医療ソーシャルワーカーの年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>医療ソーシャルワーカーの年収・やりがい・本音

医療ソーシャルワーカーの年収・やりがい・本音

医療ソーシャルワーカー 仕事の年収・月収

医療ソーシャルワーカーの仕事の月収は、およそ18万円から25万円、年収はおよそ250万円から300万円となります。社会福祉関連事務所で正社員として働く場合は月収25万円ほどとなり、管理職になると月収30万円となります。
医療ソーシャルワーカーは正社員登用された場合に賞与がありますが、正社員以外の場合は収入が少なく年収も300万円以下になります。

スポンサードリンク

医療ソーシャルワーカーは、消える職業?消えない職業?

医療ソーシャルワーカーは今後も消えない職業ですが、現在は社会的な地位があまり高くなく年収も低い職業です。
医療ソーシャルワーカーとして働く場合は正社員での登用が少なく、月収も20万円以下のところがほとんどで、仕事内容に対する対価は低めです。
しかし、老人福祉施設では人材不足になっており、福祉分野での需要が高まってきています。

医療ソーシャルワーカー 仕事の将来性・安定性

医療ソーシャルワーカーの仕事の将来性は、これから日本は高齢化社会が進むため福祉施設も増加傾向にあります。それに伴い医療ソーシャルワーカーの需要も高まってきており将来性にも期待できます。
医療ソーシャルワーカーの仕事は増加傾向のため将来性がありますが、安定性のある収入を得るためには正社員登用される必要があります。
仕事内容に対して収入が少ない場合が多く、平均年収は低くなりやすいのが現状です。

医療ソーシャルワーカー 仕事のやりがい・本音

医療ソーシャルワーカーの仕事のやりがいは、自分が相談を受けて関わった人が社会復帰していくのを見た時にやりがいを感じます。
医療ソーシャルワーカーは病院や医療関係施設で働く場合が多く、精神上の障がいがある人やその家族とコミュニケーションをとり、社会復帰までの相談を行います。問題を解決してく過程を経てしっかりとしたサポートがやりがいに繋がります。
しかし、難しい課題や法律の問題など、自分の力では解決できない事もあるのが本音で、幅広い知識と経験が求められます。

スポンサードリンク

医療ソーシャルワーカー 仕事の良い点

医療ソーシャルワーカーの仕事の良い点は、国家資格を活かした仕事ができる点です。さらに地域の保健所と病院を繋ぐ専門職としても期待されており、求人は比較的多いのが現状です。
医療ソーシャルワーカーは企業のストレス対策やハローワーク、教育期間など働く場所が増えてきており、今後ますます需要が高まっていく仕事になります。資格と経験があればどんな場所でも活躍できるのが医療ソーシャルワーカーの良い点です。

医療ソーシャルワーカー 仕事の悪い点

医療ソーシャルワーカーの仕事の悪い点は、様々な人の悩みを聞く仕事のため自分のストレスが溜まってしまう点です。人によって問題点が異なるため、どうしても解決できないことで自分が悩んでしまうこともあります。
医療ソーシャルワーカーはコミュニケーション能力が養われますが、経験が重要となってくるため、常に高い向上心を持たなければならないのも悪い点です。

医療ソーシャルワーカー 仕事の内容

医療ソーシャルワーカーの仕事の内容は、病気や障害、高齢で困っている人に対してアドバイスを行う仕事で、医師とは異なり継続的に関わって社会復帰を促します。
医療ソーシャルワーカーは作業療法士や理学療法士などの専門家と連携して相談者に合ったサービスを提案していきます。また、地域の人々の相談に乗ったり援助していくことが仕事の内容となっています。

医療ソーシャルワーカー 仕事に必要な資格

医療ソーシャルワーカーの仕事に必須の資格はありませんが、就職する際に求められる資格として「社会福祉士」「精神保健福祉士」があります。未経験で仕事をする場合は医療機関や福祉施設で経験を積んでスキルアップをしていきます。
医療ソーシャルワーカーとして仕事をするためには資格を取得し、経験を積んで様々なケースに対処できるようにしておく必要があります。

医療ソーシャルワーカー 仕事に必要なスキル

医療ソーシャルワーカーの仕事に必要なスキルは、コミュニケーションスキルと、社会復帰までのプランを構築するためのプランニングスキルです。
医療ソーシャルワーカーは全ての病院に置かれているわけではありませんが、医療機関の他に、保健所や介護支援センターなどで働きます。
患者やその家族とコミュニケーションをとって社会復帰のプランを考える必要があるため、コミュニケーションスキルが必要となる場面が多くなります。

医療ソーシャルワーカー 仕事のまとめ

医療ソーシャルワーカーの仕事は、医療機関や保険機関で患者や家族の経済的、心理的な問題を聞いて解決案を提示します。
医療ソーシャルワーカーが置かれる場所は病院の他、介護老人福祉施設や介護支援センターなどです。正社員として働く人や、契約社員や派遣として仕事をする人もおり、医療と福祉を結びつける専門職として注目されています。

スポンサードリンク

医療ソーシャルワーカーの年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング