が激しい状況となっています。その月に仕事をした分が月収となるため、安定感は乏しい状況ですが、実力があればかなりの収入が見込める職業でもあります。

スポンサードリンク

モデラーの仕事は、消える職業?消えない職業?

昨今ではITの発展と普及に伴い、あらゆる分野で3Dモデリングが多様されています。そしてそれを作成するモデラーの仕事量が全体的に増えている状況が続いています。この状況は今後も続くものと予想されており、必然的にモデラーの活躍の場は今後どんどん増えていくものと予想できます。
そのため、モデラーは消えない職業と断言出来ます。モデラーの需要は増え続け、決して消えない職業の仲間入りをすることはないでしょう。

モデラー 仕事の将来性・安定性

安定性でいえば、その働き方にもよりますがモデラーの仕事の範疇が増え続けている関係上、少なくともどのような立場でも仕事に困るということはないようです。フリーの立場になったとしても、技術を持ち、実績が伴っていれば、仕事に困るということはないといえます。その意味では、安定性は高いと言えます。
また、モデラーという職業はクリエイター職であると同時に技術職でもあります。そのため、独立するモデラーの方が非常に多く、そういった方は実績が伴っていれば非常に高い収入を得る場合があります。
会社勤めの場合でも実績があれば高待遇を手にする場合もあり、そういう意味では将来性も非常に高い職業であるといえます。
もっとも、実績が伴わない場合は、低い基本給と過酷な長時間労働を覚悟しなければならない場面も多くあるでしょう。

モデラー 仕事のやりがい・本音

昨今では映画やテレビ番組、ゲーム等で3DCGモデルは不可欠な存在となっていますが、そういった映像作品に自身が作り上げた3DCGモデルが登場することで、大きなやりがいを感じることが出来ると多くのモデラーの方が答えています。
また、それらの作品のクレジットに自身の名前を見つけることで、非常に誇らしい気持ちとなることでしょう。それもまたやりがいに通じます。
加えて、『創作活動で生活が出来ている』という点に喜びを感じるという本音を聞かせてくれるモデラーの方もいらっしゃいます。

モデラー 仕事の良い点

多くの場合、長時間労働を余儀なくされる場合が多いようですが、その分出勤時間に融通が効く場合が多いようです。会社勤めでありながら通勤ラッシュとは無縁の生活を営んでいる方もいらっしゃいます。その点は良い点といえるでしょう。
また会社勤めの場合でも、基本的にノルマが達成出来るならある程度自由な働き方が許されている傾向があり、服装も比較的自由な会社が多いようです。就業時間中にゲームをしたり、昼寝をしたりといった具合に、各々自由な仕事の進め方をしている方が許されている職場が多く、それもまた、型にはまった働き方がイヤな人にとっては良い点といえるのかもしれません。

モデラー 仕事の悪い点

特にモデラーになって間もない頃は、長時間労働を覚悟しなければならないようです。基本給が低く、残業代で稼がなければ生活出来ないような状況が続くとのことです。また突然休日が潰れることもあり、プライベートの時間をしっかりと取りたい方にとっては悪い点といえるでしょう。
また、長くモデラーを続けている方の中には希少の激しい方が多いらしく、人間関係の面で苦労する方もいらっしゃるようです。職場の雰囲気や人間関係を重視する人によっては、その点も悪い点といえます。

スポンサードリンク

モデラー 仕事の内容

昨今ではあらゆる映像作品に3DCGモデルが利用されていますが、その3Dモデルを作成することがモデラーの仕事の内容となります。
まずはクライアントと作成するモデルの打ち合わせをした後、必要に応じて資料を収集します。その後、簡単なポリゴンで作成したモデルを使ってレイアウトを調整し、その後本格的にモデルを作成していきます。
最後に物質の質感と画面への映り方を司るテクスチャとマテリアルの設定をし、モデルは完成します。どの角度から見ても不自然に見えないモデルを作成するには、豊富な経験と確かな技術が必要になってきます。

モデラー 仕事に必要な資格

モデラーの必要な資格は特にありません。
なり方ですが、基本的には大学や専門学校を出た後にモデラーを募集している会社に就職するのが一般的なようです。美術大学や美術系の専門学校で美術の勉強をしておいたほうが、後々有利と言われています。
一応『CGクリエイター検定』という検定もありますが、資格や検定よりも実績や経験、利用するソフトウェアへの慣れが重要視される傾向があります。

モデラー 仕事に必要なスキル

多くのモデラーの方が『身につけておくと良い』と答えるのが、物質の形状を立体的に捉える事ができるスキルです。基本的にモデラーは立体を作成するので、対象の形を立体的に把握するスキルが必要になってくるとのことです。それを鍛えるにはデッサンが良いとのことです。
またモデラーの仕事は残業や休日出勤が日常茶飯事です。そのため、それに負けない体力も必要になってきます。

モデラーの仕事のまとめ

映画やテレビ番組、ゲーム等、モデラーが活躍する機会が増えています。3DのCGが当たり前となっており、同時にモデラーに求められる量・クオリティ共に上がっているのが実情です。
現状は労働環境面で非常に厳しい状況ではありますが、今後モデラーが活躍する場が増えるにつれ、そういった状況が問題視され、改善される可能性もあります。そういった意味では、将来性の非常に高い職業であるといえます。
『未来の明るいクリエイター職』というのが、モデラーという職業のまとめといえるのかもしれません。

スポンサードリンク

モデラーの仕事は激増中!年収は独立すればうなぎのぼり!創作活動で生活が出来ているのがやりがいに関連する記事

人気記事ランキング