消える職業?消えない職業?マーチャンダイザーの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>消える職業?消えない職業?マーチャンダイザーの仕事の年収・やりがい・本音

消える職業?消えない職業?マーチャンダイザーの仕事の年収・やりがい・本音

merchandiser

消える職業?消えない職業?マーチャンダイザー 仕事の年収・月収

マーチャンダイザーの収入は他の職種に比べ、平均はやや低めとなっています。月収では平均21万円、年収では平均で約300万円となっています。事務系の職種の中では、やや高い水準ともいえます。
必要なスキルや経験を身に付ければ収入は上がり、5年目の方では平均400万円、10年目の方ですと600万円ほどの平均となっています。

スポンサードリンク

マーチャンダイザーの仕事は、消える職業?消えない職業?

近年では特にアパレル・ファッション関係や雑貨などの分野において、マーチャンダイザーのニーズが若干高まっています。景気に左右されやすい職業なので、一時的なものなのかもしれませんが、それでも即戦力を求める企業の声は多くあります。
そのため、そう簡単に消える職業の仲間入りをすることはないと思われます。マーケティングや商品開発なども手がけることから、マーチャンダイザーは消えない職業といえるでしょう。

マーチャンダイザー 仕事の将来性・安定性

安定性でいえば、マーチャンダイザーはあくまで会社員となりますので、非常に安定した職業であるといえます。
将来性という観点でいえば、管理職につけるかどうかで変わってくるようです。管理職についた場合は年収もアップしていきますが、現場で働き続けた場合、そのアップは緩やかなものになるようです。スキルと経験を駆使して、早く管理職につけるかどうかがカギのようです。

消える職業?消えない職業?マーチャンダイザー 仕事のやりがい・本音

マーチャンダイザーは商品開発から流通、販売計画、予算管理などを一手に引き受ける職種です。そのため、自身が開発し計画した商品が大ヒットとなって高い売上を記録したとき、非常にやりがいを感じるといいます。
また、新しい商品を作る過程において、様々なプロの方と出会い、共に力を合わせて一つの商品を作り上げます。色々な職種の人たちと出会えることに刺激を感じ、この部分にやりがいを感じるという本音を語る方もいらっしゃいます。

消える職業?消えない職業?マーチャンダイザー 仕事の良い点

特にファッション業界で顕著なのですが、常に最新のものを追いかけていられるという点を良い点として挙げる方が多いのが特徴です。最新の流行を負うのもマーチャンダイザーの大切な仕事ですから、元々流行を追いかけるのが好きな人にとっては天職といえるかもしれません。
また、マーチャンダイザーはあらゆる管理を行う仕事ですから、企画、販売、流通をトータルに把握出来る経営に関するセンスが鍛えられるということです。経営センスが磨かれていくと必然的に独立した場合の成功率も上がります。これもまた、良い点といえるでしょう。

消える職業?消えない職業?マーチャンダイザー 仕事の悪い点

たくさんの人と関わり仕事をするという関係上、どうしても人と交渉する場面というのが出てきますが、人との駆け引きが苦手な人は、その交渉の多さを悪い点として挙げている傾向があります。
また夜勤がある職場や残業が絶えないマーチャンダイザーも多くいるようで、その点を不満に挙げる方が多いのも悪い点といえるかもしれません。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?マーチャンダイザー 仕事の内容

マーチャンダイザーの仕事の内容はかなり広範囲に渡っています。その時の世の中の流行や消費者のニーズを分析し、売れる商品の企画を立て、開発を行います。開発後は販売戦略を打ち立て、広告制作や商品の売り出しに関する企画を立てる場合もあります。実際に小売店や生産地を回る場合もあり、非常に出張や移動が多い職業と言われています。

消える職業?消えない職業?マーチャンダイザー 仕事に必要な資格

マーチャンダイザーになるのに必要な資格は特にありません。
なり方ですが、基本的には小売店で販売員やバイヤーを経験した後、その経験を活かしてマーチャンダイザーへと転職する人が多いようです。基本的にマーチャンダイザーの求人は現在もありますし、企業側も即戦力を求めていますので、バイヤーや販売員の経験があれば、なるのはそこまで難しくはないようです。

消える職業?消えない職業?マーチャンダイザー 仕事に必要なスキル

まずなによりも、分析力が必要と言われています。マーチャンダイザーの仕事のスタートは、消費者動向や流行の追いかけなどのデータ分析です。そのため、データがどのような事実を表しているかを瞬時に的確に把握出来る分析力が必要といえます。
また、あると便利と言われているのが英語のスキル。業務の関係上、海外の人とやりとりする場合もあり、その際に英語が出来ると非常に助かるという話です。
意外なところでは、几帳面さ。マーチャンダイザーの仕事量は非常に多いため、几帳面かつスピーディーに一つ一つの仕事をこなしていくことが出来るスキルが必要になってきます。

消える職業?消えない職業?マーチャンダイザーの仕事のまとめ

仕事内容が非常に広範囲に渡っているため、とても大変な仕事ではあります。ただしその分、自身が企画し流通や予算管理を行い、販売された商品が大ヒットになったときの感動はひとしおものです。
また、頑張っていれば経営センスが自然と身についてくるという点も見逃せません。経営センスが身についてくれば、将来の選択肢として独立という選択肢も生まれてきます。これは他の職種には中々ないメリットの一つです。
やることが多いからこそ、得るものも多い。それがマーチャンダイザーという仕事のまとめといえるかもしれません。ニーズも序々に高まってきています。ファッション業界で働く小売業のスタッフの方々は、将来の目標としてマーチャンダイザーを目指してみるのもいいかもしれません。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?マーチャンダイザーの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング