眼鏡販売店員の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>眼鏡販売店員の仕事の年収・やりがい・本音

眼鏡販売店員の仕事の年収・やりがい・本音

megane

眼鏡販売店員の仕事の年収・月収

眼鏡販売店員の仕事の年収や月収は、全国にチェーン店を展開している眼鏡店に勤めているか、個人の眼鏡店に勤めているかによって変わってきます。売上げが好調な全国チェーン店の場合、一般の社員でも月収50万円程度、年収700万円程度で、支店オーナーとなると月収90万円程度、年収1000万円超えになる人もいます。個人の眼鏡店の店員の場合は、月収30万円程度、年収450万円程度になります。

スポンサードリンク

眼鏡販売店員の仕事は、消える職業?消えない職業?

数十年前は眼鏡をかけている人は少数派でしたが、最近では眼鏡をかけていなかったり、コンタクトを使っていない人の方が数が少なくなっています。さらに高齢化が進み、老眼鏡の需要も増えてきています。そのため、今後も眼鏡店を訪れる人は増え続けるので、眼鏡販売店員の仕事は消えない職業として存在し続けていくでしょう。

眼鏡販売店員の仕事の将来性・安定性

個人で経営する眼鏡店の場合は、価格的にも在庫量においても大型チェーン眼鏡店に太刀打ちするのは非常に難しい環境になっています。そのため、個人経営の眼鏡販売店員の将来性や安定性には厳しいものがありますが、売り上げ好調なチェーン店の眼鏡販売店員ならば、仕事の将来性にも安定性にも確固たるものがあり、安定した仕事と言えます。

眼鏡販売店員の仕事のやりがい・本音

眼鏡販売店員の仕事のやりがいは、自分の選んだ眼鏡がお客様の要望にピッタリと合い、「とてもよく見えるようになった」と感謝された時に感じることができるでしょう。時には「新しい眼鏡のおかげで、頭痛や肩こりが治まった」という声も聞かれ、嬉しくなります。ただそのような結果を出すためには、丁寧な聞き取りと自分の知識の獲得が必要となり、それが大変だという本音も聞かれます。

眼鏡販売店員の仕事の良い点

眼鏡販売店員の仕事の良い点は、一日中室内にいてキレイな仕事である点です。また基本的にはある程度の時間お客様との1対1の接客なので、話し好きな人にとってはお客様との会話を楽しみながら、仕事をすることができます。さらには、自分が眼鏡やコンタクトを使っている場合は、経験から適切な助言ができる点も良い点です。

眼鏡販売店員の仕事の悪い点

眼鏡販売店員の仕事の悪い点は、全国展開のチェーン店の場合店舗自体が年中無休になっているので、土日祝日などに出勤しなければならないこともある点です。また、眼鏡やコンタクトに対するニーズがお客様一人ひとりで違っていて、あらゆるパターンについて知識を持っていなければ対応できないこともある点も、悪い点としてあげられます。

スポンサードリンク

眼鏡販売店員の仕事の内容

眼鏡販売店員の仕事の内容は、来店されたお客様に合った眼鏡を探し出して販売することです。眼科からの処方箋を持ってきているお客様の場合には、フレームのデザインやレンズの色などの選択だけでいいですが、そうでない場合はお客様の視力検査をして、視力ばかりでなく乱視などの目の状態を把握してから眼鏡選びをする必要も出てきます。

眼鏡販売店員の仕事に必要な資格

眼鏡販売店員の仕事に必要な公的な資格はありませんが、きちんとした目に関する知識が必要となりますので、眼鏡の専門学校などに入学して知識を習得する必要があります。その後、全日本眼鏡連盟が認定した認定店での1年間の研修をし、『認定技術者』の認定を受けておくとスムーズに眼鏡販売店員としての仕事をすることができます。

眼鏡販売店員の仕事に必要なスキル

眼鏡販売店員の仕事に必要なスキルは、お客様と1対1である程度の時間対応しなくてはならないので、まず最初に人当たりの良さが必要になります。また、お客様のニーズを的確に聞き取るコミュニケーション能力も必要となります。さらには、眼鏡の修理を行うこともあるので、手先が器用であることも必要なスキルになるでしょう。

眼鏡販売店員の仕事のまとめ

近視や老眼は度が進んだりするため、眼鏡やコンタクトは一度買ってしまったら終わりではなく、数年ごとの調整が必要になってきます。そんな時に、懇意にしている眼鏡販売店員がいる販売店には自然に足が向いてしまうものです。自分の身体の一部とも言える眼鏡やコンタクトですので、頼りになる眼鏡販売店員の存在は眼鏡やコンタクトを使う人の大きな支えとなることでしょう。

スポンサードリンク

眼鏡販売店員の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング