メディカルトレーナー・リハビリトレーナーの収入・年収は200万円から1000万円。スポーツ選手のトレーニング指導や負傷時の対応とリハビリなどを行う人

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>メディカルトレーナー・リハビリトレーナーの収入・年収は200万円から1000万円。スポーツ選手のトレーニング指導や負傷時の対応とリハビリなどを行う人

メディカルトレーナー・リハビリトレーナーの収入・年収は200万円から1000万円。スポーツ選手のトレーニング指導や負傷時の対応とリハビリなどを行う人

プロスポーツのチームには選手が怪我をした場合に備え、応急措置やリハビリを行うトレーナーが在籍しているものです。

メディカルトレーナーやリハビリトレーナーと呼ばれるこの仕事について、収入面も含めて解説します。

スポンサードリンク

1.選手をメディカル面からサポートするのが仕事

スポーツ選手のトレーニング指導や負傷時の対応とリハビリなどを行う人のことをスポーツトレーナーと呼びますが、メディカルトレーナーやリハビリトレーナーもそうしたスポーツトレーナーの一種です。

規模の大きいプロスポーツチームにはこのスポーツトレーナーが何人も在籍しており、それぞれ役割分担しながら選手をサポートしています。

そうした場合のスポーツトレーナーは役割ごとに名称が違ってきますが、複数の役割を兼務するケースも少なくない上に名称は必ずしも統一されていません。

どのチームにも選手が負傷した場合に応急措置を行ったり、怪我から復帰するためのリハビリを指導したりするトレーナーは欠かせないものです。

怪我の予防も含めて幅広い役割を担うトレーナーはアスレチックトレーナーとも呼ばれ、選手のコンディションを整える役目のコンディショニングトレーナーと区別されます。

このアスレチックトレーナーがメディカルトレーナーやリハビリトレーナーと呼ばれる例も少なくないのです。

具体的な仕事内容は、選手の健康管理や怪我の治療、アスレティックリハビリテーション、カルテ、報告書の作成、膨大な雑務、などです。

2.年収は200万円程度から1000万円まで大きな幅

このようなトレーナーはプロ野球やJリーグなどプロスポーツチームだけでなく、実業団や一流アスリートと専属契約を結んでいるケースも多く見られます。

とは言えそうした待遇を得ているトレーナーは全国でも一握りに過ぎず、大半のトレーナーは病院や整体院・フィットネスクラブ・スポーツジムなどに所属しながら企業チームや大学・高校などに派遣されているものです。

そうしたケースでは給料も勤務先から支給されることになるため、給与水準は必ずしも高くないと言われています。

スポーツトレーナー全体の年収にも下は200万円程度から上は1000万円まで幅が見られ、有名なプロチームやアスリートと専属契約を結んでいる人とそうでない人との収入格差が大きいのです。

特にプロ野球とJリーグのチームと契約しているトレーナーは平均年収が600万円から1000万円に達し、スポンサー契約の多いチームの専属トレーナーほど高収入を稼いでいます。

3.担当した選手の故障再発や成績不振に責任を感じることも

このように同じスポーツトレーナでも契約先や勤務先によって収入格差は見られますが、どのメディカルトレーナー・リハビリトレーナーにも共通しているのは選手が故障から復帰するまでに大きな責任を負うという点です。

明確に役割分担されている場合は選手が負傷した場合の応急措置や治療サポートなどをアスレティックトレーナーが担当し、メディカルトレーナーまたはリハビリトレーナーが復帰に向けたリハビリをサポートします。

1人または少人数のトレーナーでチームを支えている場合は1人で両方の役割を兼務する例も多く、負傷の応急措置からトレーニングの補助まで幅広く選手をサポートしていかなければなりません。

担当した選手に同じ個所の故障が再発したり、故障以前の状態になかなか戻らず思うような成績を上げられなかったりした場合は、トレーナーも大きな責任を感じるものです。

特にプロ選手を担当する場合は選手の人生を大きく左右する重大な役割を担うことから、成果が出せずに解雇されるトレーナーも少なくありません。

この仕事をしていると、自分の時間はほとんど無くなります。契約してるチームが年間を通じて活動はしない場合は、シーズンオフに仕事がないことにもなります。またチームに帯同していると、自分の治療院にはいられません。留守番の人を頼むにも費用がかかります。

スポンサードリンク

4.選手の再起や成長をサポートする仕事にやりがい

スポーツトレーナーの中でもメディカルトレーナー・リハビリトレーナーは、怪我をした選手が復帰を果たすまで長期間支え続ける存在です。

骨折や靭帯損傷・アキレス腱断裂など大きな故障を負ってしまった場合は、復帰するまで何ヶ月も費やすことことになります。

スポーツ医学の専門家として選手の健康管理を担当するだけでなく、故障による肉体的苦痛や戦列を離れることによる苦悩と闘う選手の精神面をサポートするのもトレーナーの大切な仕事です。

一番苦しいときに心身両面から支えてくれたトレーナーと選手の間には強い絆が生まれるだけに、怪我を乗り越えて選手が復帰を果たせばトレーナーも自分のことのように大きな喜びを味わうことができます。

選手を復帰させるという目標が明確なため、充実感や達成感を味わいやすいのが良い点ですね。その過程で、様々な人と出逢えるのも面白いです。

選手をサポートする仕事を通してスポーツに深く関わり、怪我からの再起を果たした選手と感動を分かち合える点でもトレーナーは魅力的な職業です。

5.スポーツトレーナー関連の資格

メディカルトレーナーやリハビリトレーナーとして活躍している人の多くは、体育系の大学やスポーツトレーナーを養成する専門学校でスポーツ医学からスポーツ心理学までの幅広い知識を学んできた人たちです。

スポーツトレーナーになるための国家資格はありませんが、民間資格の中では日本体育協会公認アスレティックトレーナーに最も権威があると言われています。

一方でメディカルトレーナー・リハビリトレーナーの仕事は柔道整復師やあん摩マッサージ指圧師・鍼灸師・理学療法士とも共通点が多いことから、そうした国家資格の取得もトレーナーを目指す方法の1つです。

このコースを選んだ場合はJATAC認定アスレチック・トレーナーの民間資格を取得することでスポーツトレーナーへの道が開けます。

日本よりもスポーツトレーナーの地位が高いアメリカに留学し、現地で認定資格を取得して実績を積む人も少なくありません。

スポンサーが多いチームなら高収入が得られるメディカルトレーナー・リハビリトレーナー

プロ野球やJリーグのトレーナーになるには、資格以上に実績が重要になってきます。

メディカルトレーナー・リハビリトレーナーの活躍の場は、そうしたプロチームだけではありません。

整体院やスポーツジムなどに勤務しながら学校の部活動をサポートしたり、高齢者への運動指導を行ったりするのもやりがいのある仕事です。

スポンサードリンク

メディカルトレーナー・リハビリトレーナーの収入・年収は200万円から1000万円。スポーツ選手のトレーニング指導や負傷時の対応とリハビリなどを行う人に関連する記事

人気記事ランキング